【産経抄】1月29日

【産経抄】1月29日
産経IZA 2010/01/29 10:01
 「生まれたての赤ちゃんの首のうしろに 小さなあざをみつけた ぶつけたわけでもないのにほんのり赤いあざ このまま大人になっても消えないかしら? ママは心配になってお医者さんにたずねた」。やなせたかしさんが責任編集している「詩とファンタジー」という雑誌で見つけた、女優の中井貴恵さんの作品だ。
 ▼「コウノトリのくちばし」の題が示すとおり、あざは、コウノトリがくわえた跡だった。24日の朝、搬送先の病院で死亡した小学1年の岡本海渡(かいと)君(7)の顔や背中、両腕にもあざがあった。もちろん、コウノトリがつくったあざであるはずがない。
 ▼傷害致死の疑いで送検された継父(31)と母親(22)は、東京都江戸川区の自宅アパートで、海渡君に殴るけるの暴行を加えたことを認めている。区や学校は、海渡君が虐待を受けていた事実をつかんでいながら、事件を防ぐことはできなかった。
 ▼同じ日大阪市淀川区では、42歳の男が、妻(42)と中学3年の長男(15)、小学6年の長女(12)の首を絞めて殺害する事件があった。男は株で失敗して借金を背負い、自分も死のうとしたが死にきれず、警察に自首したという。子煩悩な父親だったとの、知人の証言もある。
 ▼コウノトリの伝説は、ヨーロッパから伝えられた。日本では、赤ちゃんは天からの授かりものだった。そんな命に対する畏敬(いけい)の念が次第に薄れてきて、子供を自分の持ち物のように扱う親が、あまりにも多すぎる。
 ▼読売新聞によると、海渡君は亡くなる2日前、近所の住民の問いかけに、「パパはいじめないよ」と答えて、両親をかばっていたという。海渡君は親を選ぶことはできなかった。コウノトリに運ばれてきた場所で、精いっぱい生きようとしていたのに。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top