私の仕事は本気の趣味

「私の仕事は本気の趣味」

自分にとって、いい言葉であると目に止まった。

「命、懸けてます」 オリジナル家電ブランドUPQ 中澤優子の覚悟

モノづくりの世界、そして家電業界に激震が走った。若干30歳の女性がオリジナル電化製品を企画。たった2ヶ月で流通に乗せた。その数…なんと全17種24製品。ラインナップはスマホ、Bluetoothイヤホン、4Kディスプレイなど。同プロジェクトを実現させた「中澤優子」とは何者?そして背景にある「覚悟」とは?

(中略)

― 最後に、中澤さんにとっての「仕事」とは何か?伺わせてください。

私の仕事は本気の趣味ですね。全てを懸けてやる趣味だと思います。物事をお金では見ていなくて、楽しいか、楽しくないか。「苦しい」も「楽しい」の一部として考えられることしかやりたくないです。

の中で、中澤優子さんの言葉である。

好きなことが仕事になる。幸せなことだ。野球が好きでもプロの選手になれるのはほんの一握りだし、絵を描くのが好きで美大に入っても、それを職業にできる人は少ない。また若い時は自分がしたいことが決まっている人の方が稀である。

でもこの歳になっても、今の仕事を続けてきて本当は良かったのかどうか、ふと考えることはあるものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Scroll to top