世襲問題などを政争の道具にするなかれ

 民主党の鳩山由紀夫代表。あなたこそ祖父である鳩山一郎の威光が大きい。裸一貫で無名で立候補していたら当選できただろうか?世襲そのものではないですか!民主党代表が世襲反対を唱えても説得力はありませんよ。
まず自ら座を辞して、違う選挙区から出直してからいってください。

世襲議員が多すぎて、他の優れた人材が出馬しにくいなら問題ではあるでしょうが。

二代目だろうと三代目だろうと、親の仕事を継ぎたいと思うなら誰も文句は言えないと思うし、世襲がダメなら歌舞伎や伝統技術は失われる。継ぐ継がないは、個人の職業選択の自由である。
問題なのはそれからの個人の資質と努力でしょう。一世だろうが二世だろうが、誰もが認める人なら誰も文句は言いません。

首相や財務相のだみ声を聞くと嫌悪感をいだくのは私だけ?

少なくとも基本的に(麻生さんが口癖の)、国の旗振り役にはもっと国民が元気になれる明るい声でメッセージが伝わる人を首相にすべきだと思いますが。

「インフルエンザに注意しましょう」というもったいない費用の広報よりも、「みなさん、大変だけどがんばりましょう!力を貸してください!」とキムタク総理が毎朝画面で呼びかける方が景気回復効果はよっぽど期待大であると思うのだか・・・
(自分の置かれた立場や役割を分かっていると思うから)。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る