kojiyama/ 4月 25, 2009/ トピックス/ 0 comments

神戸新聞(09/04/25)

ふ化したひな

県立コウノトリの郷(さと)公園は二十三日、豊岡市野上のコウノトリ保護増殖センター前にある電柱上の巣で、産卵していた放鳥コウノトリのペアが、ひな二羽をふ化させたことを確認した。さらに巣内には、ひなが内側からつついて殻を割る「はしうち」とみられる穴がある卵一個もあった。

このペアは昨年、電柱近くの同センター内の屋根で繁殖し、一羽を巣立たせた。今シーズンの放鳥二世の誕生は、同市百合地、同市城崎町戸島に続いて三カ所目となる。

この「電柱巣塔」は三月中旬、度重なる撤去にもかかわらず巣材を運び続けるペアのために、特別に従来の電柱に柱を付け足して作った“特注品”。ひなは順調に成長すれば、六月下旬から七月上旬にも巣立ちする見込み。   (大山伸一郎)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく。

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください