/ 4月 29, 2009/ トピックス/ 0 comments

神戸新聞(09/04/29)

県立コウノトリの郷公園は二十八日、豊岡市野上で電柱の上に営巣している放鳥コウノトリのペアの卵から、新たに一羽のひながふ化しているのを確認した、と発表した。この巣では二十三日に二羽のひなが先にふ化しており、ふ化間近とみられる「はしうち」の穴がある卵一個が確認されていた。
確認作業はこの日午前中に行われたが、三羽目のふ化は二羽がふ化した直後だったとみられる。現在、豊岡市内の人工巣塔などで巣立ちを待つ放鳥二世は、百合地、戸島と野上を合わせて計七羽となった。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく。

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください