/ 11月 6, 2011/ ライフ・文化/ 0 comments

但馬史研究会第46回但馬歴史講演会に参加してきました。

演題「織田・毛利戦争と但馬国」
講師 岐阜工業高等専門学校教授 山本 浩樹氏
場所 但馬文教府会議室

先生は、「西国の戦国合戦」「愛知県史」資料編11織豊1~3などの著書も出されて、但馬ほはじめ西国の戦国時代にお詳しい。

講演は書状資料などに基づいて時系列に約2時間びっしりと説明をされた。羽柴秀吉の2度の但馬征伐による山名氏や軍団の動きは、すでにあらかたは知っていたが、古文書によるその頃の諸侯たちの動きがわかりやすくなった。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください