夕張夫妻がグランプリを獲得


<IMG SRC=”
http://ca.c.yimg.jp/news/20090623211409/img.news.yahoo.co.jp/images/20090623/maip/20090623-00000022-maip-soci-thum-000.jpg” border=”0>
夕張市の観光会社「夕張リゾート」のまちおこしキャラクター「負債を抱えた夕張夫妻」がが、世界で最も権威があるとされる広告コンクール「カンヌ国際広告祭」のプロモーション部門でグランプリを獲得したそうです。
藤倉肇市長も宣伝に協力してきた。しかし、「夕張父さん(倒産)」と「まっ母(真っ赤)さん」がメロン帽をかぶり、継ぎはぎのある服を着て「金はないけど愛はある」と訴えるポスターには「自虐的」という批判もあり、市民の評判はいま一つだった。
2007年からあったんですね。
オフィシャルサイト
過去の日本の受賞作品はそうそうたる企業ばかりです。
最優秀賞とは快挙ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top