【緊急告知】「亡国のイージス」 これ以上勝手な真似はさせない

/ 12月 18, 2009/ オピニオン/ 0 comments


ニコニコ動画

ひみつのアッコちゃん主題歌 堀江美都子
テクマクマヤコン 「独裁者の天の声」にな~れ~
そいつの前では「中韓では笑顔で媚びる多弁家」
ずっとおすまし「無口で威圧する幹事長」
それは リケン リケンの中からツンツツン
悪党の権化があらわれた
それはだ~れ?それは秘密、ひみつ、ひみつ
陰湿の汚沢ちゃん♪

西松建設偽装献金事件、小沢氏秘書の初公判
時事 13:30
 西松建設の偽装献金事件で、政治資金規正法違反罪に問われた小沢一郎民主党幹事長の公設第1秘書大久保隆規被告(48)の初公判が18日、東京地裁で開かれる。被告側は無罪を主張し、全面的に争う方針。検察側は、大久保被告が東北地方の公共工事で「天の声」を出して受注業者を決める一方、違法献金にも積極的に関与したと主張するとみられる。起訴状によると、大久保被告は2003~06年、小沢氏の資金管理団体「陸山会」などが同社から受けた計3500万円の献金を、ダミー団体からの寄付と偽って政治資金収支報告書に記入したなどとされる。

大久保被告、起訴事実を否認…西松献金事件
初公判のため東京地裁に入る大久保被告
 準大手ゼネコン「西松建設」から小沢一郎・民主党幹事長側への違法献金事件で、政治資金規正法違反に問われた小沢氏の公設第1秘書・大久保隆規被告(48)の初公判が18日午後、東京地裁で始まった。
 大久保被告は罪状認否で、「西松建設からの寄付とは思っていなかった」と述べて、起訴事実を否認した。
 起訴状によると、大久保被告は陸山会の会計責任者だった2003~06年、陸山会などが新政治問題研究会と未来産業研究会から受けた計3500万円の献金について、2団体が西松建設のダミー団体と知りながら、2団体から寄付を受けたと政治資金収支報告書に虚偽を記入したとしている。
(2009年12月18日13時52分 読売新聞)

西松事件、二階氏秘書に罰金100万円略式命令
 準大手ゼネコン「西松建設」が、二階俊博前経済産業相の自民党支部に個人献金を装って計900万円を提供していた事件で、東京地検特捜部は9日、二階氏の長田武敏・政策秘書(63)を、政治資金規正法違反(政治資金収支報告書の虚偽記入、他人名義の献金受領)で、東京簡裁に略式起訴した。
 同簡裁は罰金100万円の略式命令を出し、長田秘書は即日、納付した。西松建設の政治献金を巡る一連の捜査は事実上終結した。
 起訴状では、長田秘書は、二階氏が代表を務める自民党和歌山県第3選挙区支部が2006~08年、西松建設から、社員ら60人の名義で受けた年間計300万円の献金を、寄付者を記載しなくていい年間5万円以下の個人献金と偽って政治資金収支報告書に記入したとしている。特捜部は同社の国沢幹雄元社長(70)を不起訴(起訴猶予)、同支部の会計責任者も不起訴(嫌疑不十分)とした。
 発表などによると、西松建設は1999年以降、二階氏の関連政治団体「関西新風会」に大阪市内の事務所を提供。年間家賃約280万円を補填
ほてん
する目的で、政党支部への資金提供が始まった。補填は途中で中断したが、西松幹部と長田秘書が協議し、06年から再開された。
(2009年12月10日01時18分 読売新聞)

予算、税制も「小沢支配」=政府、党の要望無視できず
時事 (2009/12/16-20:37)
 民主党の小沢一郎幹事長が16日、鳩山由紀夫首相に2010年度予算と税制に関する重点要望を提出した。党本部に寄せられた陳情を受け、小沢氏が最終判断してまとめた要望で、政府側もこれを無視できない格好。鳩山政権は「政策決定の内閣一元化」を掲げ、党は政策決定に関与しないのが建前だが、政策面でも小沢氏が影響力を示し、鳩山政権の「小沢支配」が一層浮き彫りになった。
 「党として陳情を聞き、それを政府に伝える仕組みをなんだかんだ言う人もいるが、可能な限り政府で反映していただきたい」。小沢氏は首相官邸で要望を提出した際、こう強調した。さらに「本当に政治主導か疑問だ。政府高官は研さんを積んで自ら決断し、実行してほしい。そうでないと民主党政権への国民の期待はしぼんでしまうことになりかねない」と閣僚らに苦言を呈した。

政治主導は「政府の私物化」=自民が政権批判の見解
 自民党の「政治主導の在り方検証・検討プロジェクトチーム」は16日、鳩山政権が掲げる政治主導は「政府の私物化」などと批判する見解を発表した。
 見解は、(1)国会改革(2)陳情改革(3)事業仕分け-を対象に取り上げた。小沢一郎民主党幹事長が主導する官僚答弁の制限を柱とする同党の国会改革案について、「『官僚隠し』によって国会の行政監視機能の弱体化を図り、国会無視の内閣・官僚独裁体制を採る意図があるのではないか」と指摘。政府への陳情窓口を民主党本部に一本化する対応に関しては「政府を私物化し、国政を専横しようとするもの」と非難した。
 政府の行政刷新会議が行った2010年度予算編成に向けた事業仕分けについても、「ほとんどが財務省の振り付けによる官僚主導、自作自演のパフォーマンスだった」と酷評している。 (時事 2009/12/16-19:11)

すべての日本人に告ぐ?!(民主党の正体)
民主党議員は在日が多い。本質は旧社会党である。戦争に善悪はない。理屈じゃない。戦わなければやられたのだ。日本人なら罪を憎んで人を憎まず、済んだことは水に流す。なぜいつまでも一方的な被害者意識にこだわれるのだろう。「天皇軽視」「東アジア共同体」「外国人地方参政権」「夫婦別姓」などという国家解体の恐れがある法案の数々。世界のどの国でも外国人参政権を認めていない。左翼や在日団体ならではの論理的でなく詭弁で事実をねじ曲げる論法でお分かりだろう。
このような無理難癖をつけて事実をねじ曲げる思考は大陸系であり日本人には恥の文化として忌み嫌うものである。

亡国のイージス

【緊急告知】12.21 天皇陛下の政治利用に反対する抗議行動[桜H21/12/17]
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください