戦後政治の終わりと独立主権国家のはじまり

/ 11月 18, 2012/ オピニオン/ 0 comments

3年2ヶ月で左に寄りすぎたハンドルを右に切り直すには、極右と呼ばれるほど残された仕事は厳しい。国を愛して左翼・右翼があるのに、日本の左翼は、左翼ではない。単なる反日である。国家より組合・組織さえよければいいのは、政治ではない。

知覧記念館に行って手紙を読めば涙が出て、甘い認識は吹っ飛んだ。

天皇一統で2600年続いた世界最古の日本の歴史が、いかに大切で誇りあるものなのかが分かると、世界が見習った教育勅語、日本を守ることこそ、未来永劫発展の原動力であることに帰結するのだけど。

ただただ、学校で教えられていないのだ。

戦後政治の終わりと独立主権国家のはじまり
2/3【在野議員SP】戦後日本体制の打破から救国内閣樹立へ![桜24/11/17]

3/3【在野議員SP】戦後日本体制の打破から救国内閣樹立へ![桜H24/11/17]

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください