記事が多岐にわたるとブログは分けた方が良いのかどうなのか

ワープロ(知らない人もいるかも)からPCへ、そしてインターネットやブログをはじめたのは思い出せませんが、一応その道では早いと思います。

暮らしの中で、その原点は人々との日々の出会いであり、商売でもなんでも、それは同じです。インターネットによるホームページやブログ、ツイッターやフェイスブックなどSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)もそのツール(手段)にすぎないと思います。

良酒市場さけぞう https://sakezo.jp

良酒市場さけぞうショッピング https://sakezo.com

個人ブログ http://kojiyama.net/

ねっと風土記 http://kojiyama.net/history/

神社拾遺 https://jinja.kojiyama.net/

Webオープナー https://web-opener.com

ところで、あまりにもWordPressが楽しすぎて、これだけを一つのサイトでやれば重たくなるのでその分野において分けたほうが良いと思うのが自然で、本業を含めて現在7つ以上に分けていました。複数サイトに余裕があり、速度でも定評のあるXサーバーX10ですが、しかしそれでも、当方のようにWordPressで8つ、9つ運営させていると、その都度WordPress本体のかなり多いファイルやプラグインを別々にインストールすることで、サーバーが重たくなったりしないか、無駄な気がするものです。
このサイトと歴史カテゴリー専門の「ねっと風土記」はマルチサイトにしています。
これも一つのWordPress本体を別ブログとして、例えばサブディレクトリに複数分けられるのですが、一部プラグインで不都合やネットワーク管理画面が出現し、別の意味で複雑になるというのが起きます。好みでしょうが、マルチサイトにどうしてもしなければならないのでなければ、別々にWordPressを起動させてもXサーバーなど高速サーバーであれば、表示速度にそんなに大きな違いはない気もします。

また、WordPress移行前の古いFC2やウェブリブログなどのサイトもまだ残っていますw

でも管理が難しくもなるし、カテゴリーによってどこに記事を投稿すべきかで悩むことにもなります。

で、個人用の旗艦である本ブログへ、(重たくなるかも)なるべく集約していこうと考えています。多岐にわたる場合は分けたほうが良いのかどうかも、見てもらえないと意味がないし、どうなんかなぁと正解はありませんが…

 

wordpressマルチサイト機能で、個々の同じドメインサイトを統合

wordpressによるブログの運営で以前からやりたかったことのひとつに“マルチサイト機能”が課題でした。
私の使用しているXサーバーでは、ひとつのサーバーに複数ドメインとサイトが可能なのだ。
それぞれ別々にwordpressをインストールすればいいのだが、全く異なるドメインだったり、内容が違うときは、その方が簡単だ。

しかし、同じドメインで、サブディレクトリやサブドメインの子サイトにして分岐しておくのもいざという時に安全ではあるが、
その都度、wordpressをインストールして、テーマやプラグインを追加したり、無駄にサーバーの容量が増える。

当方は仕事用(sakezo.jp)に4つwordpressを運用し、
個人でも(kojiyama.net)で5つwordpressがインストールされており、
他にも違うURLを使っている。
誰が考えても、同じwordpressが複数あり、できるだけ統合して機能させたくなる。

wordpressには以前からWordPress MUという複数のブログを制作・管理ができたが、いまいち使いやすいものではなかった。
wordpress2.7か2.8ぐらいからWordPressとWordPress MUが統一し、wordpressのバージョン4になり、すっきり分かりやすくなった。

wordpressの4.3では、要は「wp-config.php」と「.htaccess」ファイルである。
FTPでそれらをダウンロードし、テキストエディタで、「wp-config.php」の86行目の「/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */」よりも前に
define(‘WP_ALLOW_MULTISITE’, true);を追加すると自動的にマルチサイトが機能するようになっている。

といってもマルチサイトは初めてなので、細かい点は苦労したw
メリットの影にはデメリットもある。

マルチサイトや方法は、こちらのサイトが分かりやすく説明されているのでとても参考になった。
http://webdesignerwork.jp/wordpress/multisite_blog/

異なる目的のブログやサイトなら、マルチサイトにて統合しない方がいざという際には安全です。

初心者のためのWordPressを設置するレンタルサーバー

世界で最も利用されているオープンソースWordPressでブログやホームページを行うには、WordPressをインストールするサーバーが必要です。はじめての方は、これだけで面食らってしまうかも知れません。^^;

 

難しい専門用語はなるべく使わないように説明させていただきますが、一応、簡単にざっくりというと、WordPressはホームページによく使用される静的な“HTML“文書ではなく、動的な“PHP“形式で構成されています。投稿ファイル等はレンタルサーバー内のデータベース“MySQL”を使用しています。

でも、あなたが何気なく使っている有名サービスプロバイダのブログも、その会社の専用サーバーにデータベースがあるものを無料もしくは有料で間借りしているのです。そのメリットとデメリットは別項に書いているので、さっそくレンタルサーバーのお話に入ります。

WordPressにも、WordPressの開発元であるAutomattic社が運営しているWordPress.comなどの無料サービスでも試してみることはできます。レンタルサーバーを借りる前に私も使っていました。WordPressを実感してみるには無料ですのでWordPress入門としておすすめです。

しかし、このサービスは独自ドメインは有料となり、WordPressの機能をフルに使って、自由にサイトを作成・運営するには、独自ドメインを取得し、レンタルサーバーを借りて、自分でWordPressをインストールし、サイトを作成する必要があります。

1.初めてのレンタルサーバー

レンタルサーバーは、自社施設に設置しインターネットに接続された情報発信用のコンピュータ(サーバ)の機能を、インターネット上で遠隔から顧客に利用させ、情報やサービスを配信するのをサポートするサービスのことです。ユーザーがサービスプロバイダのサーバを間借りするので、レンタルサーバーといいます。大きなとくにIT関連企業などでは自前でサーバーを所有していたりしますが、しかし多くはレンタルサーバーです。したがって、他のユーザーとサーバーを共有します。基本的に料金が高いプランの方がサーバーの性能が良かったり、共有分が広くなるので、安定した速度で運用できます。しかし、共有しているユーザーの負荷によっては高いサーバーでも落ちることはありますし、安いサーバーでも安定して運用できることもあります。

2.WordPressを設置するレンタルサーバーの選び方

WordPress初心者が、まずどのレンタルサーバー業者を選んだらいいのか悩みます。

まず前提として、WordPressが設置できるレンタルサーバーを選ぶことです。設置できるレンタルサーバーはほとんど「ワードプレス簡単インストール機能」がついていたり、すでにWordPressが入ってたりするのもあるので先にそれを調べてください。

当方はショピングカートASPのカラーミーショップを利用していた経験から、同じ会社のpaper&boy 『ロリポップ!レンタルサーバー』のロリポプラン263円/50GBまでを利用していましたが、カラーミーショップをやめてWordPressの無料プラグインWelcartを利用し、自社ショピングカートに移行しましたので、容量からチカッパプラン(525円/120GBまで)を利用しています。
ドメイン管理も同社の『ムームードメイン』でできるので便利なことも利点です。

当方はロリポップのみの使用経験しかありませんが、たくさんの国内サーバが挙げられていますが、知名度・実績のあるレンタルサーバでWordPressインストールが用意されたサーバを挙げていきます。
他にも調べれば低価格で優れたレンタルサーバーがどんどんできており、評判を知らべると、ロリポップ ロリポプラン 263円/50GBまで、さくらインターネット スタンダード 500円/100GBまで、XSERVERのWordPress専用wpXレンタルサーバー1050円/100GBまで、(10GB以内ならwpXクラウドが525円でお得)
ロリポップ以外は試したことがないので個人個人でお好みのものを見つけてください。

レンタルサーバーサービスもあれこれ迷うほどずいぶん増えました。個人向けや法人向けのいろいろなサービスやプランがあります。価格の安いサーバー、満足度の高いサーバーなどどれがいいのかあれこれ迷ってしまいます。必ずしも価格が上だから良いというものではなく、安価でも信頼出来るものもありますし、用途、容量、速度などによって、ニーズが高まればより性能の高いレンタルサーバーに発展させていけばいいので、最初から高機能、高価格のサーバーにするのは宝の持ち腐れといえます。公式サイトの確認や、実際の利用者が発信している情報などを参考にしたり、試用期間を活用するのもよいでしょう。ご自身の判断でお決めください。

3.初めてのワードプレスなら

しかし、ご自分や会社のやりたいことがはっきりしているなら、サーバー選びは実は単純です。

「ワードプレス簡単インストール機能」がついているレンタルサーバーを選ぶこと
ロリポップは、WordPress以外にも、Movable Type、Sweetcron、PukiWiki、baserCMS、EC-CUBEの簡単インストール機能がありあす。

独自ドメインが簡単に設定できる、
慣れてしまえばなんでもないことなのですが、取得した独自ドメインの設定も、初心者にとってはつまづきやすい作業の1つです。
ミニバードとスタードメイン、ロリポップ!とムームードメインのように、同じ会社がレンタルサーバーと独自ドメインサービスの両方を運営している場合、レンタルサーバーと独自ドメイン取得を同じ会社のサービスにすれば、独自ドメインの設定が簡単になるのでおすすめです。
クリック操作だけで、独自ドメインやサブドメインの設定ができてしまいます。

ロリポップ!レンタルサーバ paperboy&co.

初めてのレンタルサーバーならロリポップ!ご利用実績123万人の老舗サーバー。低価格で豊富な機能と充実のサポート。WordPress簡単インストール。

ロリポプラン  最大50GB 初期費用1,575円 月額315円(3ヶ月以内)

/263円(6ヶ月以上)
低価格で豊富な機能と充実のサポート。人気のWordPressも簡単インストール!CGIやPHPの他、MySQL5、cron、SSH、共有/独自SSLなど多彩に対応。独自ドメイン取得サービスも有り。
『価格.com』注目ランキング2位 満足度ランキング1位

チカッパプラン
最大120GB 初期費用1,575円 月額630円(3ヶ月以内)/525円(6ヶ月以上)
☆ 当社が利用しているプラン

さくらインターネット 

スタンダードプラン 最大10G 初期費用1,000円 月額 500円

『価格.com』注目ランキング4位 525円/100GB

ファイアバード 525円/100GB

3社はほんの一例です。
『価格.com』レンタルサーバー プラン情報 価格比較

京都の「ネットオウル」という会社が運営している、「ミニバード(minibird)」

自店ホームページにショピングカート導入

ブログは、FC2、楽天ブログ、ウェブいブログ、bloggerなどを利用してきて、Wordpressに出会い、ブログから店のサイトもWordpressに統一している。それぞれのブログの特徴や感想は省くが、Wordpressは、既成のブログサービスと違い、無料テーマがたくさん開発されたり、プラグインが豊富で、自分でカスタマイズできるのが楽しい。

自社ショッピングサイトは、汎用shopping cartを利用していたが、どうやらWordpressの無料プラグインWelcartを導入中。これはいろいろ探してきた中で、Wordpressのショッピングプラグインで、唯一国産カートであり、

さて、昨日は何年ぶりかで長年お世話になっているワイン輸入元で名古屋の(株)稲葉のN氏が、移動のあいさつで新任の方と共に来店された。N氏とは旧店舗から数十年間の付き合い。地方でワイン輸入元との直取引が難しい中、最初の頃から(株)稲葉さんとはお世話になってきた。2000年には、社長と全国の同業者でドイツワイン研修に行ったのは、とてもいい体験になった。

とりあえずwordpress.comのサーバでスタートしてみる

次の記事は、FC2の投稿を転記したものです。

とりあえずwordpress.comのサーバでスタートしてみる
2011/04/03 Sun. 08:52:09 edit
ブログが現れ始めてから、著名なブログを渡り歩きました。それぞれ長所短所があるので、過去のブログも削除しがたく、現在もFC2、Blogger、ウェブリブログが共存している。ブログとして趣味でやるならどれをみても問題ないのでしょうが、仕事と趣味とが混在する環境では、複雑かつ煩雑になるし、いつまでもハンドルネームではないだろうと思っていたのですが、Twitter、そこへ実名でのみ運用できるFaceBookが脚光を浴びてきた。

昨年12月16日に発売されたスマートフォンT-01C購入がきっかけとなったことが大きい。入荷は20日待った1月20日だった。それまで長年携帯電話を持たなかった私ですらスマートフォンが欲しくなった理由は、電話機能よりもWebや仕事のショッピングサイトとの共有化が実現可能だったことにある。

それまでPCは仕事場しかないので、デスクワーク中心の発想から脱しきれなかった。自宅ではノートPCを置き、仕事場とのPCと接続しホストコンピュータとしてするという共有化が理想だった。

もちろん、スマートフォン(以下S.P)は、PCのキーボードほどの能力には限界があるが、なによりA-tokが使えて重たいノートPCを接続したりしなくてもポケットに収まり移動がカンタン便利だ。取りあえずブログを他のショッピングサイト、FaceBook、Twitter、Google系、Androidとできるだけシンプルに共有化させたいという長年の願いが叶う可能性がうれしい。

WEB、ショッピングサイトとモバイルを一元化し共有化したい。

そこで現れたのがブログとHPを一元化したいという願いを叶えるツール。WordPressに行き当たったのだ。レンタルサーバが必要だと書いてある。捜していると、

http://wordpress.siyouyo.com/teku/technique/1759/で、WordPressにもサーバ機能があるではないか。

WordPressが運営する無料サービス
手軽にWordPressを始める事ができます。
容量は3GBまで
無料なので年に数回ほど広告が表示されるようです。

まず始めよう。慣れてからレンタルサーバを利用すればいいじゃないかという発想。

Scroll to top