特亜

NHK プロジェクトJAPAN 「日本と朝鮮半島」でまたまたやった偏向

プロジェクトJAPAN シリーズ 「日本と朝鮮半島」 第1回 韓国併合への道  伊藤博文とアン・ジュングン 最も大きな事件から取り上げて日本と半島との関わりをスタートさせる方法は、JAPANデビュー「アジアの一等国」第一回 日台戦争というありもしない対立と同じ手法だった。JAPANデビューに比べれば全般に双方の冷静な説明をとりあげた大人しいものであったが、やはりおかしいところがある。併合の負の部分 […]

東アジアに友愛外交は通じない

鳩山首相はことあるごとに「友愛」をかかげるが、それが何を意味するのかが抽象的でわかりにくい。 かつて、民主党鳩山代表が誕生した6月に以下のページで「友愛」とは何かを調べたことがあります。 鳩山首相の「友愛」とは何か 由起夫氏・邦夫氏が運営している(財)日本友愛青年協会の http://www.yuaiyouth.or.jp/pdf/yuairikai.pdf から拾い上げると、 友愛思想と友愛革命 […]

となりのこまったちゃん(2) 還暦迎えた中国

 政権が60年も交代せず執政できたことは、長い中国の歴史から最長記録だそうだ。しかし、毛沢東が「政権は銃口から生まれる」と喝破したように、60年前、革命と戦争を指導した共産党が新中国を築いた。その指導部は最高権力者の意思で決められ、しばしば激しい権力闘争を伴った。建国からほぼ30年間は毛沢東が発動した大躍進や文化大革命などの政治運動に翻弄(ほんろう)され、経済の「足踏み」状態が続いた。経済建設が本 […]

オウムに似たカルト政治が始まった

鳩山首相が基本的村山談話を踏襲と発言した。つまり彼の歴史認識がそれほど不勉強で浅はかであるという事実を世界に知らしめたといえる。 村山談話や河野談話がなぜ問題かはここでいうまでもないですが、それは戦争に至った経緯を歴史的事実をふまえた客観的な発言ではなく、戦争の被害国に対する単なる心象的な発言だからである。 中国と朝鮮半島が友愛などという甘い戯言が通用するような歴史を経てきた国家ではないことは、歴 […]