大国主

【もう一つの日本】物部氏1/4 もう一つの天孫降臨

  • kojiyama 
饒速日命(ニギハヤヒノミコト) ニギハヤヒは、それぞれの駐留地点を中心に、水稲の栽培を始め、麦・黍・栗などの栽培を拡めたといいます。 とするとよく似た話が徐福伝説です。つまり秦の始皇帝の圧政に耐えかね、日本列島に活路を求… 続きを読む »【もう一つの日本】物部氏1/4 もう一つの天孫降臨

【出雲神政国家連合】 古代出雲3/4 出雲神話 「国引き神話」

  • kojiyama 
出雲の「国引き神話」 その昔スサノオノミコト(素戔鳴尊)は、出雲の国を経営なされ、子孫も次第に増え、その御一門は非常に盛んになりました。ここに素戔鳴尊の四代の孫で八束水臣津野命(やつかみづおみつぬのみこと)と呼ばれる神様… 続きを読む »【出雲神政国家連合】 古代出雲3/4 出雲神話 「国引き神話」

【出雲神政国家連合】 古代出雲1/4 プレ魏志倭人伝 スサノオ

  • kojiyama 
次:スサノオは「砂鉄」を採る男だった 放送大学客員教授・東京大学大学院教授 佐藤 信氏の『日本の古代』の冒頭を要約してみれば、 日本列島の古代史像は、近年大きな進展を見せている。その背景には、古代の遺跡についての考古学的… 続きを読む »【出雲神政国家連合】 古代出雲1/4 プレ魏志倭人伝 スサノオ

【日本神話】3.出雲神話5/5 オオクニヌシの国譲り -葦原中国平定-

  • kojiyama 
『古事記』オオクニヌシの国譲り アマテラスら高天原にいた神々(天津神)は、「葦原中国を統治するべきなのは、天津神、とりわけアマテラスの子孫だ」とした。そのため、何人かの神を出雲に使わした。大国主の子である事代主・タケミナ… 続きを読む »【日本神話】3.出雲神話5/5 オオクニヌシの国譲り -葦原中国平定-

出雲神話4/5 「オオクニヌシの国づくり」

  • kojiyama 
オオクニヌシの国づくり 大国主が出雲の美保岬にいたとき、海の彼方から天の羅摩船(あめのかがみのふね)に乗って、鵝(蛾の誤りとされる)の皮を丸剥ぎに剥いで衣服として、やって来る神がいた。大国主がその小さな神に名を尋ねたが答… 続きを読む »出雲神話4/5 「オオクニヌシの国づくり」