日本神話

1/6ページ

【日本神話】4.日向神話3/3 「ウガヤフキアエズの誕生」・「神武東征(東行)」

6.ウガヤフキアエズの誕生 地上の世界に帰ったヤマサチヒコは、海の神様に教えられた通りに、釣針を投げて返しました。お兄さんのウミサチヒコは怒って受け取らず、困ったヤマサチヒコは魔法の瓊(たま)を取りだしました。すると海の波がザブンザブンとやってきてウミサチヒコをおぼれさせました。海におぼれるウミサチヒコは「私が悪かった。これからは何でもいうことを聞くから、どうか助けてください。」とヤマサチヒコに頼 […]

【日本神話】 第3巻「出雲編」 第2章 因幡の白ウサギ

  • 2009.09.06

出雲大社 大国様と白うさぎ像 出雲の国にだいこくさま(大黒様)という神様がいらっしゃいました。その神様はおおぜいの兄弟があり、その中でもいちばん心のやさしい神様でした。 「因幡(いなば)の白ウサギ」で有名な大黒様は、このオオクニヌシ(大国主)ノカミ(大国主神)のことをいいます。 ヤマタノオロチを退治して一躍ヒーローになったスサノオの孫の孫の孫、つまりスサノオから数えて6代目にオオクニヌシ(大国主) […]

【日本神話】4.日向神話2/3 「海幸・山幸」・「海宮遊行」

4.海幸・山幸 火の中から産まれてきた三人の子供のうち、お兄さん(ホノスソリノミコト)は海で釣りをするのが上手だったのでウミサチヒコと呼ばれ、弟(ヒコホホデミノミコト)は山で狩りをするのが上手だったのでヤマサチヒコとよばれました。 ある日二人は「取りかえっこしてみよう。」と話して、ウミサチヒコは山に狩りに行き、ヤマサチヒコは海に釣りに行きました。しかし、二人とも何にも捕まえられませんでした。それに […]

【日本神話】4.日向神話1/3 天孫降臨(てんそんこうりん)

■日向神話の構成 日本神話の中心は古事記・日本書紀にみえる神話です。この2つの書の神話は必ずしも同じではないが、全体としては1つの筋をもっていて、日本国と皇室の創生の物語が中心となっています。その物語の舞台は3つあります。日向と大和、そして出雲です。 出雲の場合は大方が独立した物語で展開します。それに対して、日向と大和の場合は、天・地・海の神の世界から日向へ、日向から大和へと連続した物語として展開 […]

【日本神話】3.出雲神話5/5 オオクニヌシの国譲り -葦原中国平定-

前:「大国主の国づくり」 次:出雲大社 『古事記』オオクニヌシの国譲り アマテラスら高天原にいた神々(天津神)は、「葦原中国を統治するべきなのは、天津神、とりわけアマテラスの子孫だ」とした。そのため、何人かの神を出雲に使わした。大国主の子である事代主・タケミナカタが天津神に降ると、大国主も自身の宮殿建設と引き換えに国を譲る。 アメノオシホミミの派遣 アマテラスは、「葦原中国は私の子のアメノオシホミ […]

1 6