第73回 WordBench神戸と残る神戸市内の神社巡り

毎月開催されるWordPressの兵庫県のグループである WordBench神戸

[兵庫] 第73回 WordBench神戸 〜Gutenberg & Git に触れてみるデー〜

に久しぶりに参加するため神戸へ行ってきました。阪神地区から28名の参加です。

2時からのミーティングまで、もうひとつやりたかったことがありました。

神戸市内で残っていた式内社保久良神社 兵庫県神戸市東灘区本山町北畑ザクガ原680 と
敏馬神社、その他に弓弦羽神社(ゆづるはじんじゃ)、湊川神社と生田裔神八社(六宮は明治初期に道路拡張のため八宮神社に合祀)をまわること。
予めGoogleマップに巡路を入れておき、効率よく廻るようにしたが、それでも4時間かかりました。

保久良神社は本山の狭い生活道路を登ると、途中から車両進入禁止になって整備されたハイキングコースになっているようで、日曜日ということもあり結構登山者が後を絶たない。須佐之男命・大国主命・大歳御祖命・椎根津彦命が祀られている。
社頭の灯明台の神火は「灘の一つ火」と呼ばれる常夜灯である。その言われは、日本武命が熊襲遠征の帰途、夜に航路がわからなくなった時、保久良神社の灯火が見え無事に難波へ帰りつけた事にあり、以来「沖の舟人 たよりに思う 灘の一つ火 ありがたや」の古謡通り、広く崇敬され、航海者の一針路となっていたそうだ。

弓弦羽神社 兵庫県神戸市東灘区御影郡家2-9-27

 

熊野三山である伊弉册尊・事解之男命・速玉之男命を祀っれいます。

羽生結弦選手と名前が似ていることでも有名になりました。日本酒の名産地である灘五郷にあり、氏子には造酒メーカーも多い。新年に菊正宗、白鶴、剣菱の奉納した樽酒がふるまわれるほか、メーカーの醸造祈願祭も行われる。

敏馬(みぬめ)神社 兵庫県神戸市灘区岩屋中町4丁目1−8

海側にある敏馬神社は、現在は素盞嗚尊を主祭神とし、天照皇大神・熊野坐神を配祀しており、江戸時代までは「牛頭天皇」と称していた。
本来の祭神はミヌメ神(美奴売神・敏馬神)であった。ミヌメ神はその神名から水神の弥都波能売神と同神とみられ、現在では境内社の水神社に弥都波能売神が祀られている。閼伽井あるいは三犬女清水と呼ばれる井戸がある。この女神の名を、敏馬とする説が有力。他に、柿本人麻呂の歌「玉藻刈る 敏馬を過ぎて 夏草の 野島の崎へ 舟近づきぬ」からの発想であろうか、藻塩を製造する時に使用する海松(ミル)からとする説もある。(ウィキペディア)
岩屋は都から現在の大阪を経て、西国に船で向かうときの最初の宿泊港

湊川神社 兵庫県神戸市中央区多聞通三丁目1番1号

楠木正成を祭る神社。地元では親しみを込めて「楠公(なんこう)さん」と呼ばれている。建武中興十五社の一社で、旧社格は別格官幣社である。
楠木正成は、延元元年(1336年)5月25日、湊川の地で足利尊氏と戦い殉節した(湊川の戦い)。境内に楠公墓所があります。

生田裔神八社(いくたえいしんはちしゃ)とは、兵庫県神戸市の生田神社を囲むように点在している裔神八社のこと。

一宮神社 兵庫県神戸市中央区山本通1丁目
祭神 : 田心姫命

二宮神社
神戸市中央区二宮町3丁目
祭神 : 天忍穂耳尊 ・応神天皇

三宮神社
幕末に、この神社の前で神戸事件が起こった。境内に「神戸事件発生地の碑」が建てられている。3年前に訪ねたときは、参拝時間を過ぎていた。
神戸市中央区三宮町2丁目
祭神 : 湍津姫命

四宮神社(よのみやじんじゃ)
神戸市中央区中山手通5丁目
祭神 : 市杵島姫命

五宮神社(ごのみやじんじゃ)
明治時代、湊川神社の氏子社になりかけたが、生田神社社家先祖である海上五十狭茅の子孫の家が近隣にあったため、住民の申し出により、取り止めとなった。現在は、8社中一番標高の高い場所に鎮座しており、元は宇治川の氾濫原にあったため、現在地に移ったのではとの説がある。
神戸市兵庫区五宮町
祭神 : 天穂日命
道幅は大変狭く駐車場なし

六宮神社(ろくのみやじんじゃ)
神戸市中央区楠町3丁目 八宮神社の境内(明治初期に道路拡張のため八宮神社に合祀)
祭神 : 天津彦根命・応神天皇

七宮神社(しちのみやじんじゃ)
生田神社とは関係が無い長田神社の末社ともされ、前身はみぬ売神社とされている。元々は会下山南麓で、北風家が祀っていたといわれている。
神戸市兵庫区七宮町2丁目
祭神 : 大己貴尊・天児屋根命

八宮神社(はちのみやじんじゃ)
所在地 : 神戸市中央区楠町3丁目
祭神 : 熊野杼樟日命・素盞嗚尊

詳しくは「神社拾遺」に書く予定です。

第50回 文教府夏期大学

8月19日は、2年ぶりに但馬文教府夏期大学で豊岡市民会館大ホールへ。

第50回という節目に当たる記念演奏があり、マリンバ奏者 卯野敦子さんとピアノ伴奏は中嶋由紀さん。

講演

(株)ジャパネットたかた創業者

高田 明氏

「今を生きる~人生は決断と実行の繰り返し」

評論家 金 美齢氏

「高齢をいかに生きる~世界一の長寿国家、日本~」

長崎県佐世保に本社を構え、テレビをはじめ、ラジオ、新聞折込チラシなど多数のメディアを駆使し、大手通信販売会社を創り上げた(株)ジャパネットたかた創業者の高田明氏と、テレビ「そこまで言って委員会」などでおなじみの評論家金美齢氏の2名の講師。

高田さんは、通販番組の時は甲高い声が話されるときは普通であるが、英語の歌を歌われたがよく通る声で歌も上手であった。「伝えることから始めよう」という著書を出版され、入口で販売されていた文森堂の森田さんに聞くと完売だった。公演中も何度も嫌味にならないように本の宣伝をされていたのだが、もっと置いていればもっと売れていたに違いない。

金 美齢さんはテレビで拝見するよりずっと小柄な方だった。講演会場には前日に入られることにしているのだそうで、18日に大阪空港から但馬空港へ乗る予定で大阪空港に到着された。ところが伊丹は晴れているのに、但馬空港は天候不良で欠航。ここで野宿するわけにもいかず、急遽、定宿の大阪のリッツカールトンホテルに泊まり当日、伊丹から但馬空港へ着かれたので、城崎温泉に泊まり美味しい但馬牛を食べられることを楽しみにおられたので残念がられていた。

改めてかつて但馬空港活性化にわずかながらも携わったこともあり、但馬空港って何なん?やるならやる1往復程度なら廃止するか、中途半端は変わらないし、チベットやヒマラヤみたいな秘境地を宣伝しているようなデメリット。

それはそれとして、こんな苦労をさせて気の毒に想う。83歳となられたが、台湾生まれの台湾人(今は日本に帰化されている)であり、台湾と日本をこよなく愛されている方である。むしろ今の日本の同世代の方より、古き良き日本の凛とした国を愛する女性を見るようである。

 

 

 

但州湯嶋道中独案内と筑紫紀行巻九(城崎道中記)

豊岡市立歴史博物館主催のとよおか市民学芸員養成講座応用編で、昨年から「候文に慣れる」「くずし字に慣れる」「古文書の整理方法」を学び、今月は同じシリーズで「古文書の解読」が2月27日から始まった。

「但州湯嶋道中ひょう案内」は、江戸時代の城崎温泉ガイドブックのような携帯用に小さな冊子である。

温泉効能の概略、城崎温泉の行き方・温泉繁盛の由来・五つの湯の紹介・付近の観光地がまとめられている。江戸時代後期、お伊勢参りをはじめ庶民はまだ御講での旅が広まったのであるが、これは観光ガイドブックのはしりとして面白い。今も昔も大して人々の文化度は変わりないばかりか、江戸期の文化度の高さは、同じ発音でも微妙に字を使い分ける仮名遣いが、現代のひらがなより豊かであったし、心や想像は豊かであったと思うのだ。

ちょうど数年前にネット検索で出会った「筑紫紀行」を再度養父神社や気多郡以外すべてを解読していた。同じ早稲田大学図書館蔵である。
難解なくずし字は解釈が間違っているかもしれないが、大きくは違ってはいないと思う。

それをさらに村々の当時の様子を克明に記したのが、以下の紀行文である。

筑紫紀行巻九より

放送大学卒業まで いよいよ最後の試験

合間に山城国式内社めぐりのタイムスケジュールが完成した。愛宕神社は往復3時間かかり、式内社ではないが、はずせない神社だ。

雪が降って心配したが、明日は晴れのようで安心。

Googemapに登録して、分刻みに回れるか?!

https://www.google.co.jp/maps/@34.7809887,135.6920301,10z/data=!3m1!4b1!4m2!6m1!1szNf9IRqUSmJA.kHdbF94ur2Ag

テストや講義に行く合間のこの作業が楽しい。

日程表1

『下町ロケット』最終回前日に

BBnIMeK
(C)ORICON NewS inc.

最近ドラマを含めて地上波を見なくなり、あの相棒にしても脚本や作りの粗さが目立つし、仕方なく観ているのだが、中でもどうしても目障りなのが特命係の部屋で話すシーンで窓から覗き込む刑事が毎回登場することだ。特命係の動きを上司の命令で注意して監視しているつもりの演技だろうが、何かそれに需要な意味があるのか気が散って目障りである。

一年で1、2作は毎週楽しみにできるのがTBS日曜劇場『下町ロケット』。いよいよ明日が最終回で25分延長

 

何気なく観たNHKドラマ10「わたしをみつけて」(連続4回)も、少ない良いドラマだった。

主演の准看護師役の瀧本美織や脇の鈴木保奈美 溝端淳平 本田博太郎 古谷一行がうまくとけ混んで、ドラマの中に入り込めた。

挿入歌ではこれが秀逸なきがする。

テレビ朝日系木曜ドラマ「遺産争族」主題歌としてお馴染みの「ラブとピース!」

市民学芸員講座 第6回 古文書の整理方法①

一年間、講座を聴いたり、宵田城山縄張り作図、豊岡近代化遺産見学等を体験してきたが、今回からは実際に古文書の整理を手伝う作業に。

この講座では、気多郡知見村(いまの豊岡市日高町知見)の谷垣家に残る村の古文書を主に活用しながら、くずし文字の読み方を学んできた。今回からは、実際に史料の整理を手伝う作業。

江戸時代の検地で田畑の所有者、面積などを克明に記録された古文書や銀の借用書等、筆でしかもくずし文字や右衛門などはつながって一文字のように書かれているので、なかなか苦労する。数を経験して慣れるしかないようだ。

水生山・長楽寺展

今月12日から平成28年3月15日まで開催される 但馬の古刹「水生山みずのうさん・長楽寺」展に行ってきた。

水生山・長楽寺は、豊岡市日高町上石にある高野山真言宗の古刹。和銅6年(713)に行基菩薩が開いたと伝えられ、1300年の歴史を有している。高野山開創1200年にあたる今年、長楽寺の全面協力のもと長楽寺に伝わる様々な文化財や美術品などから、会期を2回に分け、豊岡市立歴史博物館・但馬国府国分寺館にて展示されるもの。

 

展示物の写真撮影は禁止なので、配布の豊岡市立歴史博物館ニュースから

  

さて、先週当区の最高齢100歳の方が永眠され、久しぶりに御詠歌を詠わせていただいた。 御詠歌西国三十三箇所では、第一番那智山那智山寺(青岸渡寺)にはじまり、和歌山から奈良、宇治・滋賀・京都・兵庫南部・丹後を経て滋賀から岐阜で終わる。不思議に思っていたことがある。丹後が2寺載っているのに但馬が1寺も記載がないことだ。三十三所巡礼の起源については、中山寺(兵庫県宝塚市)の縁起である『中山寺来由記』、華厳寺(三十三番札所)の縁起である『谷汲山根元由来記』などに大略次に、

養老2年(718年)、大和国の長谷寺の開基である徳道上人が62歳のとき、病のために亡くなるが冥土の入口で閻魔大王に会い、生前の罪業によって地獄へ送られる者があまりにも多いことから、日本にある三十三箇所の観音霊場を巡れば滅罪の功徳があるので、巡礼によって人々を救うように託宣を受けるとともに起請文と三十三の宝印を授かり現世に戻された。そしてこの宝印に従って霊場を定めたとされる。上人と弟子たちはこの三十三所巡礼を人々に説くが世間の信用が得られずあまり普及しなかったという。

番外三か寺を加えて36の寺院は、多数の子院を従えた一山寺院であり、数百人、時には千人を越える僧を擁する地方の有力寺院地方や、京都市中の観音信仰寺だということだ。観音巡礼が広まったのは江戸時代からのようだ。わが日高町には他にも進美山に南北朝の騒乱の舞台となった天台宗進美寺、高野山真言宗の大岡寺など古刹が多い。

Scroll to top