第2回 「新しい日高地区をつくろう会」

第2回 「新しい日高地区をつくろう会」~日高地区を一緒に盛りあげよう~

平成27年10月30日(水)19.30~

於:日高地区公民館多目的ホール

最近ではとくに肌寒い日となりましたが、みだしの会が豊岡市日高地区各区関係者が集まって行われました。当区(東構区)は区長・副区長・事務長(私)と前区長会長のN氏4名が出席しました。豊岡市日高地区は日高地区は、旧日高町のJRの江原駅、役場、病院、学校など公共施設が集まる中心部で、日高小学校区ともいえる18区で構成されています。合併後の豊岡市は広域であることから、円山川沿いその支流出石川沿いの地区とそれ以外の地区では人口、少子高齢化率に大きな格差が見られ、日高地区は人口減少傾向は数少ない地区ではあるものの減少傾向にあります。

5年毎に行われる国勢調査によると、日高地区内でも人口格差は起きており、国分寺、山本、東構3区は人口増であります。

  • 0~19歳人口推移は、H12年1,845人→H17年1,635人、H22年1,664人。
  • 65歳以上の世帯数でみると、江原区、日高区がとくに増加が激しく、他の区でも微増は同じです。

日高地区公民館の名称が日高地区コミュニティとなることで、基本変わりませんが、これからのコミュニティは、行政主体から住民主体の地域づくりであること、

放送大学でかつて「コミュニティ論」「人口減少社会の生活像」「人口減少社会のライフスタイル」を受講(といっても教本とテスト程度)しており、自分を含めてこれからのライフスタイルにとっても欠かせないテーマ。

なので、興味深く参加してきました。

偶然、10月25日は市立歴史博物館「とよおか市民学芸員応用講座 第3回「くずし字に慣れる③」

講師 近大姫路大 松下正和先生

豊岡市市立歴史博物館

第1回から気多郡知見村の古文書をもとにくずし字を読み解く講座を受講していましたが、精巧な住民、石高、山林田畑の記録が五人組といわれる村のまとめ役衆においておこなわれていたことに感心しました。その内容は今と変わらないばかりか、より詳しい記録です。

 

実は日本こそ、西洋に負けないすぐれた民主的コミュニティ運営が江戸時代でもおこなわれていたのであり、戦後あまりにも行政に頼りすぎてきたといえるかも知れません。戦前に回帰しようというのではなく、日本のコミュニティを知ることからはじめることも大切です。

 

「五人組合帳」

なんでもカタカナにすれば新しい素晴らしいことかのように思わせる風潮は、大学教授などがそれがアカデミックでありなんと勘違いしていると思えてなりません。明治に福沢諭吉が西洋政治・文化などを取り入れようと懸命に学び、外来語をそのまま使用せず、日本人に分かりやすいように経済、政治、社会など、新しい日本語を創生しました。分かりやすいようにする人こそ賢者であります。はるかに明治の先人は偉大だと思うのですが、戦後は外来語を翻訳しようともせずそのまま使うことはむしろ愚かな行為であり、戦後の学者はむずかしいことをカタカナで余計難しくしたり、美しい漢字や日本語を簡単にすることが進歩だと思っておられるのか、若いころアメリカ文化や洋楽に浸った私の世代ではあるけれど、50を過ぎてもっといろいろなことを知れば、薄っぺらく格好だけ真似たシロモノこそみっともないものはありません。

何でもカタカナにすれば新しいと考える薄っぺらな発想こそ、平成も27年経った今では最早古臭くさえ感じます。グローバルとはアメリカ中心の経済では都合は良いかもしれませんが、国ごとにその特性や歴史伝統文化のバックボーンがないだけではインターナショナルに通用しない日本に衰退するだけの気がします。それは凡人にしか過ぎないことを自ら知らしめている愚行としか思えませんが、あらゆる場面で行われてきたことでありますが、公民館なら3文字で済むのにコミュニティセンターは9文字で長くなるし、高齢化社会というのにコミュニティってなんだえ?と高齢者にわかりにくい名称に変更することが本当に高齢者を考えておられるのかどうか?そんなツッコミを入れたく気も随所にあるのですが(笑)。いま福沢諭吉が生きていたらコミュニュティセンターという言葉を公民館と名付けたかも知れません。その方が意味が伝わりますj。アルファベットより字で意味を表す感じこそ、世界的に優れた文字であります。基本ヨーロッパでは教会を中心に都市国家、集落が形成され、日本では神社を中心に農村が形成されており、GHQの町会、町内会、自治会の解体があって、戦後また復活し神社境内や隣接地に公民館が建てられ、コミュニティそのものは何も変わらないどころか、むしろ自治会活動は主体性が重要になってくるということですが、ところが少子高齢化と人口減少は全国的に進んでいくことは避けられず、自主的コミュニティ運営と地域リーダー不足という、この正反する2つの課題をどのように取り組むべきかが本質だと思います。

今回の自民党批判における既存メディアの報道

だれがどうみてもおかしいことがある。

それは、政治(国会のくだらなさ)と新聞、テレビなど既存マスメディアの時代錯誤だ。
私みたいな普通の民間人が偉そうにいうまでもなく、誰しも普通の国民ならとっくに気づいていたことだ。
それは、経済が順調に経緯していたまでのことだった。

思うに、朝日新聞はじめ、NHKや毎日、東京新聞、中日、その他地方紙などは、それは本来の果たすべく国や社会に対しての役割や使命という原点から外れてしまっているように思う。

報道とは何なのか。
今起きたことをできるだけ正確に伝えることだ。
誤報や詳細なミスはあるかもしれないが、スピーディーにまず早く伝えることが新聞でありテレビである。

それを忘れて、個人個人の主観を記事に記すなら、最低限の家族観、国家観がベースにないと頭でっかちで世間知らずの記者が取材して書いた記事が、とんでもないミスリードを招いたきた功罪は計り知れない。

それは朝日新聞やNHKが率先して大東亜戦争を煽り、日本を戦争に導いた戦犯であるにも関わらず、戦後は真逆にGHQによるものなのか、何年たってもそのGHQの洗脳から目が覚めないのか、報道という最先端の立場にいる人は学習もせず、そのまま垂れ流し続けてきたのが、もはや終焉期を迎えているのだ。

彼らの無知・不勉強が人々に偉そうに報道してるだけでは留まらず、一民間人の私でも知っている戦争の事実を彼らは知ろうともしないのである。
世の中は進歩しているのに、最も遅れているガラパゴスは新聞、テレビなど既存のマスコミであろう。

彼らは一流大学に合格し、官僚や一流会社に就職することがステイタスであった。
彼はそれを守ろうとしてる。ただそれでけで国が傾くようなことがあっていいのか?

平和ボケだった。

世界は日本ほど甘くないのである。
これまでの日本社会の化石であるとも言える。
中国や韓国、ギリシャや世界がアメリカの傘に良くも悪くとも守られてきた国際秩序が変化しているのに、ノー天気に伝えない既存メディアはもう終焉期にきたといえる。

われわれ日本国民は、家族の幸せを大切に、日本を愛している。
それを分からない報道などそもそも戦後の汚物だっただけであろうと、今も気がつかないメディアは淘汰される。
そんなことより、日本をなんとかしよう。

もう支那・朝鮮(韓国)と縁を切れ!というか日本を主体に考えること

もう支那・朝鮮(韓国)と縁を切れ!
日本は世界最古の優れた国であり、これから地球を担うべき存在です。

もう支那・朝鮮(韓国)構っていられませんし、日本から帰化しない在日韓国朝鮮人を問うべきです。構うから甘えさせ、日本を脅かし、地球最低の人類にしたのはへたれの日本の政治家共です。
それは当時はそうだったかもしれません。それだけ支那や朝鮮半島は遅れていました。

でも、アジア解放のために欧米列国に人種開放を訴えた日本。
もう日本という世界最古の天皇を仰ぎ真似のできない国家を守ることが第一であり、我々の暮らしが第一です。

我々も反対した消費税8%という財務省の愚策によってさらに楽ではありません。せっかく最後の安倍晋三さんなのにいったい何をしているのでしょうか?

戦争に負けたことは恥でもなんでもありません。欧米白人国家に世界の黄色人種として唯一戦ったことに誇りを子どもたちに教えるべきです。

日本を戦争に追い込ませたのは、アジア植民地政策における欧米です。日本はアメリカのような原爆という無差別な方法や東京大空襲おはじめ全国に行った空襲などで戦闘員以外も皆殺しにするような国際法上卑怯で許されないことはしていません。
戦争に正悪はありません。日本人は今さら言いません。

残るは自民党の自虐史観の残党や二階やアホども、国会議員もただの人でありますが、それを抗議しなかったのはわれわれ普通の日本人なのかもしれません。それは米軍によって守られていただけなのです。

とNHK、朝日新聞、東大憲法学者などのそれで飯食っている平和ボケどもを駆逐するべきです。彼らの憲法解釈ではなく、国のために憲法があるべきで、今の憲法が正しいのかそんな大事なことが分からないのが東大や大学の大半の憲法学者や法学部です。

そもそも、日本は世界に誇れる歴史文化を誇れる自主国家ではないでしょうか?
自主国家は国を守るために自主憲法を定めています。
それは国や家族を守る基本的なことではないでしょうか。

台湾やアジア諸国や世界は少なくとも評価すべきは感謝し、対等に付き合えますが、少なくとも支那朝鮮という日本のお陰で独立できたのに恩を仇で返す気違い国家が隣にいることは日本の不幸です。

アホの憲法学者によるGHQによる憲法に沿っているかどうかという、憲法解釈や9条を守ることが意味があるのでしょうか?
それで国が守れるでしょうか?平和になりますか?
火事が起きても消防署がなくてはどうするのですか?泥棒や危害を受けても警察はいらないのですか?
「武器は放棄する」。それで竹槍で国が守れますか?竹槍も武器ではないですか?
素手でどうやって平和になるのですか?
中国は200発の原爆を日本に射程しているのですが・・・。

あなたは、家族が死にそうなときに自分で治せますか?
もう70年も経って、いい加減に国家や国旗、国家を軽んじる左翼政党である共産党や社民党が日教組が存在することを許していいのですか?

少なくとも在日に侵されたテレビNHKや朝日新聞、東大など残る左翼既得権益など解体しましょう。
日本人もいろいろいます。でも差別ということはいいません。
どこの国でも国民であっても外国人であっても、認められ人は認められ、そうでない人もいます。

在日韓国朝鮮人は不法に強制連行されたのは嘘ですし、日本に忠誠しない、帰化しないなら祖国へお帰り下さい。
そういうことはおかしいのです。

日本会議但馬支部発起人会に参加しませんか?くわしくはお尋ねください。
国を愛し家族を愛し誇りに思うことは右翼ではありません。普通の日本に戻しませんか?(^^)

賢い大学の賢いはずの人達なのに 

消費税を5%から8%にすれば、消費は落ちて逆に税収は下がるだけと反対していて上げて、
景気が良くなれば税収は自然に増えて、子供でも分かる経済ですが、なぜ東大出の賢いはずの財務省官僚には、難しい経済用語や計算で、肝心のカンタンなことがわからないのでしょう・・・。

しかもプライマリーバランスは赤字で国の借金は膨大だと、一部の数値のみ都合よく並べて不安を煽れば、かえって消費が冷え込むことに拍車をかけているようなものです。
おまけに日本経済新聞という経済を引っ張っていくべき新聞が、財務省の天下り機関となって、経済音痴な嘘ばかりを書く朝日新聞より酷い記事だそうです。

アベノミクスの第一の矢は当たり、第二の矢は曲がり、第三の矢は消費税8%で自分たちに向かって矢を打ってしまったのですwww

消費税を5%に戻せないなら、その分を財政出動し消費税増税分を還元しなければ、来年はさらに景気後退との大方の予想です。それは、もとに戻すより大変な労力と税金がかかるという大失敗です。

もっとも信頼できるチャンネル桜の討論です。

1/3【経済討論】日本経済よ何処へ[桜H27/5/23]

2/3
https://www.youtube.com/watch?v=IsdqHgXBtdk

3/3
https://www.youtube.com/watch?v=Ry7xDDo6HNI

2015年 日本は世界のリーダーになれる可能性が最も高い国

昨年は、iPhone6発売を主に、iPhoneの一人勝ちであったように思います。私個人は、B型なので(血液型は性格に無関係だと思うし、でも当たっている気がする)、ひねくれているのかもしれないが、人が付和雷同のように同じブームの中に人と溶け込むのが嫌いなので、ずっとWindows、Androidです。楽天は買わずアマゾンです(笑)。

過疎化が進む地方ですが

過疎化が進む地方ですが、当区は旧日高町市街地で国道バイパスの中心部にあることから、人口流入が増加する恵まれた区です。人口減少の進む地方、その最先端?但馬でも少ないのではないでしょうか。
我が区も、大正時代にはわずか十数世帯分で新しい区にもかかわらず、200世帯数を越え、旧日高町で最大の区と誇れるまでになりました。当区の役員は、2年を一期としています。
合併前の旧町内の60余りある行政区のなかでは国道バイパスの中心部に位置しており、区民ではないアパート世帯も多く、合わせるとはっきりとは分かりませんが世帯数が旧町内で1、2番めで最大で増加している数少ない恵まれた区ですが、御多分にもれず近所付き合いが希薄になってきました。

日本は、遅れていたのでしょうか?欧米社会が優れているのでしょうか?
戦後、占領政策によって、日本の伝統文化をことごとく破壊され、経済復興のまま70年経ちました。
そうでしょうか?いま元気を取り戻す時です。日本は2600年という世界最古の天皇を君主にした民主国家だったのです。
日本の神社と村。稲作を共同で運営する合理的なシステムであるコミュニティを日本人は数千年営んできました。私は今こそ日本の原点である区(村・邑)こそ、未来のヒントがあると思います。
国会がすべてではないし、予算をなんとか引っ張ってこようということに尽きます。そうした西洋の政治システムというのはもう破綻しています。
一種の社会主義制度である律令制の方と今の政治と比較しても全く進歩しているといえるでしょうか?
できることは、コミュニティでやる。未来への日本人の明るい兆しのヒントはそこだと思います。

日本人は賢いはずです。世界で最も賢い民族です。
そうした律令制も破綻しました。稲作のなかで利権が発生し、領土の奪い合いが起きはじめました。中国から学んだ律令制が合わなかったのでしょう。やがて、土地の奪い合いに発展します。戦国時代から現在まで。

でも、バランスを考えましょう。自分が幸せにあるには、他人も幸せにならなくては成り立たないのです。誰かを蹴落としてお金儲けをしても、結局つけは巡り巡って跳ね返ってきます。
因果応報、人間にとって幸せとは何でしょうね?!

もう、気づいていませんか?国会、地方議員の選挙システムが破綻しているのです。それは戦後のGHQが進めた偽物の民主主義だからです。選挙で当選するのではなく、地域や国のことを考える人々は地方にいくらでいると思います。そうした人々が代表議員になればいいことですが、欧米のようには簡単ではありません。

20年前にグローバル化といって、小泉政権が規制緩和と大店法を改正し、大手資本のスーパーが進出するようになり、急変させてしまいました。
地域の商店は廃業し、買い物には数百メートルから何キロも自動車で行かないと買い物弱者が問題になっています。
ヨーロッパでは古い市街地の美観を守るために大型店の進出は規制し道路は自動車を規制しています。観光資源でもありますが、最寄りの商店や市場が健在です。また大型店に行きたいときは郊外に出店させています。

確かに小さな行政は国や都道府県から予算等において合理的ではないかも知れないということで、市町村合併を繰り返してきました。しかし、ヨーロッパのフランス、ドイツ、イタリアなどがどうかというと、100人程度の村がそのまま残っています。それは日本では一行政区の規模ですが、明治までは日本も村とはどう規模でした。そして村長、議員、郵便局などはボランテアです。どちらが合理的なのでしょうかねw

体育の日を10月10日に戻したい続編 11月11日はグリコ「ポッキー&プリッツの日」

元旦は1月1日、ひな祭りは、3月3日、5月5日はこどもの日、7月7日は七夕、そして10月10日体育の日は、東京オリンピックを開催する際に、10月10日が統計的に晴天日となる確率が高いことから東京オリンピック開催日に決まった。これ以降記念して体育の日と制定。現在は悪法の連休制により、毎年他の祝日にもいえることだが覚えられないし、今年は13日となった。ならば、11月11日はグリコ「ポッキー&プリッツの日」にエールを送りたい。両製品はいまや日本国内のみならず輸出されており、江崎グリコは、今年全世界で展開を企画をしているそうである。

体育の日を10月10日に戻したい

毎年、当区の神社もですが町内では10月10日が秋祭りだった。祭日の体育の日が10月10日だったので、9日夜は各区の神社からだんじんりが区内を練り歩いた。
古くからの区は神輿を持っていたが、当区などは消防団が中心となり毎年竹だんじりを制作していた。私はだんじりの太鼓を消防団を40歳で退団するまで十年ほどやっていた。みんなお神酒や回る中でお酒の量も増えて、だんじりごと田んぼに落とされたことも今では懐かしい思い出でである。

連続ドラマ「マッサン」に先駆けて

taketuru_rita1

秋から始まる連続小説「マッサン」に先駆けて、竹鶴リタ物語はいかがですか。大正時代に今話題のスコットランドにウイスキー造りを学び国際結婚し、国産ウイスキーを産んだ壮大なロマンに脱帽する日本人です。
実は以前に仕事のサイトに投稿した記事ですが、見当たらなくなっていたので、再度古いホームページのファイルから再登録しました。

竹鶴リタ物語
日本のウイスキーと結婚したスコット・レディ 竹鶴リタ物語

Scroll to top