第73回 WordBench神戸と残る神戸市内の神社巡り

毎月開催されるWordPressの兵庫県のグループである WordBench神戸

[兵庫] 第73回 WordBench神戸 〜Gutenberg & Git に触れてみるデー〜

に久しぶりに参加するため神戸へ行ってきました。阪神地区から28名の参加です。

2時からのミーティングまで、もうひとつやりたかったことがありました。

神戸市内で残っていた式内社保久良神社 兵庫県神戸市東灘区本山町北畑ザクガ原680 と
敏馬神社、その他に弓弦羽神社(ゆづるはじんじゃ)、湊川神社と生田裔神八社(六宮は明治初期に道路拡張のため八宮神社に合祀)をまわること。
予めGoogleマップに巡路を入れておき、効率よく廻るようにしたが、それでも4時間かかりました。

保久良神社は本山の狭い生活道路を登ると、途中から車両進入禁止になって整備されたハイキングコースになっているようで、日曜日ということもあり結構登山者が後を絶たない。須佐之男命・大国主命・大歳御祖命・椎根津彦命が祀られている。
社頭の灯明台の神火は「灘の一つ火」と呼ばれる常夜灯である。その言われは、日本武命が熊襲遠征の帰途、夜に航路がわからなくなった時、保久良神社の灯火が見え無事に難波へ帰りつけた事にあり、以来「沖の舟人 たよりに思う 灘の一つ火 ありがたや」の古謡通り、広く崇敬され、航海者の一針路となっていたそうだ。

弓弦羽神社 兵庫県神戸市東灘区御影郡家2-9-27

 

熊野三山である伊弉册尊・事解之男命・速玉之男命を祀っれいます。

羽生結弦選手と名前が似ていることでも有名になりました。日本酒の名産地である灘五郷にあり、氏子には造酒メーカーも多い。新年に菊正宗、白鶴、剣菱の奉納した樽酒がふるまわれるほか、メーカーの醸造祈願祭も行われる。

敏馬(みぬめ)神社 兵庫県神戸市灘区岩屋中町4丁目1−8

海側にある敏馬神社は、現在は素盞嗚尊を主祭神とし、天照皇大神・熊野坐神を配祀しており、江戸時代までは「牛頭天皇」と称していた。
本来の祭神はミヌメ神(美奴売神・敏馬神)であった。ミヌメ神はその神名から水神の弥都波能売神と同神とみられ、現在では境内社の水神社に弥都波能売神が祀られている。閼伽井あるいは三犬女清水と呼ばれる井戸がある。この女神の名を、敏馬とする説が有力。他に、柿本人麻呂の歌「玉藻刈る 敏馬を過ぎて 夏草の 野島の崎へ 舟近づきぬ」からの発想であろうか、藻塩を製造する時に使用する海松(ミル)からとする説もある。(ウィキペディア)
岩屋は都から現在の大阪を経て、西国に船で向かうときの最初の宿泊港

湊川神社 兵庫県神戸市中央区多聞通三丁目1番1号

楠木正成を祭る神社。地元では親しみを込めて「楠公(なんこう)さん」と呼ばれている。建武中興十五社の一社で、旧社格は別格官幣社である。
楠木正成は、延元元年(1336年)5月25日、湊川の地で足利尊氏と戦い殉節した(湊川の戦い)。境内に楠公墓所があります。

生田裔神八社(いくたえいしんはちしゃ)とは、兵庫県神戸市の生田神社を囲むように点在している裔神八社のこと。

一宮神社 兵庫県神戸市中央区山本通1丁目
祭神 : 田心姫命

二宮神社
神戸市中央区二宮町3丁目
祭神 : 天忍穂耳尊 ・応神天皇

三宮神社
幕末に、この神社の前で神戸事件が起こった。境内に「神戸事件発生地の碑」が建てられている。3年前に訪ねたときは、参拝時間を過ぎていた。
神戸市中央区三宮町2丁目
祭神 : 湍津姫命

四宮神社(よのみやじんじゃ)
神戸市中央区中山手通5丁目
祭神 : 市杵島姫命

五宮神社(ごのみやじんじゃ)
明治時代、湊川神社の氏子社になりかけたが、生田神社社家先祖である海上五十狭茅の子孫の家が近隣にあったため、住民の申し出により、取り止めとなった。現在は、8社中一番標高の高い場所に鎮座しており、元は宇治川の氾濫原にあったため、現在地に移ったのではとの説がある。
神戸市兵庫区五宮町
祭神 : 天穂日命
道幅は大変狭く駐車場なし

六宮神社(ろくのみやじんじゃ)
神戸市中央区楠町3丁目 八宮神社の境内(明治初期に道路拡張のため八宮神社に合祀)
祭神 : 天津彦根命・応神天皇

七宮神社(しちのみやじんじゃ)
生田神社とは関係が無い長田神社の末社ともされ、前身はみぬ売神社とされている。元々は会下山南麓で、北風家が祀っていたといわれている。
神戸市兵庫区七宮町2丁目
祭神 : 大己貴尊・天児屋根命

八宮神社(はちのみやじんじゃ)
所在地 : 神戸市中央区楠町3丁目
祭神 : 熊野杼樟日命・素盞嗚尊

詳しくは「神社拾遺」に書く予定です。

高校同期生のウェブサイトが完成

5月18日(木)同窓会準備委員会が達徳会館で行われ、昨年きれいになった同会館に初めて貼ることが出来ました。高校の同期生ウェブサイト

http://toyoko28.info/>を立ち上げました。で、私など在校中、吹奏楽部の部活動のために通学していたような劣等生にしても、母校に愛着はあります。

卒業生3万人を越える兵庫県で公立の旧制中学として、姫路中学(現姫路西高校)に次ぎ神戸中学(現高校とともに2番めに古い豊岡中学(現高校)。それに比して豊岡高校のHP、達徳会HP。うーんと思っていました。それは単にいわゆるホームページを持つことと、スマホ社会になって久しいの、レスポンシビティに乖離しているまったく適合していないばかりか、SNS社会にまったく更新も遅く双方向の媒体として機能していないことです。それは豊高に限りませんけど。

28期同級生が同校校長、豊岡総合高校校長になりました。私はさておきそんな年のなったのかとおっとろっしゃと思う反面、これを契機に我慢できずにしゃしゃり出て本校のHPをリニューアルをようやく行いました。卒業後子供の弁当を一度届けに行った事はあっても、40年近く足を踏み入れたことのない校内。まして在校中一度も入ったことのない校長室や職員室に何度も入ることとなりました。

Macbook来た!

iPhoneは使用したことがあるけど、元々パソコン草創期からPC98、Windowsで、Macは無縁だった。

パソコンメーカーのキャンペーンで3年前に購入した3万円代の15.6型ノートPCを持っているが、当然ながら持ち運ぶには15.6型は重いし、動作がそれなりなので速くない。

Macbook Airがかっこいいと思っていたけど、ようやくアップルから新商品であるMac Bookを購入した。

アップルストアで注文後、翌日到着。

一応放送大学在学中なので学割がきく。でもまだまだ高い。

軽い!SSDなので早い!Iphon共通の操作性やアプリも使いやすい!

  
アップルらしい考え抜かれたコンパクトな梱包

  

いい意味で完成されたアップルならではの空気が入る隙がないほどの気密性、箱のフタが開けにくい。

  

電源を入れる。SSDならでは。立ち上がりが速い~!

 

SSL(https) への移行

SSL への移行

WordPressの2016年12月2日ニュースにSSLへの移行があった。

このブログは、WordPressを使用し、定評のあるサーバーXSERVERで運営している。

レンタルサーバーは、コストVSパフォーマンスで、ロリポップ、そしてファイアバード、エックスサーバーに至った。

そのXSERVERが無料SSLを開始した。

数日前、このサイトや数々運営しているホームページ・ブログは、httpからhttpsへ移行済みだ。

上記にあるWordPress日本語によれば、

SSL とは基本的に、ブラウザとサーバー間の接続が暗号化されていることを意味します。 SSL は以前は実装が難しく、高価だったり遅かったりすることがよくありました。モダンブラウザと、Let’s Encryptのようなプロジェクトの驚くべき成功は、サイトを保護するための証明書を取得することをすばやく、無料にしてくれました。私たちは、これはすべてのホストがデフォルトでサポートしなければならないものだと考えています。「スノーデン以後」の時代ではなおさらです。また、Google は検索エンジンのランキング要素として SSL を重要視しており、暗号化されていないサイトに対して Chrome で警告を発し始めるでしょう。

まず、2017年初頭に、アカウントでデフォルトで SSL 証明書を提供するホスティングパートナーのみを奨励・宣伝するようにします。その後、どの機能が SSL の恩恵を最大限に受けられるのか評価を始め (例: API 認証)、SSL が存在する場合にのみそれらを有効にするようにします。

これとは別に、PHP7 のパフォーマンスの向上は非常にすばらしいと考えています。新バージョンの実現に向けて協力した皆さんに拍手を送ります。私たちは、ホストが来年作成する新規アカウントに PHP7 をデフォルトで使用していくかどうかについても評価対象にしていきたいと思っています。

分かりやすく言うと、SSLはSecure Sockets Layerの略で、インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組み(プロトコル)です。 個人情報やクレジットカード情報などの重要なデータを暗号化して、サーバ~PC間での通信を安全に行なうことができる。

ホームページのURL(アドレス)を表すのが冒頭のhttp://で、インターネット上でブラウザで何気なく見ているあらゆるサイトは、このhttp://で始まる。大手のサイトでは、だいぶ前からhttps://に移行している。

httpsを取得するには、これまではシマンテック(旧ベリサイン)などに年間契約しなければなりませんでした。その料金がかかっていたのだが、無料化への取り組みが始まったのである。これも大きな変化だ。

記事が多岐にわたるとブログは分けた方が良いのかどうなのか

ワープロ(知らない人もいるかも)からPCへ、そしてインターネットやブログをはじめたのは思い出せませんが、一応その道では早いと思います。

暮らしの中で、その原点は人々との日々の出会いであり、商売でもなんでも、それは同じです。インターネットによるホームページやブログ、ツイッターやフェイスブックなどSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)もそのツール(手段)にすぎないと思います。

良酒市場さけぞう https://sakezo.jp

良酒市場さけぞうショッピング https://sakezo.com

個人ブログ http://kojiyama.net/

ねっと風土記 http://kojiyama.net/history/

神社拾遺 https://jinja.kojiyama.net/

Webオープナー https://web-opener.com

ところで、あまりにもWordPressが楽しすぎて、これだけを一つのサイトでやれば重たくなるのでその分野において分けたほうが良いと思うのが自然で、本業を含めて現在7つ以上に分けていました。複数サイトに余裕があり、速度でも定評のあるXサーバーX10ですが、しかしそれでも、当方のようにWordPressで8つ、9つ運営させていると、その都度WordPress本体のかなり多いファイルやプラグインを別々にインストールすることで、サーバーが重たくなったりしないか、無駄な気がするものです。
このサイトと歴史カテゴリー専門の「ねっと風土記」はマルチサイトにしています。
これも一つのWordPress本体を別ブログとして、例えばサブディレクトリに複数分けられるのですが、一部プラグインで不都合やネットワーク管理画面が出現し、別の意味で複雑になるというのが起きます。好みでしょうが、マルチサイトにどうしてもしなければならないのでなければ、別々にWordPressを起動させてもXサーバーなど高速サーバーであれば、表示速度にそんなに大きな違いはない気もします。

また、WordPress移行前の古いFC2やウェブリブログなどのサイトもまだ残っていますw

でも管理が難しくもなるし、カテゴリーによってどこに記事を投稿すべきかで悩むことにもなります。

で、個人用の旗艦である本ブログへ、(重たくなるかも)なるべく集約していこうと考えています。多岐にわたる場合は分けたほうが良いのかどうかも、見てもらえないと意味がないし、どうなんかなぁと正解はありませんが…

 

wordpressマルチサイト機能で、個々の同じドメインサイトを統合

wordpressによるブログの運営で以前からやりたかったことのひとつに“マルチサイト機能”が課題でした。
私の使用しているXサーバーでは、ひとつのサーバーに複数ドメインとサイトが可能なのだ。
それぞれ別々にwordpressをインストールすればいいのだが、全く異なるドメインだったり、内容が違うときは、その方が簡単だ。

しかし、同じドメインで、サブディレクトリやサブドメインの子サイトにして分岐しておくのもいざという時に安全ではあるが、
その都度、wordpressをインストールして、テーマやプラグインを追加したり、無駄にサーバーの容量が増える。

当方は仕事用(sakezo.jp)に4つwordpressを運用し、
個人でも(kojiyama.net)で5つwordpressがインストールされており、
他にも違うURLを使っている。
誰が考えても、同じwordpressが複数あり、できるだけ統合して機能させたくなる。

wordpressには以前からWordPress MUという複数のブログを制作・管理ができたが、いまいち使いやすいものではなかった。
wordpress2.7か2.8ぐらいからWordPressとWordPress MUが統一し、wordpressのバージョン4になり、すっきり分かりやすくなった。

wordpressの4.3では、要は「wp-config.php」と「.htaccess」ファイルである。
FTPでそれらをダウンロードし、テキストエディタで、「wp-config.php」の86行目の「/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */」よりも前に
define(‘WP_ALLOW_MULTISITE’, true);を追加すると自動的にマルチサイトが機能するようになっている。

といってもマルチサイトは初めてなので、細かい点は苦労したw
メリットの影にはデメリットもある。

マルチサイトや方法は、こちらのサイトが分かりやすく説明されているのでとても参考になった。
http://webdesignerwork.jp/wordpress/multisite_blog/

異なる目的のブログやサイトなら、マルチサイトにて統合しない方がいざという際には安全です。

毎日使うのだからキーボードこそこだわった

今のPCは2011年に前のDell PCが調子がおかしくなって、そんなにお金をかけられないので急いで4万円くらいだった価格コム限定モデルを購入したHP 東京生産のもの。お買得モデルで、CPUはそれほど高くないが、メモリーを8MBに自分で増設したので、動画以外の複数画面でもストレスはなくなったが、windows10にして、どうも起動時にPCのハードディスクがロックすることがあるので、HPの法人用超スリム型HP ProDesk 400 DMシリーズを考えていた。

ところが、何度かwindows10を再インストールしているうちに起動のHDDがロックする異常がなくなり、今は問題なく動いている。仕事でExcellやWordを使う分には最低プランのインテル Celeron® G1840T プロセッサー/メモリー2GB ¥38,800 (税抜)でも充分かもしれないが、画像処理ではメモリーは4GBで遅いので8GBにしたので、できることならインテルCore(TM) i5-4590Tプロセッサー(2.0 GHz)、メモリー16GBに構成を上げると82,944になるのだ。

取り敢えず今使い勝手が悪くなって最低限必要になったのが、PC付属のワイヤレスキーボードであった。PCで最も接するのはキーボードとマウスだ。マウスはすでに付属品が動作が劣化したためLogicoolの2千円台のものを家電量販店から購入して使用している。

付属のキーボードがブラックなのでキーがすり減ってテカって見づらいのだ。いろいろキーボードを調べてみた。メンブレンのキーボードなら千円台からサードパーティ製品が出ており、最近はノートPCで使われるパンタグラフ式のキーピッチが小さいものをデスクトップでも使用するようになっているようだ。アップルのmacのキーボードはデザインが素晴らしいが、そのパンタグラフでキーピッチが薄いので、柔らかのが好みの人はいいかもしれないが、今のデスクトップのメンブレンでもNEC PC98で育った人間には頼りなく、文字をローマ字入力するときに同じキーを連続して押していることがある。

ふと考える。キーボードやマウス「いつも使うもの」「無くてはならないもの」には特にこだわるべきだ。ながく使える、気持よく使えるからトータルで見ると非常にお得だと(ツクモ)。

現在使用中のHP USBワイヤレスキーボード

いつからホワイトからブラック全盛になったのだろう。蛍光灯の位置でキーが摩耗してテカって見づらい。

東芝TEC POSのホストコンピュータサブキーボード キーピッチと機能キーはグレー、文字はホワイトの2色配列のクラシカルキーボード PS/2コネクター 東芝(最近はメンブレンで富士通がOEMでしているらしい。20年前からあるやつだが東芝製でしっかりしている)

(基本的にPS/2コネクターとUSBになった以外はそっくり重量もほぼ同じ)

原点に戻って見直すと、

  • ワイヤレスは複数の人に回す場合ならいいかも知れないが、一人で使うには別に必要でもない
  • 余計なメーカーの付属キーはいらない
  • 2色配列がいい
  • デスクがアイボリーなのでホワイトキーボードの方が疲れないと思う。書類などは白いのに、キーボードが黒いと目が疲れやすい
  • ワイヤレスのキーボードやマウスは電池切れが生じる

ワイヤレスでいいことはコードが邪魔にならないという一点のみだろう。ワイヤレスのキーボードやマウスは電池切れが生じるが、細いコードが普段気になるだろうかと。

東プレ REALFORCE 108UH 統一荷重キーボード/静電容量無接点/ALL45g/108キー/USB SA0100

重量 1.4kg ネット調べの最低価格 15,072円(税込)NTT-X  Store

(アマゾン17,355円(税抜))

メカニカル(静電容量無接点方式)

発売開始日2007/3/28だから今年で9年前になる。

キーボードは付属品であり、しかも2千円も出せばバッファロー、サンワサプライ、エレコムなどからかなりの種類が販売されている。

キーボードに1万円以上も出すなんて・・・

実は、国産で探すと東プレREALFORCEとFILCO Majestouch、 あとはPCでメーカーの富士通くらいになっているのだ。しかも昔ながらのメカニカルのPC98やDOS/Vキーボードで使われていたキーが2色のものは東プレと富士通のみのようである。

実は、またクラシカルなメカニカルキーボードが売れているのだそうだ。最近やっとノートPCの安いやつを購入し使ってみるけど、あのキーボードの柔らかさが馴染めないのだ。

リアルフォース(REALFORCE)の打鍵感に­慣れると「もう他のキーボードは使えない」と言われるくらいプロ好みの有名なメーカー。

  • キーによって変えている「変荷重」。左端の「A」のように小指で押すキーが更に軽く(通常キーが45gなのに対し30g)なっている
  • 横から見るとキーがまっすぐになっていません。列ごとに指に向いて角度が付いている
  • 通常のキーボードの耐久性は1000万回だが、その3倍の3000万回まで耐えられる設計
  • キーボードが重いので滑らない。どんなにパワフルにタイピングしても、ビクともしない。
  • テンキー付き

 

安いものを頻繁に買い換えるよりも、高くて良い物を長期間使う方が、作業効率も、コスパもきっと良いはずなのだ。\(^o^)/

ワイド液晶モニター(ディスプレイ)を購入

Dell液晶ワイドモニター(19インチ)を2008年から辛抱して使ってきた。その前にもDELLでPCを購入した際に一緒にIBMの旧縦横比の液晶モニターを長年使っていた。当時液晶は出始めでずいぶん高かった。

iiyama Full HD(1920×1080)モード対応 AMVA+パネル搭載 WLEDバックライト27型ワイド液晶ディスプレイ XB2783HSU-B1 Amazonで¥28,273。30日に到着予定だ。23インチにしようかとおもったが、デュアルモニターに店の監視カメラ用のモニターEIZOを兼用してきた。27インチならデュアルモニターにしなくても1台で充分使える。

翌日早朝、改めてiiyamaのサイトを見ていて、1万円高いけど、iiyama スリムベゼル+AH-IPSパネル『XUシリーズ』 昇降スタンド・スウィーベル機能搭載 FullHD(1920×1080)モード対応 WLEDバックライト27型ワイド液晶ディスプレイ XUB2790HS-B1の方がいいので、キャンセルが間に合い再注文。

上段と左右ベゼルとパネルに段差がない スリムベゼルモデルだ。タイムセール¥ 29,500となっているし、「カートに入っています」と表示が出ているのに、¥ 32,453で出てくる。ちゃんとタイムセール価格になっているんだろうか?

2000年前後、当時は20万円ほどと高価だったDellが提供するIBM液晶モニターが、2008年に映らなくなり、同じくDellからワイド画面化が始まった最初のSE198WFP [19インチ]を購入。当時3万円程度。パソコンはすでにDellが調子悪くなり、東京生産でおなじみのHP(ヒューレット・パッカード)に変更、モニターだけが中国生産だった。

【大型27インチを導入した動機】

Iiyamaはモニター製造メーカーの老舗で、(ごく一部を除き)国内生産なので、これで周辺機器を除けばすべて国産になる。

これまでの19インチからみると23インチでも十分だが、27インチにしたのは27インチも価格が下がり、21から23とあまり変わらなくなったのと、デュアルモニターにしなくても、27インチなら1画面で2つの作業をこなせる余裕が生まれる。
視力が衰え小さな文字が疲れるので大きいことはいいことだ。自宅の液晶テレビと同じLEDバックライトで実に明るいし、見やすい。
この価格で欲を言うのはどうかと思うが、以前のDellモニターにあったwebカメラ、USBポート☓2がないことだ。webカメラ自体スカイプもセットしているものの使っていないけど、カメラがないと寂しいと思う程度。USBポートはPC本体からUSBポートを繋げばいい程度の不満ですがw

これまでのモニターは、Secomの監視カメラモニター(EIZO製)の旧画面幅をデュアルモニターに併用していたものと交換した。

1月1日
あけましておめでとうございます。
本日は年に一度の定休日。

使っているHPのパソコンは、何か新しいデバイスを追加する際にHDDがオートロックする現象が起き、大晦日から一苦労、Windows7のリカバリーディスクで初期設定の戻し、ようやく落ち着いたところ。2日間はもう少しで新しいPCを買おうかと思い、Mac miniかHPのPavilion Miniかで悩んでいたのだが、まだ今のままで行けそうw

Scroll to top