二番底到来!?ユーロ経済と日本

/ 5月 23, 2010/ トピックス/ 1 comments

テレビメディアは、鳩山民主党がどうのこうのとまったく先に進まないことをやっているが、要するに日曜日にテレビ各局で各党が出演して同じような井戸端会議をしていても時間の浪費であり、重要なことは国と国民のこれからである。

民主党の政権自体が無能な政党であることが、国民にもいい加減に気がついたであろう。安全保障にとって危機であり、景気がよいときならまだゆとりがあったが、いま、一刻も早い国家戦略を建てなければならないのに、スピード感がなさ過ぎる。時間の浪費は経済にとって、生活にとって深刻で害悪でる。

国内の大新聞は産経新聞を除き、国際感覚が欠如しており、権力に向かって監視役としてのジャーナリズムが劣っている。

安全保障をどう行うかの問題

北朝鮮の韓国艦艇破壊行動→攻撃すれば、目標は日本である。
中国の海上活動の活発化→西大平洋ハワイまでを中国の海洋覇権計画
沖縄・宮古間を4月、威風堂々と横切った中国海軍艦隊も、日本を脅かす戦略の順調な仕上がりを見せつけた。

 軍事関係者は4月の事件で、キロ級潜水艦浮上航行の意味に注目した。公海では国際法上、潜航が許されるし、隠密行動こそ潜水艦の命だからだ。

 実際、静粛性に配慮した宋級潜水艦が06年、沖縄沖で米空母に8キロまで気付かれずに接近した事実は、隠密行動の恐ろしさを証明した。しかも、水上艦や原潜からなる米軍の防御陣形内に浮上している。武威を示したのだ。

しかし、潜水艦の静粛性では日本の方が技術力はあるが、防衛方針から建造が進まない。

 (1)1982-2000年(沿岸防衛のほぼ達成)
 (2)2000-2010年(第1列島線内の制海権確保)
 (3)2010-2020年(第2列島線内の制海権確保/通常型空母2隻建造)
 (4)2020-2040年(米海軍による太平洋・インド洋覇権阻止/原子力空母2隻の建造計画開始)
 (5)2040年(米軍と対等な海軍建設) 

しかし、(2)の達成は15年にずれ込み、計画全体も5年ずつ後ろ倒しになると分析されている。

東・南シナ海と日本海に米空母打撃群を入れない戦線が第1列島線。米軍増援阻止・妨害の最前線が第2列島線とみられるが、潜水艦の「待ち伏せ帯」と言い換えても良い。ただし、潜水艦のような「忍者」は事前に「屋敷内」を探る必要がある。

「屋敷への忍び込み」こそが海底地形・海流・水温調査に当たる。これら諸条件で彼我の艦艇が発する音の伝わり方が違い、魚雷発射のための待ち伏せ場所やその後の逃走経路にも重要な差が出てくる。中国海軍が音響測定艦や潜水艦を駆使、日本の排他的経済水域(EEZ)で無断調査するのはこの目的故だ。領海侵犯後、逃走した漢級の操艦が予想以上だったのは調査の確度を物語る。
(産経新聞)

普天間問題は、東シナ海のシーレーンにとって、日本だけではなく韓国、台湾、フィリピンの領海をどう防衛するかである。府県や地方の首長と対等に話すレベルではなく、国の安全保障である。工場誘致のようにどこかに持っていくというものではなく地政学上、東シナ海をコンパスで囲んだ中心にある沖縄に必要なのだ。

問題は独立国家なら、自主憲法を制定することだが、現状の憲法でも安全保障は可能である。

戦争は国同士の国際法に則った合法的な戦いである。謝罪も賠償も必要ないのに日本は唯一行ってしまった。

中韓サイドの侵略の誤解に乗らない。
左翼の自虐史観に乗らないこと。正しい歴史教育が大事。
社民党や共産党など左翼論者は論理に整合性がない。

憲法9条を守る。米軍が出ていけ。 
これでは、整合性がない、だれがこの国を守るのか。
9条を守るなら国防は米軍に依存しなければならない。
日本の防衛費はGDPの1%程度まで落ちている。独立国はだいたい5%を充てている。米軍を削減するならば、その分を防衛費をせめて2~3%へ、他国並みに5%まで維持して自主防衛力を高めることになる。

日本の統治能力を取り戻すこと

国家戦略を立てて、具体的な政策はその道のプロに。
7.11参議院選挙が決まった。

自民党は内閣不信任案を出す。数からいって通るかわからないが、それは野党として当然だろう。

一刻も早く解散させることだ。参議院選で大敗し、公明、みんなの党も連立を組まないといっているから、衆参でねじれが起きる。すると国会は空転するからまたまた混乱し時間を浪費するから、衆参同時選挙がのぞましい。

Share this Post

1 Comment

  1. 上海万博 北朝鮮館 マナー

    吉田電工・社長ブログ「人は堀 人は石垣 人は城」:上海万博
    北朝鮮館. 何かと話題の北朝鮮館も行って来ました。こちらは待ち時間無でゆっくり見る事ができましたよ。 自分としてはイタリア館などの、ヨーロッパ関係に行きたかったので、見れなかったのは残念ですね。 一緒に万博行った方が、「万博会場より本物の国 …(続きを読む)
    上海万博 見所 感想
    上海万博の見どころは?待ち時間が0分の北朝鮮館ですか?(続きを読む) 9/10出発、HISの『人気の3都市周遊 たっぷり!! 上海・無錫・蘇州【上海デ… 9/10出発、HISの『人気の3都市周遊 たっぷり!! 上海・無錫・蘇州【上海デラックス+ …(続きを読む)
    彦録゛ 安井俊彦BLOG » 中国 成長の落とし穴 — 上海万博にて
    団体予約をしていた上海市の生命陽光館を見学。人口2400万人の上海が中国の先頭を切っていることがよく分かった。約6時間でインド館・イラン館・イスラエル館・カザフスタン館・レバノン館・モロッコ館・オマーン館・スリランカ館、さらに北朝鮮館を廻っ …(続きを読む)
    月と海と灰色の銀貨 [5/8~5/10]上海万博
    まずは北朝鮮館へ。将軍様の威光を拝見します☆ 100509_171346.jpg これだけというwwwwwww 100509_171233.jpg 次はイラン館へ。最近中東ブームの俺にとっては地味に楽しみなスポットです^^ 100509_171818.jpg これは本物の楔形文字!? 100509_172016.jpg …(続きを読む)
    料亭 紫 の日本語と英語|ニーハオ! 二胡の調べと 囲碁の日記
    ニーハオ! 二胡の調べと 囲碁の日記. 女子大生・王俊英のブログ。 日本のこと、中国のこと、台湾のこと、それに韓国・朝鮮のことなどを書いていきたいと思います…

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください