第73回 WordBench神戸と残る神戸市内の神社巡り

毎月開催されるWordPressの兵庫県のグループである WordBench神戸

[兵庫] 第73回 WordBench神戸 〜Gutenberg & Git に触れてみるデー〜

に久しぶりに参加するため神戸へ行ってきました。阪神地区から28名の参加です。

2時からのミーティングまで、もうひとつやりたかったことがありました。

神戸市内で残っていた式内社保久良神社 兵庫県神戸市東灘区本山町北畑ザクガ原680 と
敏馬神社、その他に弓弦羽神社(ゆづるはじんじゃ)、湊川神社と生田裔神八社(六宮は明治初期に道路拡張のため八宮神社に合祀)をまわること。
予めGoogleマップに巡路を入れておき、効率よく廻るようにしたが、それでも4時間かかりました。

保久良神社は本山の狭い生活道路を登ると、途中から車両進入禁止になって整備されたハイキングコースになっているようで、日曜日ということもあり結構登山者が後を絶たない。須佐之男命・大国主命・大歳御祖命・椎根津彦命が祀られている。
社頭の灯明台の神火は「灘の一つ火」と呼ばれる常夜灯である。その言われは、日本武命が熊襲遠征の帰途、夜に航路がわからなくなった時、保久良神社の灯火が見え無事に難波へ帰りつけた事にあり、以来「沖の舟人 たよりに思う 灘の一つ火 ありがたや」の古謡通り、広く崇敬され、航海者の一針路となっていたそうだ。

弓弦羽神社 兵庫県神戸市東灘区御影郡家2-9-27

 

熊野三山である伊弉册尊・事解之男命・速玉之男命を祀っれいます。

羽生結弦選手と名前が似ていることでも有名になりました。日本酒の名産地である灘五郷にあり、氏子には造酒メーカーも多い。新年に菊正宗、白鶴、剣菱の奉納した樽酒がふるまわれるほか、メーカーの醸造祈願祭も行われる。

敏馬(みぬめ)神社 兵庫県神戸市灘区岩屋中町4丁目1−8

海側にある敏馬神社は、現在は素盞嗚尊を主祭神とし、天照皇大神・熊野坐神を配祀しており、江戸時代までは「牛頭天皇」と称していた。
本来の祭神はミヌメ神(美奴売神・敏馬神)であった。ミヌメ神はその神名から水神の弥都波能売神と同神とみられ、現在では境内社の水神社に弥都波能売神が祀られている。閼伽井あるいは三犬女清水と呼ばれる井戸がある。この女神の名を、敏馬とする説が有力。他に、柿本人麻呂の歌「玉藻刈る 敏馬を過ぎて 夏草の 野島の崎へ 舟近づきぬ」からの発想であろうか、藻塩を製造する時に使用する海松(ミル)からとする説もある。(ウィキペディア)
岩屋は都から現在の大阪を経て、西国に船で向かうときの最初の宿泊港

湊川神社 兵庫県神戸市中央区多聞通三丁目1番1号

楠木正成を祭る神社。地元では親しみを込めて「楠公(なんこう)さん」と呼ばれている。建武中興十五社の一社で、旧社格は別格官幣社である。
楠木正成は、延元元年(1336年)5月25日、湊川の地で足利尊氏と戦い殉節した(湊川の戦い)。境内に楠公墓所があります。

生田裔神八社(いくたえいしんはちしゃ)とは、兵庫県神戸市の生田神社を囲むように点在している裔神八社のこと。

一宮神社 兵庫県神戸市中央区山本通1丁目
祭神 : 田心姫命

二宮神社
神戸市中央区二宮町3丁目
祭神 : 天忍穂耳尊 ・応神天皇

三宮神社
幕末に、この神社の前で神戸事件が起こった。境内に「神戸事件発生地の碑」が建てられている。3年前に訪ねたときは、参拝時間を過ぎていた。
神戸市中央区三宮町2丁目
祭神 : 湍津姫命

四宮神社(よのみやじんじゃ)
神戸市中央区中山手通5丁目
祭神 : 市杵島姫命

五宮神社(ごのみやじんじゃ)
明治時代、湊川神社の氏子社になりかけたが、生田神社社家先祖である海上五十狭茅の子孫の家が近隣にあったため、住民の申し出により、取り止めとなった。現在は、8社中一番標高の高い場所に鎮座しており、元は宇治川の氾濫原にあったため、現在地に移ったのではとの説がある。
神戸市兵庫区五宮町
祭神 : 天穂日命
道幅は大変狭く駐車場なし

六宮神社(ろくのみやじんじゃ)
神戸市中央区楠町3丁目 八宮神社の境内(明治初期に道路拡張のため八宮神社に合祀)
祭神 : 天津彦根命・応神天皇

七宮神社(しちのみやじんじゃ)
生田神社とは関係が無い長田神社の末社ともされ、前身はみぬ売神社とされている。元々は会下山南麓で、北風家が祀っていたといわれている。
神戸市兵庫区七宮町2丁目
祭神 : 大己貴尊・天児屋根命

八宮神社(はちのみやじんじゃ)
所在地 : 神戸市中央区楠町3丁目
祭神 : 熊野杼樟日命・素盞嗚尊

詳しくは「神社拾遺」に書く予定です。

山城南部・奈良市・山添村の式内社

11月7・8日放送大学奈良学習センターで面接授業があるのを利用して、合間に山城南部・奈良市・山添村の式内社27社をまわる。予定では木津川東岸も入れていたが、秋の日照時間は短いので、日の出の6時23分から9時30分までの約3時間と授業終了後の約20分に限られる。2日でぎりぎり27社となった。

【1日目】

自宅を午前2時20分出発し、豊岡自動車道から春日IC-丹南篠山口ICまで舞鶴若狭自動車道、国道372号で亀岡市千代川ICから京都縦貫道-京滋バイパス八幡まで3時間。コンビニでしばらく休憩し、夜明けを待ち式内内神社(京都府八幡市内里地)到着。

予めルートをGooglemapに登録して次の目的地の神社に音声入ルートナビを使う。これが正確に道案内をするとは限らないけど。

綴喜郡 1 内神社 二座 京都府八幡市内里内1
久世郡
2 石田神社 京都府八幡市岩田茶屋ノ前75
3 石田神社 京都府八幡市岩田里35
4 天神社 京都府京田辺市松井向山1
5 月読神社 京都府京田辺市大住31
6 綴喜郡 7 棚倉孫神社 京都府京田辺市田辺棚倉49
7 薪神社 京都府京田辺市大字薪里の内1
8 甘南備神社 京都府京田辺市大字薪10 30分かかるのであきらめる
9 酒屋神社 京都府京田辺市大字興戸100
10 地祇神社 京都府京田辺市普賢寺
11 佐牙神社 京都府京田辺市大字宮津164
12 朱智神社 京都府京田辺市天王25
.
9:30 放送大学奈良キャンパス
16:35 授業終了

13 狭岡神社 奈良市法蓮町604
14 高橋神社 奈良市八条町338

18:30 26 久保田亭 奈良市柳生町325
柳生の里は奈良市街より山間で朝晩は寒かった。

【2日目】

6:00 久保田亭出発
6:23 日の出

添上郡
15 夜支布山口神社 奈良市大柳生町3089
16 立磐神社(天乃石吸神社摂社)  〃
17 天乃石立神社 奈良市柳生町789
18 六所神社(天乃石吸神社) 奈良県山辺郡山添村峰寺257
19 神波多神社 奈良県山辺郡山添村中峯山310-1
20 春日神社(論春日神社) 奈良県山辺郡山添村春日469
21 岡田鴨神社 京都府木津川市加茂町北
22 岡田国神社 京都府木津川市木津大谷
添下郡
23 添御県坐神社 奈良市歌姫町999

9:30 放送大学奈良キャンパス
16:35 授業終了
16:58 (日の入)

24 奈良護国神社 奈良市古市町1984
25 赤穂神社 奈良市高畑町 1320
26 宅春日神社(論春日神社) 奈良市白毫寺町116
27 宅布世神社 奈良市鉢伏町62
登大路観光駐車場-(徒歩)
28 五百立(いおたち)神社 奈良市雑司町 406

18:30 正倉院展 奈良国立博物館

放送大学最後の面接授業と山城・大和式内社めぐりプラン

2005年より10年がかりであと3単位となる。残るは放送授業2科目と面接授業1科目。明日の面接授業が最後の機会となると思うと名残惜しい気がする。奈良というと我が家からは遠いという先入観があったが、所属の京都学習センターに行くのと奈良学習センターに行くのと、京滋バイパスができたことで30分ほどしか違いはなく、2時間半で奈良へ行くことが出来る。中国自動車道から生駒トンネルを越えて行くのが最短ルートであるが阪神高速の空港線・環状線は混むし、分岐が複雑で気を使うので大阪ルートとは10分ほどしか違い。豊岡自動車道・舞鶴若狭道から国道372号で千代川から京都縦貫道・(沓掛)・京滋バイパス・第二京阪道・京阪和道路と乗り継げば料金的に最安。しかも土日はETC割引が適用される。

7・8日は馴染みの奈良学習センター(奈良女子大内)へ。

面接授業は土日2日で各午前9:45から午後16:35の8時間みっちり

科目名:「ライフコンピューティング」

講師:城 和貴 奈良女子大教授

行楽シーズンで奈良市内は高級ホテルを除きどこも満員で、柳生の里の民宿「久保田亭」をとった。市街から約30分かかるが、その合間に式内社の天乃石立神社や夜伎山口神社が近いというメリットもある。

実はここ数日、山城国南部と大和国北部の式内社めぐりという別の楽しみをプランしていた。

大和(奈良県全域)は、全国で式内社が最も多く、大社128座85社(うち名神大社47座26社)・小社158座131社の計286座216社もある。奈良県の南部は森林地帯で、人口・式内社も北部に集中している。しかし、経験上3時間で回れる数は20社程度だ。京都府八幡市・京田辺市・城陽市・木津川市・精華町、奈良県奈良市38社を点と線でルートをGooglemapで計画。多分半分回れればラッキーだろう。

今年改修された山本区の天珂森神社を見に行く

  

鳥居                          綺麗になった石段

豊岡市日高町山本区では、古くなった区の天珂森神社(村社)社殿と参道の改修が今年(2015年)6月完成したのを聞いて、ようやく見に行ってきた。10年(だった思う)前より各世帯から毎月1,000円積立てて、社殿は1千5百万ほど、参道などの整備に同じくらいかかったそうだ。山本区は新興住宅が増えて210世帯を越えて豊岡市日高地区では最大の区に成長したが、当区も同程度の世帯数まで増加していて、古くなった神社建て替えも浮上している。

  

新築の社殿

天珂森神社は明治時代は村社で、一般の他区内にもある村社と同様に思われているが、『国史文書・但馬故事記』には古くから登場する。

人皇一代神武天皇九年冬十月
佐久津彦命の子、佐久田彦を以って、佐々前県主と為す。

(中略)

御井比女(姫)ノ命の祖、稲葉の八上姫は、天珂森に坐(いま)す。

「兵庫県神社庁」には、伝え云う聖武天皇天平13年(741)に開基せし法華寺の附近に鎮座せし神社にして尼ヶ森神社と云いしも、天正年間(1573~1593)兵火に罹る。その後、社殿を再建し代々小出氏の崇敬社として小出吉英、小出五郎兵衛等は当社に田地を寄進し今に其の証書あり。

安政5年(1858)社殿を建替え、翌6年(1859)本殿覆を建替えたり、明治6年(1873)10月村社に列し同32年(1899)今の地に遷座せらる。

現在も神社は法華寺の裏手の山に鎮座するが、元は国分尼寺で正式名称は法華滅罪之寺(ほっけめつざいのてら)。その礎石が日高東中正門前に残っている場所にあったようだ。

くわしくはブログ 神社拾遺

Wikipedia 但馬国の式内社 名神大 山神社・戸神社・雷神社書き込みました

神社を調べるのにウィキペディアのデータも参考にしていますが、
但馬国の式内社を補足、丹後国の式内社、出雲国の式内社、播磨国式内社を記載してみました。
長年但馬国の式内社で名神大社でありながら記載がない、豊岡市の山神社・戸神社・雷神社を記載しました。

山神社 (豊岡市)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E7%A5%9E%E7%A4%BE_(%E8%B1%8A%E5%B2%A1%E5%B8%82)

戸神社
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%B8%E7%A5%9E%E7%A4%BE

雷神社 (豊岡市)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%B7%E7%A5%9E%E7%A4%BE_(%E8%B1%8A%E5%B2%A1%E5%B8%82)

道場の村社 岩舩神社の写真を撮り直してきました


お盆になって、なぜか神社ですが、

2005年神社自体に興味を持ち始めた初期に参拝したのが、兵庫県豊岡市日高町道場の岩舩神社。

詳しくは別ブログ「神社拾遺」に追加しています。

 

偶然ですが、道の反対側に俳優で今年亡くなられた今井雅之さんの実家のお墓があり、真新しい塔婆が並べられていましたので拝んで帰りました。

旧日高町内の最後の神社めぐりとなりました

村社 産霊神社(河江)

豊岡市日高町は、ちょうど十年前の2005年(平成17年)4月1日に、豊岡市と周辺の城崎郡城崎町・竹野町・日高町、出石郡出石町・但東町と対等合併し、兵庫県で面積が一番大きい市となりました。なかでも旧日高町は面積が広く、かつて但馬国府・国分寺が置かれていたところで、1896年(明治39年)に城崎郡に編入するまでは気多郡で、当時の郡域は、豊岡市の一部(上佐野・中郷・引野・土淵・加陽・清冷寺・伏・八社宮・日高町各町・竹野町椒・竹野町三原・竹野町段)にあたるので神社も名神大社が4つもあり、式内社は名神大含めて21座もあります。
かつての村数(今の行政区)も70区とたいへん多く、それぞれに旧村社(新しい区は無格社かあるいは神社がない区もある)があります。

その最後となったのが本日尋ねた河江区の産霊(うぶすな)神社です。以前に付近の方に場所を尋ねたところ、徒歩で800mほど山の中だと聞いたので一旦諦めたのですが最後の一社なので再チャレンジしました。
地図にも番地が表示されず、村の中より西の川伝いに道があるので数百メートル登ったがどうも神社らしきものが見当たらず、神社は公民館の近くにある場合がほとんどなので、あまり遠い場所ではないはずだと、公民館から東に坂を降りる途中に道を発見。他には道がないのでこれしかないと信じて畑から尾根伝いにゆるい坂道を歩いて行くと鳥居が見えました。実際は道路から200mもありませんでした。

当区の神社は当然ですが、2005年に名神大 山神社、名神大 戸神社を皮切りに、式内社から村社まで述べ10年経過しました。
神社そのものから始めたのではなく、地名地誌を調べるには、その地域の神社がポイントになるからです。

http://jinja.kojiyama.net/?cat=690

御崎灯台の美伊神社

国道482号線で蘇武トンネルから香美町小原の香住鶴へお酒をとりに行き、ついでに以前余部の御崎で御崎灯台まで行って、遠くて断念した美伊神社をついに制覇しましたw

御崎灯台に鳥居があり、そこから入江を挟んだ西の岬の先端にある小社です。神社まで徒歩で1.4kmの山道ですが、地元の方によってでしょうよく整備されていました。

美伊神社

京都神社巡り~東山周辺

吉田神社

2月1日に放送大学試験のため約半年ぶりに京都へ。
Googleマップのルート検索では、豊岡から京都へは老ノ坂峠ルートまでは9号線を利用せずに、北近畿豊岡道豊岡自動車道養父ICから春日和田山道路-舞鶴自動車道丹南篠山ICから舞鶴自動車道丹波篠山ICから国道372号線で亀岡大井ICに京都縦貫道のルートが8分早いとなっている。

しかし京都駅周辺なら最短ルートは北近畿豊岡道豊岡自動車道-舞鶴自動車道-中国自動車道-名神自動車道で17分早いらしい。Googleマップでは実際にはさほど差はないが、国道312号線からは八鹿氷ノ山ICよりそのまま国道312号線から養父ICから乗るほうが信号が少ない。京都まで国道9号線は、朝来市山東町~福知山~丹波ICまでの変化のないルートが長く感じるので、午前5時に自宅を出発し、7時半に京都市内へ。試験は8時間目までありますが、9時15分からの1時間目の1科目だけで終わり、いよいよ神社めぐりに。いつもならスマホのナビを利用するのだが、うっかり沓掛(くつがけ)ICから降りられず長岡京ICまで行ってしまうポカ・・・。

神鍋の村社をたずねて

我が日高町は、平成の豊岡市と5町の合併で、現在は豊岡市となったが、旧城崎郡日高町で、明治39年までは気多(けた)郡で、昭和30年にほぼ一つの郡が合併し日高町となっただけに、日高町だけでも面積が大きな町だ。かつて但馬国府が置かれていたことから、但馬国内でもとくに式内社も多いが、郷と村にはそれぞれ郷社・村社がある。神社でも式内社を中心に調べているが、わが町は村社もまわっている。まったく手付かずで残っていたのが最も離れた距離にある神鍋地区の神社であった。旧日高町(旧気多郡)の北西部で、大正時代まで気多郡西気村であった。気多郡の郷でも最大の大きさで、国道482号線が通る久田谷から清滝地区、最奥の稲葉までを占める。

神鍋は正しくは西気(にしき)地区というが、スキー場が多数あり関西屈指のスキーのメッカとして神鍋という名のほうが通っている。かつて火山だった神鍋山があり、神鍋遺跡・岩倉遺跡など但馬でも早くから人が住み着いていたことがわかっている。太田は太多と書いたが「ただ」と読む。他にも栗栖野(くりすの)・名色(なしき)・万場(まんば)・山田(やまた)・万却(まんごう)・東河内(ひがしごうち)・水口(みのくち)・稲葉(いなんば)と、すぐ読めないような難解な地名が多いのも、古い日本語の発音が残っていると考えることもできるだろう。
かつての気多郡の各郷には式内社があり、太多郷の清滝地区には山神社・戸神社(共に名神大社)と二社あるが、西気地区には式内社はない。太田は國主神社・名色は八幡神社・万場は天神社・東河内は松尾神社・水口は八坂神社で、それらを除き、残る区の村社は三柱(みはしら)神社となっている。三柱とは御祭神が三神祀られているという意味である。主祭神は奥津彦命(オキツヒコノミコト)・配祀神に奥津姫命(オキツヒメノミコト) 火結命(ホムスビノミコト)を祀る。三柱神社と云われるようになったのは、意外にも明治になってからで、かつては「三宝荒神」と称していた。

ウィキペディアによれば、仏法ならびに伽藍の守護神のことである。日本では荒神のことだが、仏法僧の三宝を守護し、不浄を厭離(おんり)するという。これを祀るものは本来なかったが、仏教の伝来とともにインドに行われた夜叉・羅刹などの悪神を祀り、これを以って守護神とする風習が伝わった。したがって古来からいう荒魂を祀って荒神とした。

  
三柱神社 村社 兵庫県豊岡市日高町栗栖野184  三柱神社 村社 兵庫県豊岡市日高町山田559

  
三柱神社 村社 兵庫県豊岡市日高町万劫67 八幡神社 村社 兵庫県豊岡市日高町名色97

主祭神 奥津彦命(オキツヒコノミコト)
配祀神 奥津姫命(オキツヒメノミコト) 火結命(ホムスビノミコト) 息長帯比売命(オキナガタラシヒメノミコト) 品陀和気命(ホンダワケノミコト)
三柱神社と称していたが、明治42年(1909)八幡神社を合祀して八幡神社と公称。
松尾神社 兵庫県豊岡市日高町東河内97
主祭神は大山咋命(オオヤマクイノミコト)だが、明治27年三柱神社を合祀。
配祀神 奥津彦命(オキツヒコノミコト) 奥津姫命(オキツヒメノミコト) 火結命(ホムスビノミコト)

神社拾遺

Scroll to top