ドイツに学べ

 勤勉な国民性と資源に乏しゆえに技術大国となったドイツは、日本とよく似た国柄だ。三国同盟でともに列強と戦ったし。イタリアとともにワインや文化が好きな国である。大日本国憲法もドイツ憲法を模範として生まれた。
 ドイツは、総選挙の結果、4年間続いた大連立政権に終止符が打たれ11年ぶりに中道右派(保守)連立政権が樹立された。
 メルケル首相率いる保守政党のキリスト教民主・社会同盟は、躍進した野党の自由民主党と合わせた議席数で過半数を制した。メルケル首相は続投し、大連立の一翼を担った中道左派の社会民主党は下野する。
 政権交代。目的の民主党の中道左派の連立政権が1か月前に誕生したばかりの日本とはまったく逆の流れとなった。
 女性は強い。柔な議員ばかりの自民党のなかで、やっぱり野田聖子氏や稲田朋美氏のようなしっかりとした保守の女性が自民党の総裁選に立候補していればもっと支持や関心は高まっただろうと思う。まったくもってダサイ男ばかりの自民党は、賞味期限が切れている。
 イギリスでは郵便制度も民営化を見直してから、4年も前にブレア首相が日本が民営化することを皮肉っているにも関わらず始めてしまったし。民主党は、イギリス議会で政府主導政治の弊害が言われているのを、今頃になって真似して始めた。米国はオバマが国民医療保険制度を提案しているし高速道路有料化も提案している。
 発想してから実行するのが5、6年遅いのだ。一回りすれば気が付くだろう。日本の保険制度やシステムはやっぱり欧米よりも優れていたことが。
歴史の両側(1) 『東京裁判』 学校で教えてくれなかった近現代(55)
http://koujiyama.at.webry.info/200908/article_186.html
【自社リンク】ドイツワイン蔵元めぐり
http://sakezo.web.fc2.com/tour/germany/top.html
にほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

3 Comments

  1. mb06081945
    2009年9月29日

    初めまして、トラックバックどうもありがとうございました。そう言えばメルケル首相はお子さんも6人育て上げたスーパーレディーでしたね。
    稲田議員には今の時期に『捨て石』になられるよりは、もう少しして閣僚、出来れば首相として活躍して欲しいです(でもそれにはまず自民党が復活しないと駄目ですね)。

    返信
  2. 望郷潭
    2009年9月30日

    郵政民営化~アイルランド人の意見

    「郵政民営化~? アホか 」
    これは日本の小泉郵政改革の郵政民営化への主人の反応でした。
    アイルランドでは、郵政を始め、鉄道・バス、航空等は全て公的/準公的組織です。そして、これは医療等と並んで、基本的には国が提供するべきである/公共サービスであるべきだと言う頭があるのですね(しかし電電公社と電気会社は民営化/自由化されたけれど)。
    ついこの間、中道右派政権が勝利を収めたばかりの ドイツ在住の方 が、「ドイツは民主主義~社会民主主義で自由主義ではない」と書いていらっしゃいました。アイルランドは、その…

    返信
  3. koujiyama
    2009年9月30日

    コメントありがとうございます。
    堕落した自民党がとくに好きではなりませんが、民主党、とくに鳩山がどうして首相なのかわかりません。なんとか早く国民が目を覚ましてほしいです。
    ではまた。アイルランドからありがとうございました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top