外国人参政権断固阻止

/ 11月 6, 2009/ オピニオン/ 0 comments

民主が議員立法で外国人参政権付与法案を提出へ 臨時国会で
産経 2009.11.6 11:57
 民主党の山岡賢次国対委員長は6日午前、自民党の川崎次郎国対委員長と国会内で会談し、今国会中に永住外国人への地方参政権付与法案を議員立法で提出する考えを伝えた。
 会談終了後、山岡氏は記者団に対し「今国会で(提出を)考えている。党内にもいろいろ意見があるが、場合によっては党議拘束なしというやり方もある」と述べた。また、山岡氏は臨時国会の会期について「今の状況では延長せざるを得ない」と述べた。11日に政府・民主党首脳会議を開催して国会対応を協議する方針だ。
 地方参政権付与については、鳩山由紀夫首相が5日の衆院予算委員会で「前向きに考えている」と述べていた。

 民主党が政権をとったことで、何よりも危険な部分だ。先日チャンネル桜の渡部昇一先生が百地先生をゲストの番組、
外国人地方参政権法案無効の兆し
http://koujiyama.at.webry.info/200911/article_1.html
で、
地方にしろ国民である以上参政権付与は国家主権に関わる憲法違反に当たるということ、民主党が衆議院選挙で始めて民団から選挙の応援を得たことも憲法違反に当たることを改めて主張されていたが、昨日の予算委員会で稲田朋美委員がこの問題に質問していた。特定地域に外国人が集中して永住する地域では、地方参政権付与によって地方自治に影響する懸念がある。これは差別とか道義的な問題ではなく、国家主権を守る法治国家として根本的な権限を与えることになる大きな問題だ。参政権は国民に与えられる権利であると同時に納税とともに国家を守る義務が課せられる。国籍が日本ではない永住外国人に政治的権利は与えられない。これが重要であり、地方だからといってあいまいにはできないのだ。
世界的にみても国民ではない永住外国人に参政権は付与していない。にも関わらず、なぜこれを通そうと拘るのだろう。
憲法違反であることだ。国民の意識が乏しいのではないか。

1/2【稲田朋美】衆議院予算委員会・外国人地方参政権を質す[桜H21/11/9]

人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ

↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください