今を楽しむために歴史を知る

プロフィール

 
  2018/09/25

趣味のかたわら40代後半から放送大学(京都京都学習センター)に在籍していました。2018年8月やっと卒業できました。豊岡からは鳥取学習センターが最も近いのですが、学生時代を京都で過ごし、京都に愛着があるのと、京都や周辺の神社仏閣などをついでに調べのに適しているので京都学習センター所属にしました。

地域の成り立ちなどを研究するのが趣味です。

子供の頃から地理・歴史など社会科目は好きでしたが、中学や高校の日本史、まして世界史は暗記することで駆け足で終わり、一つも面白くないので嫌いでした。日本や日本人の歴史を長いスパンで考えたり、ストーリーが伝わらないからです。

長女の姉が絵やマンガが好きで手塚治虫の火の鳥を持っていたので、「黎明編」「ヤマト編」などでとても面白く影響を受けました。

日本のかつて権威ある考古学者、歴史学者が記してきた頭の固い説をそのまま暗記することが歴史ではなく、

このように学校で教科書で習ったことが違っていたり、新しい資料の発見や発掘調査などにより、説が覆っていることが多々あります。新しい事実が解明されて、歴史は過去を知るだけではなく、絶えず新しい発見によって生きているのです。だから歴史は今を生きる我々のルーツを知り今日に活かすことで、歴史は生きものであると思います。本当は面白いのです。