【音楽】 菅直人新蔵相と保守政治の再生



でたらめ論法の「攻撃は最大の防御」の男が防御に回れるか?

【遠藤浩一】この国の行方[桜H22/1/7]

混迷を極める日本の政治情勢の中で、日本を再生し国体を護持する ためにはどうすれば良いのか?「保守政治の再生」を中心にお聞き していきます。

いまから思えば民社党は第三極を担うすごい政党だったんだと再認識させられる。
民主党に合流しているが。
自民党の衰退と民主党躍進の要因
高度成長が終わった。
55年、60年体制の自社談合政治が終わった。
小泉構造改革でがたがたになった。地方が疲弊した。
候補者の新旧入れ替えが進まず、新人候補が民主党へ流れた。
公明党との連立で自民支持者が出ていった。
保守を忘れた自民党に問題。
三位一体改革の官僚のすさまじい抵抗
この負の裏返しが民主党に傾いた。
民主党の危険性

今年は寅年 虎の穴(タイガーマスク)

虎の穴(とらのあな)とは、虎穴(こけつ)ともいい、トラのすむ穴。または「虎穴に入らずんば虎子を得ず(不入虎穴焉得虎子)」のことわざから、危険な場所。これは後漢の班超の言葉に由来する。
虎の穴 (タイガーマスク) – 漫画『タイガーマスク』に登場する架空の団体。
今ではとある逆らえば落とされる全体主義独裁政党を指すようだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%99%8E%E3%81%AE%E7%A9%B4_(%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AF)

民主党は自民党のクローン政党である。
保守政治の再生には、自民党が消滅すると民主党のアイデンティティがなくなるからいちばん近道。なるほど。
官僚改革はやはり進まない。
小沢一郎
共産主義的・全体主義的体質・反日・反皇室志向の危険性
国連至上主義・戦後民主主義が生んだ醜悪な政治家
民主党の中堅議員に問いたい
全体主義と戦った旧民社党の方々に本当に今のままでいいんですかと窺いたい。
保守政治の再生
自民党の保守の検証
真・保守政策研究会(写真付)
http://www.m-kiuchi.com/2009/12/03/shinhosyuseisakakukenkyukai/
首長連合が新しい政党を作る。→「よい国つくろう!」日本志民会議
http://yoikuni.info/wordpress/
しかし、国政と地方分権は別である。
自民党・民主党の中から第三極の新党。
民主党は参議院選まではおとなしくしているだろうがいろいろ馬脚を表すだろう。
日米同盟50年。中国の台頭。戦後日本が経験していない状況。
対等な日米同盟をいうなら自主防衛・集団的自衛権しかない。
旧自民党・その他数名以外は左翼と度素人ばかりの烏合の衆。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

1 Comment

  1. 美しい国への旅立ち
    2010年1月8日

    なんと!朝日新聞が外国人地方参政権問題を記事にしてくれました。

    なんと、朝日が外国人参政権問題を報道しました!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top