オールスターゲーム

/ 9月 21, 2009/ オピニオン/ 0 comments

プロ野球オールスターゲームは夏の球宴。
大リーグは1試合のみであり、だから貴重な夢のビッグイベントとしての価値がある。
日本でもいっとき数試合も行われたが間延びし、スポンサーの運営上も都合から2試合になった。
たしかにスター選手が一堂にセパに分かれて楽しめるのは貴重だ。しかし、それはあくまでも余興である。チーム試合の面白さとは無縁なものだ。
政府がオールスターで政策がまとまるだろうか。紅白歌合戦やオールスターが毎日続くなら濃すぎて食傷気味だ。船に船長はひとりでいい。七福神の宝船では船は進まない。
にほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください