お(ば)かだ外相サンプロ出演

/ 11月 8, 2009/ オピニオン/ 0 comments

事件は現場で動いているんだ!

辺野古移転は野党だったので13年間の経緯をきちんと検証する。
同じ発言をくり返して進まない。
メディア報道が日米関係を混乱させていると批判する。日本人がわからないのに米国がわかるはずない。自分らがばらばらだから混乱しているのだ。

学級会レベルの鳩山内閣

テレ朝「報道ステーション」である解説者が、さまざまな意見がオープンになっているのは自民党時代にはなかったから過程が分かっていいことだと述べていた。さすが朝日だと思うが、閣僚がまとめてから発言しないと混乱を深めるのではないか。
中学校の生徒会ではないのだから。いや、中学校の執行部でも全校生徒にばらばらな意見を言っていたら混乱するからしないだろう。まとまらないなら最後は先生が収拾を図る。もっと忙しいし日程が決まっているから。

国のために辞任か更迭させろ

KGBか?特高か?だれが外相にそんな検証レポートを求めているのだ?
外相はトップにたってまとめなければならない立場だ。
閣僚を辞任してからゆっくりやって本でも出せばいいではないか。
ゆっくり精神鑑定してもらって静養した方がいいのではないか?
いやフランケンシュタインは人造人間だから、燃料が足りないのかも知れない。
大臣やリーダーの器ではない。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ

↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください