「坂の上の雲」第5回と「朝鮮半島2000年」9回 朝鮮通信使~和解のために~

坂の上の雲第5回「留学生」
第2部は2010年12月って・・・。なんと長。

アリアズナ(演:マリーナ・アレクサンドロワ)が可愛かった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%B4%E3%82%A1
検索すると2008年に結婚している。
ロシアで人気女優だった。
映画「ストリート・レーサー」
http://streetracer.jp/

フェラーリ、BMW、ベンツ、トヨタ、日産、マツダ、スバルが登場。
日本車多し。内容はネット調べではよくわからんらしい。
とにかく彼女をずっと観ていたら満足するとか。

プロジェクトJAPANシリーズはETV「朝鮮半島2000」も観たがおかしい。
ETV「朝鮮半島2000」はあのアナウンサーがからむ番組は素人参加型討論番組といい、なんだかNHKの恣意が見えて疑う。タイトルが朝鮮半島なのでそこに焦点を当てているのは分からないでもないが、アジアの一等国といい、何度も朝鮮は屈辱を耐えてとか、一方的な反対側サイドで描いている。台湾関係同様、稚雑で洞察が浅いとしか思えない。NHKも公務員体質なのか、予算を使い切ることが大切で、何を作りたいかがが見えず質が落ちたものだ。

文禄・慶長の役

1592年(日本:文禄元年、明および朝鮮:万暦20年)から1598年(日本: 慶長3年、明および朝鮮:万暦26年)にかけて、日本と明との間で行われた戦争。日本の豊臣秀吉が主導する遠征軍と明および李氏朝鮮の軍との間で交渉を交えながら朝鮮半島を戦場にして戦われた。

戦役前の状況

明の征服を企図していた豊臣秀吉は、天正15年(1587年)九州征伐に際し、臣従した対馬の領主・宗氏を通じて「李氏朝鮮の服属と明遠征の先導(征明嚮導)」を命じた。元来、朝鮮との貿易に経済を依存していた宗氏は対応に苦慮し、李氏朝鮮に対しこの要求を直接伝えず、日本統一を祝賀する通信使の派遣を要求して穏便に済まそうとしたが、明の冊封国であった李氏朝鮮に征明嚮導の意思はなく、秀吉は明への遠征のため先ず朝鮮の制圧を決め、文禄元年(1592年)4月(和暦。漢数字表記の月は以下同じ)、16万人の大軍を送ることとなる。

李氏朝鮮王朝では日本へ派遣した使節が帰国し、その報告が西人派(正使の黄允吉は戦争が近いことを警告)と東人派(副使の金誠一は日本の侵略はあったとしても先の話と否定)で別れ、政権派閥の東人派が戦争の警告を無視した。

なお、秀吉は開戦後も李氏朝鮮が降参するならこれを許し、明遠征への先導役を果たさせる考えを捨てていなかった。先鋒と交渉役を務めた小西行長や宗義智の日本軍一番隊は、しばしば秀吉が考える「李氏朝鮮の服属と明遠征の先導(征明嚮導)」を「朝鮮に明への道を借りる(假途入明)」に言い換えた上で李氏朝鮮に求めに応じるよう交渉を呼びかけている。
なお、日本軍は上陸後も武力制圧のみだけではなく、交渉による服属も試み、戦の場合においても攻城戦の開始前と落城寸前の場面で降伏勧告を行い、自軍被害も低減できる無血開城の交渉を行っている。ただし、明・朝鮮の指揮官は日本の支配を拒否し、徹底抗戦を選択する場合が多かった。

漢城は日本軍によって放火されたと番組では強調していたが、一番隊が漢城に到着してみると、城門は堅く閉じられていたものの守備隊はいなかった。その先日に宣祖王は平壌へ逃れるために出発していたのである。既に一部(例えば、奴婢の記録を保存していた掌隷院や、武器庫など)が略奪・放火されており、住民もおらず放棄されていた。漢江防衛の任に当たっていた金命元将軍は退却した。王の家臣たちは王室の畜舎にいた家畜を盗んで、王よりも先に逃亡した[19]。全ての村々で、王の一行は住民たちと出会ったが、住民たちは王が民を見捨てて逃げることを悲しみ、王を迎える礼法を守らなかった。

「宣祖実録(せんそじつろく、ソンジョシルロク)宣祖二十五年壬辰五月條」によると、このとき朝鮮の民衆は既に王や大臣を見限り、日本軍に協力する者が続出した。 これは、宣祖実録の「人心怨叛,與倭同心耳」(人心は怨み叛き、倭に同調するのみ)、「我民亦曰:倭亦人也,吾等何必棄家而避也?」(我が民は言った「倭もまた人である。どうして我々が家を捨てて逃げる必要がある?」)で伺い知ることができる。

また、明の朝鮮支援軍が駆けつけると、辺りに散らばる首の殆どが朝鮮の民であったと書かれてある。景福宮・昌徳宮・昌慶宮の三王宮は、日本軍の入城前にはすでに灰燼となっており、奴婢(ぬひ、奴隷の一種)は、日本軍を解放軍として迎え、奴婢の身分台帳を保管していた掌隷院に火を放った、とある。

朝鮮側は、漢城の少し北を流れる臨津江を次なる防衛線とするため、臨津江南岸の一帯を焼き払って、日本軍が渡河の資材を得られないようにした。そして金命元将軍は川沿いに12,000人の兵を5箇所に分けて配置した。
加藤清正は、平壌から満州に入り、近在の女真族の城を攻撃してみる事にした。それまで女真は度々国境を越えて朝鮮を襲撃していたため、咸鏡道の朝鮮人3,000人もこれに(加藤清正の軍勢8,000人に)加わった。

この戦争について『明史』は「豊臣秀吉による朝鮮出兵が開始されて以来、(明では)十万の将兵を喪失し、百万の兵糧を労費するも、中朝(明)と属国(朝鮮)に勝算は無く、ただ豊臣秀吉が死去するに至り乱禍は終息した。」と総評する。

朝鮮半島への影響

戦争が開始されると、朝鮮・明軍・日本軍が食料の現地調達を行った。食料不足と治安悪化のために農民が耕作を放棄することで流民が流民を生み、飢えた民衆は敵味方より略奪することで飢えを凌ごうとした。明の李氏朝鮮への要求で朝鮮国内に駐屯する明軍の兵糧供給は李氏朝鮮側が行うと決められたため(米、牛、豚などの他、朝鮮の女人も要求している)、朝鮮軍と朝鮮政府の維持分も含めて李氏朝鮮は民衆から過酷な食料調達を行わなければならなかった。このため明軍の略奪と合わせて日本軍が一歩も足を踏み入れていない平安道も荒廃して開戦当初の人口を養いきれずに人口が激減した。また朝鮮軍より明軍に優先的に食料供給が行われたことから、朝鮮軍の戦意低下は少なからぬものがあった。朝鮮に駐屯した明軍による朝鮮民衆に対する無秩序な略奪なども横行し、朝鮮の民衆は日本を一番の侵略者としながらも、明軍も第二の侵略者であるとして憎んだ。

また戦時下での混乱により諸勢力による宮殿・王陵、官庁、文化財の破壊や略奪が行われた。特に身分差別に苦しんだ朝鮮民衆は緒戦の混乱に乗じて官庁や被差別身分を示す書類を焼き払った例が朝鮮側資料により知られている。また日本軍は治安を乱しゲリラ攻撃を仕掛ける義勇軍の抵抗に手を焼いたため、治安確保のために住民の虐殺や村の焼き討ちなどを行うことも多かった。

首実検と耳塚(鼻塚)

豊国神社のHPによれば、秀吉輩下の武将は、古来からの戦功のしるしである首級の代わりに、朝鮮軍民男女の鼻や耳をそぎ塩漬にして日本に持ち帰った。それらは秀吉の命によりこの地に埋められ、供養が営まれた。これが伝えられる「耳塚」のはじまりです。首級は中国の戦国時代、秦の法で、敵の首を一つ取ると1階級上がったところから討ち取った首。しるし。つまり、首実検(くびじっけん)とは、配下の武士が戦場で討ちとった敵方の首級(くび・しるし)の身元を大将が判定し、その配下の武士の論功行賞の重要な判定材料とするために行われた作業。本当に申告した本人の戦功かどうかの詮議の場でもあった。

戦功の証明として行われたはなそぎによってその後しばらくの間朝鮮に鼻のない人間が多く見られたということが知られている。しかしこれらは不穏民衆を一揆と認識して討伐した慶長の役が始まった後の話であり、当初は朝鮮は戦後には支配下に繰り入れられるべき領土であり、日本の国内戦同様に非戦闘員である民衆は保護の対象であり殺戮は禁止されていた。

はなそぎも1597年の慶長の役の頃が主体であるが、これまで戦争全般を通じた蛮行であるがごとく語られてきた。また戦後に咸鏡道に建てられた日本軍撃退記念碑の北関大捷碑には加坡の戦闘で斬殺した日本兵から左耳825個を切り取って朝鮮王へ送った記録が残っている他、日本兵の首に賞金を掛けたため都市部で朝鮮軍・明軍による偽首狩りの犠牲となった朝鮮領民の首無し死体が続出するなど荒廃した状況が伝えられる。

戦役以後、総じて朝鮮人の間では日本に対する敵意が生まれ、平和な貿易関係を望む対馬の宗氏も朝鮮王朝に強く警戒され、日本使節の上京は禁じられ、貿易に訪れた日本人も釜山に設けられた倭館に行動を制限された。また日本人捕虜(降倭)の多くは、鉄輪をはめられ逃げ出すことも出来ない状態にされたうえで、その身分を賎民とされた。

一方、朝鮮の両班階層(支配層)の間では明の援軍のおかげにより朝鮮は滅亡を免れたのだという意識(「再造之恩」)が強調され、明への恩義を重視する思想が広まった。これは後の明清交代期に於いて、清朝と明との間での朝鮮外交の針路に多大な影響を与えることとなった。

また、文化面でも朝鮮半島に多大な影響をもたらした。南蛮貿易により日本にもたらされた唐辛子は、文禄・慶長の役の日本軍によって朝鮮半島にももたらされ、キムチ等の韓国・朝鮮料理の礎を築いた。

戦役後の和平

和平交渉は徳川家康によって委任を受けた対馬の宗氏と朝鮮当局の間で進められる。断絶していた李氏朝鮮との国交を回復すべく、日本側から朝鮮側に通信使の派遣を打診したことにはじまる。征夷大将軍徳川家康と朝鮮側の使節との会見が実現したのは日本軍撤兵から6年後の慶長9年(1604年)、江戸幕府に対する朝鮮通信使が派遣されて正式の和平が果たされたのは慶長12年(1607年)であった。明は日本と国交を結ばないまま滅亡し、明に代わって中国を支配するようになった清は、すでに日本が鎖国を取ったため貿易は行うが、正式な国交を持とうとはしなかった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

足かけ七年にわたる戦争は、朝鮮に大きな被害を与えた。土地が荒れ果てただけでなく、多くの人命が失われ、傷ついた人も多かった。捕虜として日本に連れ去られた人々も数万に上った。そのなかには、多くの陶工が含まれており、佐賀県の有田など各地で陶磁器生産に従事して日本の陶磁器産業の基礎を築いた。有田ではそれらの人々を陶祖とたたえて神社をつくり、その功績に感謝している。

救援に駆けつけた明の被害も甚大であった。多大の軍事費負担が圧力となって国力の衰退を招き、17世紀になると北に勃興した女真人の後金(のちの清)に圧倒されていった。

「出典:韓国朝鮮の歴史と社会」 放送大学・東京大学教授 吉田光男


画像

画像

画像
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

3 Comments

  1. 楽天お勧め情報
    2009年12月28日

    坂の上の雲 エンディング情報

    オリコン本ランキング:NHK「龍馬伝 前編」11位で「天地人」超え 「坂の上の雲」は5倍
    ‎2009年12月24日‎ 11月からNHKで特別…

    返信
  2. NHK 坂の上の雲 放送予定

    相変わらず: それゆけ!! Kassy号〜 season3
    2009年〜2011年の年末限定で放送されるスペシャルドラマ『坂の上の雲』情報はコチラです。 NHK番組サイト大河ドラマ『天地人』 本編放送終了のため、2010年1月末までで公開が終了します。チェックしたい方はお早めに! …(続きを読む)
    2009の締め括り: あしたゲンキになぁ~れ!
    「坂の上の雲」は明治の維新後のおはなし、 西欧に追いつけと日本国の近代化をめざして、 富国強兵を国策に戦争国家へと突き進む。 「不毛地帯」は昭和の敗戦後の日本、 明治維新から大東亜戦争まで、 神国一直線にまい進してきた日本人の、 …(続きを読む)
    こんな腐女子に僕がした
    初めて読んだ歴史ものは「お~い竜馬」 現在、放送中の「坂の上の雲」の原作を全巻読んだ& 観ている しかし、40%しか理解していない(教科書+秋山兄弟さんと陸海でよく出てくる人数名)。 低頭脳。 3年経ったらきっと、人並みになると思う。 …(続きを読む)
    ダブ・ダブ・LOVE : のだめ の ミルフィー
    昨夜も 「坂の上の雲」を 家族で観た ほぼ 一年間 続きが先になる事に 納得が いかない 息子だが 小村寿太郎 の 登場る場面で 「のだめ の ミルフィーだよ」 って 教えてあげたら (@д@) ビックリ していた わかんない かな~ …(続きを読む)
    NHKドラマ「坂の上の雲」~第一部終了 – 花野子の世界
    NHKドラマ「坂の上の雲」の第一部五話が終りました。 第一部はこのドラマの主人公である四国・伊予松山の秋山家の5人目の男児、秋山淳五郎真之が誕生し、 260年続いた幕藩体制が倒れ日本に近代国家が誕生した1868(明治元)年から、 …(続きを読む)
    koek~クーク~ :つぶやき・・・

    返信
  3. 子供服
    2009年12月29日

    ウィキペディア

    ビングが好調な滑り出し便利機能で利用者急増
    ‎2009年12月21日‎ ウェブサイトの検索に加えて、ニュースやビデオ、ショッピングなどの…

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top