鳩山恐慌とメディアの責任力


【鳩山偽装献金】広告宣伝費によるメディアコントロール[桜H21/12/10]
意識的に戦後史観を貫いている伏魔殿NHKはともかくとして、民放はなぜ自民ネガティブ批判と民主党応援を行い、鳩山民主党政権に甘いのか?
しかし、ここにきてさすがにテレ朝・TBSでさえも厳しい批判を言い出している。
実は報道とはいいつつ、民放は広告宣伝費で成り立っており、スポンサーという単純なもので民主党批判をしないようにしてきた。新聞でも記事にされその広告主がスポンサーを降りた話は良く聞く。
広告収入が減っているのは鳩山不況などと生やさしいものではなく鳩山恐慌だという人もいるほど人々は不安を抱いている。そのもとは対応が遅い政治であり、デフレスパイラルに陥っているのは、分かり切っているのにである。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

1 Comment

  1. 風林火山
    2009年12月12日

    民主党のメディア支配

    チャンネル桜で、12月10日付け、産経新聞の記事、実母からの提供資金、
    「首相贈与認める意向」に関するニュース解説動画がある。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top