祝 羽田・台湾定期路線正式合意

/ 11月 24, 2009/ トピックス/ 1 comments

羽田-台北松山 年内に正式合意 定期便就航
産経IZA 2009/11/24 08:26
 【台北=坂本一之】羽田空港と台北市内の松山空港との間で具体化が検討されている定期便就航に関し、来年10月の羽田第4滑走路の供用開始に合わせた路線開設などで、日本と台湾が12月に正式合意することが23日、明らかになった。
 交渉筋によると、日本側からは日本航空と全日本空輸、台湾側はエバー航空と中華航空の計4社がそれぞれ1日1往復ずつ運航する方向で最終調整。当初、台湾側からは第4滑走路の供用開始前に就航するよう求める声もあったが、現在の羽田の国際線ターミナルでは利用者数の増加に対応できないため見送られた。
 台湾の松山空港は台北市中心部に近く、ビジネスや観光面での利便性が向上する。羽田にとっては、韓国や中国などの路線に台湾が加わることで、東アジア路線が拡充。前原誠司国土交通相が掲げる羽田の国際拠点(ハブ)空港化構想にも沿うことになる。

 羽田第4滑走路の海外路線開設第一号に台湾市内の松山空港との定期便就航が合意され、東アジアとの国際拠点として友好的でビジネス面でも最も親しい台湾がまず決まったことはめでたい。
 台北松山空港は羽田、台湾桃園国際空港と成田は似た関係で、国内線専用空港で2008年 中国大陸との間に国際定期チャーター便が就航したが、チャーター便以外の羽田との定期便就航は30年ぶり。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく。

Share this Post

1 Comment

  1. 孤軍奮闘! 前原国交大臣

    [前原誠司] ブログ村キーワード  あまり話題にはなっていないようですが、ハブ港

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください