「流氷の天使」クリオネ、なぜか但馬で大量捕獲

朝日2009年7月1日7時40分

兵庫県豊岡市瀬戸の城崎マリンワールド近くの日本海で、殻を持たない貝、クリオネ(ハダカカメガイ)の仲間たちが大量に捕獲されている。同ワールドでは初めての捕獲で、担当の飼育員は「なぜ捕獲が続くのかは謎。『但馬のクリオネ』としてなんとか育てたい」と話している。

ここ2年ほど佐津海水浴場(兵庫県香美町)でクリオネの死骸が何度かあがっています。
展示中の城崎マリンワールドでは、飼育例もほとんどなく、様々なことがなぞに包まれたままの大変珍しい生きものです。ぜひお早めにご覧下さい!とのことです。

http://marineworld.hiyoriyama.co.jp/modules/wordpress/index.php?p=398

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る