斎藤隆夫先生!日本が危ない!大政翼賛会以上の民主党解体!

/ 1月 14, 2010/ オピニオン/ 0 comments

強制捜査予想的中!

せと弘幸が小沢問題に大胆に斬り込む! 2010年1月11日

「TVタックル」年明けても「財源がある」とのたまう民主党議員 ○ウムか? 2010年01月12日 19:39

【草莽崛起】1.11 売国議員を落選させよう![桜H22/1/12]
次の参議員選挙で売国議員を落選させる。

神奈川 千葉景子 外国人地方参政権推進リーダー、元社会党売国奴
山梨の輿石東 日教組の教育解体の先鋒
赤池誠章氏応援

新年に小沢一郎宅を訪れた議員は落選させよう!

「大政翼賛会」は続かない
 =民主・渡部元衆院副議長インタビュー=(抜粋)
2009年12月22日【時事通信社】
 民主党の渡部恒三元衆院副議長は2009年12月22日、時事通信のインタビューに応じた。近年は小沢一郎幹事長と距離を置く渡部氏だが、かつては自民党旧田中派で同じ釜の飯を食い、1993年にともに自民党を割って出た間柄。これまでの経験も踏まえ、最近の小沢氏の党運営などについて聞いた。主なやりとりは次の通り。
-小沢一郎幹事長の党運営をどう見るか。
 とにかく圧倒的な力があることだけは間違いないねえ。小沢君が右と言えば右、左と言えば左というのが今の民主党の状態じゃないか。(首相より)圧倒的に小沢君の方が力があるよ。(民主党議員のうち)130人は兵隊みたいに何でもついていく。もう大政翼賛会だ。やっぱり政治家というのは直言してくれる者がいないと間違ってしまう。その点は小沢君はかわいそうだと思っている。
 -小沢氏は予算編成で重点要望を提出した。
 政党政治だから(政府との)連絡はあっていいけれども、あれほど物々しく(副幹事長らを)子分みたいに連れて行って、大げさなことをやる必要はなかった。国会議員はみんな平等なんだ。ついていく国会議員もどうかしている。
 -小沢氏は陳情改革に取り組んでいるが。
 陳情(窓口を幹事長室に)を統一するのは、それこそ大政翼賛会。もっとひどい話だよ。
-民主党の現状を「大政翼賛会」と指摘したが、この状態は続くか。
 続かないね。国民は賢いから、ちゃんと見ているから。国会議員も今はじっとしているけど、いずれ「おれは国民の代表だ」という責任を感じて行動する時がくるよ。だからそんなに悲観していません。国会議員というのは侍なんだから。兵隊じゃないんだから。10万人の有権者の投票で(国会に)出てきているんだもん。わたしは民主党の若い議員に期待しています。そんなに時間がかからないうちに、必ず良識を取り戻す。
 -自民党は復活するか。
 もう自民党はなくなってしまうんじゃないの。見ていると、あまりにも情けない。(細川政権が発足したときも自民党からの離党者が)いっぱいいた。しかし、政権を失ったらバーッと戻ったな。要するに自民党議員のほとんどは自民党も民主党もないんだ。政権党でなければ生きていけないんだ。また、ぞろぞろ、ぞろぞろ(離党して)来るんだろ。
 -受け入れるのか。
衆院はもういらないけど、参院は受け入れていい。ちょっと足りないんだから、2、30人は受け入れていいんじゃないか。
 -自民党の消滅は目指していた姿と違うのでは。
自民党がなくなってしまったときは、民主党を二つに割って二大政党をつくるしかないわ。一党独裁では絶対駄目だもん。大政翼賛会になっちゃ、国民の皆さんに申し訳ない。
 -そのときは政界再編の旗印になるのか。
場合によってはね。

57年前、米30キロ担ぎ早大に入り政治家になろう…渡部恒三衆院議員[私の上京物語]
http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/topics/20070615-345185/news/20080312-OHT1T00111.htm
「東京に来たぁという感じではなく、早稲田大学に入るためという感じだった」
 県会議員や町長を務めた父・又左衛門さんの影響で、幼いころから斎藤隆夫ら政治家の演説を蓄音機で聞かされて育った。高校時代から政治家志望。まず斎藤や中野正剛ら多くの政治家を輩出した早大を目指した。「『早稲田に入って政治家になる』それしかなかった。東大なんて下だと思ってたよ」。早大3学部だけ受験。第一文学部に合格し、入学した。
 自らは「早稲田に入らなくても、雄弁会にだけは入らなくちゃいけないと思った」というように雄弁会に所属。幹事長を務めた。副幹事長には藤波孝生元官房長官と海部俊樹元首相。後輩には小渕恵三元首相や森喜朗元首相らそうそうたる顔ぶれがそろっていた。
 早稲田での最大の思い出は大学院時代、衆院議員に初当選した竹下登元首相を大隈講堂に招いて講演をしてもらったこと。「その日の晩さん会で、竹下さんを囲んで海部や藤波らと天ぷらそばを食った。最高のぜいたく。焼酎の水割りを飲んで語り合ったんだ」
 その時、渡部氏の顔をじっと見つめた竹下氏は「渡部は親父が代議士じゃないから(国会議員に)なれない」と断言したという。「じゃあ、どうすればいいのか」と食い下がると、竹下氏は「俺と同じ道を歩め。県会議員ならなれる。その後に衆議院に出てこい」とアドバイスしたという。
 翌年、26歳の渡部氏は福島県議選に出馬し、当選。37歳で衆院議員になる。

斎藤隆夫
現在の兵庫県豊岡市出石町出身。
http://www.shinkin.co.jp/tanshin/zaidan/1hito/17saitou/index1.html
http://www.nhk.or.jp/sonotoki/2003_05.html#03
渡部氏が「国会議員というのは侍なんだから。」というなら、少なくとも社会党・共産党に政権を取らせることに抵抗する保守政党として大同団結し、寄らば大樹の政権党だった自民党と比べて、左翼からなんでもありの無思想政党は国を思う志しがなく議員がより小粒になったことだ。保身のために強い者に媚びて小賢く要領のいい連中が増えているのではないか。恥も外聞もなく年始に小沢詣でに行った民主党議員は国の今の混迷よりも次の選挙のことしか考えていない視野の狭い連中だ。参加者を調べて、あなたの選挙区なら次回は落選させることだ。彼らは金ツルの小沢幹事長に付き、疑惑で不利になると平気で裏切るであろう。
プロスポーツは実力主義である。秀でた能力でありながら、その中でたゆまぬ努力によって激しい競争社会を乗り越えた一部の選手が現役でいられるのだ。主義主張のない小沢ファンクラブのような新米国会議員たちにわれわれの国税を浪費させて任せていられるほど余裕も道理もないのである。
ソ連崩壊は世界情勢を混乱に導いている。東西冷戦が終わったら東アジア共同体か?より危険が増しているのだ。中国支那の暴走と北朝鮮の末期的な状況。その隣りに位置する日本が置かれている状況に、何が日本列島は日本人だけのものではないと、移民を増やせ、外国人参政権などと寝言を言っている暇があるのか!おつむがお花畑の鳩山と思想のない守銭奴小沢に任せておけない。外交・防衛の無知な岡田外相。社会主義の社民と民主党。最低限政府が担わなければならない外交・国防は最悪なのだ。

【勝岡寛次】再検証・日韓併合100年[桜H21/12/13]
日本解体阻止! 抗議行動のご案内

報道プロジェクト[チャンネル桜2010.1.13]

日本解体阻止!外国人地方参政権絶対阻止!議員会館前連続抗議行動 (月~金)
期日 平成22年1月13日(水)~ 毎日(月~金・平日のみ) ※ 雨天中止
内容 11時00分~13時00分 衆議院第二議員会館前 ※ご参加いただける方は、
   必ず事務局(TEL 03-6419-3900) まで事前にご連絡ください。
主催 草莽全国地方議員の会、外国人地方参政権絶対阻止行動委員会、日本文化チャンネル桜二千人委員会有志の会 ほか
ご連絡先
   草莽全国地方議員の会 TEL 03-3311-7810
   日本文化チャンネル桜二千人委員会有志の会 TEL 03-6419-3900
※ チラシ(PDF版)は こちら → http://www.ch-sakura.jp/sakura/protest-infrontof-dietmembersoffice_flyer.pdf

【1.16 民主党・党大会抗議! 日本解体阻止!外国人地方参政権阻止!緊急国民行動 】
日時:平成22年1月16日(土) ※ 雨天決行!
 9時00分 日比谷公園内・大噴水前集合
 15時30分まで 日比谷公会堂を包囲する場所で街宣・抗議活動
主催:草莽全国地方議員の会、外国人地方参政権絶対阻止行動委員会、日本文化チャンネル桜二千人委員会有志の会 ほか

【2.2 頑張れ日本!全国行動委員会結成大会 & 頑張れ日本!日本解体阻止!全国総決起集会 】
会場:日比谷公会堂
日時:平成22年2月2日(火) ※ 雨天決行!
 14時00分 「全国行動委員会結成大会」大シンポジウム
 17時00分 「頑張れ日本!日本解体阻止!全国総決起集会」
主催:頑張れ日本!全国行動委員会(準備委員会)、草莽全国地方議員の会日本文化チャンネル桜二千人委員会有志の会 ほか

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください