研究室

1/14ページ

小田井県神社と酒垂神社の関係

  • 2016.08.09

旧城崎きのさき郡は、現在の豊岡市が誕生する合併以前には、豊岡市と城崎町、竹野町、日高町にあたる。 慶応4年に久美浜代官所の管轄地域が久美浜県となる。明治4年、第1次府県統合により、但馬が豊岡県に分割され、明治9年(1876年)、兵庫県の管轄となる。明治29年(1896年)4月1日、郡制の施行のため、城崎郡・美含ミクミ郡・気多ケタ郡の区域を含め、改めて城崎郡が発足(美含郡・気多郡は消滅)する。以前の […]

旧日高町内に多い垣のつく区名

  • 2016.04.30

豊岡市日高町の旧日高町内には、頃垣、猪子垣、篠垣と◯◯垣という区名が多い。市内で区と呼んでいるのは、明治以前までの村名で、平安期に編纂された『但馬郷名記抄』によれば、他にも頃垣の近くには漆垣という村があった。また、芝も当時は柴垣、国府地区の西芝は、芝垣と書していた。同史で餘部等の部の付く村名はあるが、但馬の旧八郡でも垣の付く村名は、他では見られない気多郡(旧日高町)の特徴である。 垣は民部(カキベ […]

但州湯嶋道中独案内と筑紫紀行巻九(城崎道中記)

豊岡市立歴史博物館主催のとよおか市民学芸員養成講座応用編で、昨年から「候文に慣れる」「くずし字に慣れる」「古文書の整理方法」を学び、今月は同じシリーズで「古文書の解読」が2月27日から始まった。 「但州湯嶋道中独ひょう案内」は、江戸時代の城崎温泉ガイドブックのような携帯用に小さな冊子である。 温泉効能の概略、城崎温泉の行き方・温泉繁盛の由来・五つの湯の紹介・付近の観光地がまとめられている。江戸時代 […]

神功皇后と朝鮮半島

  • 2015.12.14

『但馬故事記』(第五巻・出石郡故事記)に、 第6代孝安天皇の御代、新羅の王子天日槍が但馬出石で帰化し、初代多遅麻国造となった。 突如、よそ者、しかも新羅の渡来人が大丹波では中心から離れた但馬に入っていて、但馬国を分立する。そのようなことが出来るのは、大和朝廷が関与しているからに他ならない。 第10代崇神天皇の御代に丹波青葉山の陸耳の御笠・多遅麻狂(来日)の土蜘蛛を退治した話が詳細にわたって記されて […]

1 14