親中派・中国文化崇拝者の近視眼的歴史観

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成25(2013)年7月23日(火曜日)
        通巻第3988号

このグロテスク・リアリズム、中国史の本質は人肉グルメ
  菅原道真はなぜ遣隋、遣唐使の中止を進言したのか?
   ♪
黄文雄『食人文化で読み説く中国人の正体』(ヒカルランド)

 中国人作家でノーベル賞を獲得した莫言より、鄭義のほうが一時期は有名だった。天安門事件の指導者のひとりとして手配され、中国各地に潜伏したのち、1993年に米国に亡命した小説家である。
その鄭義のもっとも評判を取った作品は、ある村の百年の歴史を描いたもので、要するに飢饉のたびに村人は人を食った。大江健三郎は、鄭義の作品群を「グロテスク・リアリズム」と評した。
 黄文雄さんの新作は、まさに人を食ってきた中国の歴史の本質をえぐり出したグロテスク・リアリズムの文明論である。
 中国の歴史は平均すると、十八年ごとに戦争、内乱による飢饉が発生したため、共食いが起こった。
 人肉市場があり、それは闇市ではなく公認市場だった。人肉の値段は豚や犬肉より安く、また人間を食肉として飼育し、屠殺する養人場があった。処刑された罪人の肉も払い下げられたうえ、平穏な時代でも食人の習慣は絶えなかった。味方同士の共食いもあり、最大の好物は子供の肉だった。軍隊は補食として人肉を食べた。
 三国志演義でも劉備玄徳を厚くもてなすため、山奥に潜伏していた嘗ての部下が妻を殺して馳走する場面がある。日本人は卒倒するか、吐瀉するかだろうが、しかし劉備玄徳は部下のその忠節ぶりに感傷に浸るのである。
 水滸伝には人肉饅頭がでてくる。数え上げればきりがないのでこの辺で止めるが、最近も胎児のスープをグルメで味わう闇のレストランが広東省にあることを写真入りで多くのメディアが暴露した。

 菅原道真はなぜ遣唐使の中止を進言したのか?
 水運路が安定せず、海上交通に難があり、コストがかかりすぎた等とする理由付けが戦後の解釈の主流である。本当のことをなぜ言わないのか? 
第一は隋唐から学ぶべきことがなくなり、遣唐使は意味を失ったからである。たしかに遣唐・隋使によって、日本にもたらされたのは唐風文化。建築から彫刻、絵画、仏典などが影響をあたえたことは事実だろう。平安京は唐の長安そっくりである。ところが隋の衰退により文化は荒廃を極めていた。しかも日本が礼を尽くしての外交使節も、中国側は「朝貢」に来たくらいにしか認識していなかった。
第二は遣唐使、遣隋使より遣日使のほうが人数が多く、かれらが日本に来て驚いたのは日本文化のすばらしさ、要するに帰国したくなくなったというポイントが見逃されてきた。
日本では国風文化がひろまり、やがて平かな、カタカナが発達し、源氏物語など世界一級の文学が完成した。もはや隋唐から輸入するべき政治システムも文化文明も尽きていた。
第三の理由は人肉文化にほとほと嫌気がさしたからである。

 そして本書は次のようなことを教えてくれる
 遣唐使停止の決定を菅原道真がしたころ、長安を訪れたアラビア商人は『シナ・インド物語』を書いて、役人どもが地方に派遣されると「その地域の人間をことごとく食い尽くした」と書き残した。
 『唐書』には「城内で逃げ遅れて人質になった者は万に達し、餓死者は日に数人ずつ出た(中略)。そのうちに殺し合い、人肉を食べるようになった」、「城内ではたがいに子供を取りけえて食用にした」とある。
 宋代の『鶏肋編』には「米価が暴騰した。カネがあっても食料が手に入らなくなったため、盗賊や兵隊ばかりか一般民衆までもが殺し合い、人肉を食べるようになった。そして街中で販売されるようになった。人肉は犬や豚よりも安く、肥えたものでも一体が十五貫(コメ三丈分)にすぎなかった」と書かれた。
 『資治通鑑』にも「(902年)唐の西京である鳳翔城の人肉市場では、一斤(600グラム)が百銭に値し、犬の肉は五百銭に値した」と記されている。
 菅原道真の決定は正しかったのだ。

中国4千年の歴史ととかくNHKはシルクロードから現在に至るまで相変わらず中国崇拝者のごとく宣伝してきた。
たしかに日本は随・唐から文字(漢字)や唐風文化である建築から彫刻、絵画、仏典などが影響をあたえたことは事実だろう。

しかし、現在の中華人民共和国(以下、中国とは略さずChina=支那)が誕生したのは1949年、まだ戦後百年にも満たない新興国なのだ。朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)、大韓民国(韓国)も同様である。なぜ中華人民共和国を中国と略すのは正しくないか、日本の中国地方と紛らわしいということもある。日本において中国とは、『古事記』にある葦原中国(あしはらのなかつくに)、中つ国(なかつくに)であり、中津国、中国とも書く。日本神話における地上世界、高天原と黄泉の国の間。転じて日本の国土のことで、中間の国、中央の国を意味する。
つまり、現在では中国地方4県(島根・鳥取・岡山・広島)のことである。

まず、日本は中国・朝鮮からそれらの文化がもたらされたのだから、仲良くしなければならないという尊敬心が左翼学者やそのもとで学んだ一見インテリ知識人がマスメディア内に大手を振って占めている。例えば仏教伝来の出発点が随・唐・百済からだとし、支那・朝鮮半島しかみていないことだ。

まず。今の支那という大きな国家はなかったのである。漢字の元となった文字は殷(イン)とされ、殷は紀元前17世紀頃 – 紀元前1046年、考古学的に実在が確認されている中国最古の王朝である。最終的に紀元前11世紀に周に滅ぼされた。誰が漢字と読んだのかは知らないが、正確には「殷字」とすべきであろう。一小国の文字を中国から伝わったとするのは乱暴だ。

次に仏教についてであるが、仏教はインドの釈迦(ゴータマ・シッダッタ、あるいはガウタマ・シッダールタ)を開祖とする宗教である。聖武天皇が当時の日本の60余か国に建立させた国分寺の中心をなす「総国分寺」と位置付けられた東大寺の大仏と知られる盧舎那仏(るしゃなぶつ)完成の天平勝宝4年の開眼供養会には、聖武太上天皇(既に譲位していた)、光明皇太后、孝謙天皇を初めとする要人が列席し、参列者は1万数千人に及んだという。開眼導師はインド出身の僧・菩提僊那が担当した。

華厳経は西暦400年前後に中央アジアで成立し、中国経由で日本へもたらされた仏教経典で、60巻本、80巻本、40巻本の3種類の漢訳本があるが、うち奈良時代に日本へもたらされたのは60巻本と80巻本である。前者は5世紀、東晋の仏陀跋陀羅訳で「旧訳」(くやく)、「六十華厳」といい、後者は7世紀末、唐の実叉難陀訳で「新訳」、「八十華厳」という。盧舎那仏はこの華厳経に説く「蓮華蔵世界」の中心的存在であり、世界の存在そのものを象徴する絶対的な仏である。六十華厳では「盧舎那仏」、八十華厳では「毘盧遮那仏」と表記されるが、これらの原語はサンスクリットの「Vairocanaヴァイローチャナ」であり、密教における大日如来(Mahāvairocanaマハー・ヴァイローチャナ)と語源を等しくする。

中国大陸・朝鮮半島はその通過点にすぎないということ。仏教はそれらの国では廃れ、日本列島で大成したのだ。
世界最古の天皇一系の民主国家・日本と、世界でも70年弱の新興国である支那・南北朝鮮はいまだに儒教が根強いまったく文化・価値観が異なる民族だということを知るべしであろう。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

WiLL6月号届く

世間では今日からG.Wに入るところもあるようです。商売屋は連休などありませんが、WiLL6月号届きました。なにかと隣国が騒がしい折、内容が迫るものがあります。はて充実してよいものかどうかw

『神道と日本人』を読みながら・・・

山村明義氏著『神道と日本人』新潮社

昨日、山村明義氏著『神道と日本人』新潮社が届いた。私は読書家ではない。本を買うのは、これは読みたいと思うときだけである。昨年2011年9月の初版ですでに3刷り目となったこういう本では異例といわれるほど売れているそうだ。

25歳から40歳まで消防団に在籍し、秋祭りのだんじりは消防団を中心にして神社でお祓いを受けお神酒をいただいてから出発する。

神社に興味が湧いたのは、10年ほど前、組(隣保)の小旅行で区の舂米神社の元である鳥取県八頭郡若桜町舂米(つくよね)にある舂米神社を訪れたことがきっかけだったと思う。

また4年前、区の四役を仰せつかり、区の神社行事に関わるようになり、神社と氏子の関わりこそコミュニティ(共同体)そのものであると感じ始めたからである。

以前からなぜ村々には必ず神社が存在するのかなど深く考えていなかった。自然にあるものだし、古来から村ができればそこに村の神社がある。

政治は、古くは「まつりごと」といった。まつりは、祀り、政り、祭りと書くがすべて神である。祖神を祀り、収穫を祭り、田植えから稲刈りまで多くの人手がかかる稲作の共同作業を決めるために政治があったのだ。

全部は読み終えていないが、神戸生田神社について、神社こそコミュニティセンター(共同体)だと自分なりに思っていたことと合致することが書かれてる。

神社の再興こそが神戸の復興に

P129~133

阪神・淡路大震災の衝撃から震災の中心地・神戸の復興に向けて、いち早く牽引役を果たした生田神社。現在、神社本庁の「長老」を務める加藤隆久宮司が奉職する兵庫県の古社である。

生田神社は長く「神戸の総鎮守」として、いまも三ノ宮駅近くの中心部に鎮座する神社だ。神功皇后が三韓征伐の帰途、現在の神戸港周辺で船が進めなくなったため天照大神に御神託を伺うと、稚日女尊(わかるひめのみこと)があらわれ、「吾は活田(生田)長峡国に居らむ」といわれて以来、約千八百年。今日まで神戸市民の崇敬を受け続けてきた。

(中略)

(阪神・淡路大震災で)生田神社の拝殿の柱という柱が倒壊し、無残にく崩れ落ちた社殿の屋根が、大きな獣の甲羅のように映った。

神戸の街全体も悲壮感に包まれ、いったい、いつ復興できるかわからない。市民が悲観にくれる状況下で、加藤宮司も鉄槌で殴られたような落胆と喪失感に襲われ、激しく意気消沈していた。実際、これから神社を再興しようにも膨大な年月と資金のかかることが予想され、ただ茫然自失とするばかりで、正直、「もう、ダメだ」と何度もやる気を失いかけた。

そう思った瞬間、加藤宮司の脳裏に、亡くなった父親の加藤凌次郎(正しくは金偏)先々代宮司の姿が現れ、こんな言葉を語りかけてきたという。彼の耳には、父親の声がまるで神の啓示のごとく、自分をこう論じているように聞こえた。

「おーい、あんたは大学の先生で、文学博士で、全国の宮司でも唯一の博士学位をもっているということでやっていたんだろうけれども、あんた神社を建てていますか?私は多賀神社(滋賀)と焼けた吉備津彦神社(岡山)、そして大東亜戦争で六百発の焼夷弾で消失した生田神社を苦労して建てて、三べんも神社を建てた」

(中略)

「とにかく一日も早く神社を造営させる」
そう固く心に誓い、以降、社殿の片付けから造営まで、自ら先頭指揮を執り始めたのである。神主の装束を着ていても、その頭には、常に落下物防止の工事用ヘルメットをかぶり、いつしか「ヘルメット宮司」と呼ばれていた。

「神戸市は昭和20年6月5日、米軍の落とした600発の焼夷弾による大空襲で焦土となり、神社は丸焼けになってしまいました。残っていたのは、石の鳥居だけです。それを立て直し、造営したのが私の父親でした。そして阪神・淡路大震災でその石の鳥居も倒れた。私はその父親の言葉で“そうや!”と、発想の転換ができた。

とにかく神社は、その街のコミュニティセンター(共同体)で、街作りの中心なのです。もともと生田神社は、神を守る戸ということで、神戸(かんべ=こうべ)の地名の発祥となっている。神戸の地名の発祥の地が立ち上がってきたら、“生田(神社)さんがこうやって元気になって復興した。我々もやらにゃいかん”と、ひとつの呼び水となって、神戸の街が奮い立つ。復興をとにかくやらなくては、とコロッと考えが変わって、気力が生まれたのです」

いまも昔も神社は、地域の住民とその家族、地縁血縁者たちの心の支えであり、中心であり続けている。だからこそ、神社の中心にいる宮司自身が復興を使命と感じ、頑張らなければならないのである。

(中略)

一般的に、人は何か悪いことが起きると暗い気分に陥り、イベントやビジネスが中止されたりする自粛ムードとなりがちである。

だが、人は苦難や苦境の時こそ、「祓へ(はらえ)」をはじめとする「神迎えの祭」を執り行う必要がある。それは、お互いに助け合う精神のある「祭」によって、人々は勇気づけられ、明日への希望に満ちた活力をもらうことができるからだ。祭りが単なるイベントや馬鹿騒ぎなら自粛もよいだろうが、日本の古い祭りからは逆に力をもらえるのだ。

今にも崩れそうだった加藤宮司の心を奮い立たせ、神社を蘇らせた原動力は、ほかならぬ父親という先祖の“伝統”が存在したと同時に、祭による人々の活力の復活、そして発想の転換という「祓へ」の力であったからだろう。

加藤宮司が振り返ってこういう。

「震災のときは、みんな音楽に飢えているわけですね。オーケストラが来るまでは大変ですが、みんなの支援で実現させました。翌年2月3日の節分(豆まき祭)には、シンディ・ローパーさんが来るという。(中略)本当に(豆まきの「福女」として)来て、三宮の駅の高架下からこの境内まで、約1万5千人も人が集まりました。それから藤本義一さんと河島英五さんが来たりして、NHKの大晦日の『ゆく年、くる年』では生田神社の境内が生中継されました。こんな事は今までありませんでした。」

こうして、加藤宮司は震災への「祓へ」と「祭」を同時進行でおこなっていったのである。

実は山村明義さんはCh桜でもおなじみですが、私のフェイスブックのお友達でもあります。(^^ゞ

東北大震災に、天皇陛下自らがお言葉を発せられ、被災地へお行きになられた事自体が、異例の非常事態であるという認識が野田総理以下閣僚にない。いまの東北大震災や福島第一原発事故対応で野田総理以下閣僚に欠けているのは、口や金だけでは人は動かないという当たり前の日本人としての心である。

Scroll to top