「流氷の天使」クリオネ、なぜか但馬で大量捕獲

朝日2009年7月1日7時40分

兵庫県豊岡市瀬戸の城崎マリンワールド近くの日本海で、殻を持たない貝、クリオネ(ハダカカメガイ)の仲間たちが大量に捕獲されている。同ワールドでは初めての捕獲で、担当の飼育員は「なぜ捕獲が続くのかは謎。『但馬のクリオネ』としてなんとか育てたい」と話している。

ここ2年ほど佐津海水浴場(兵庫県香美町)でクリオネの死骸が何度かあがっています。
展示中の城崎マリンワールドでは、飼育例もほとんどなく、様々なことがなぞに包まれたままの大変珍しい生きものです。ぜひお早めにご覧下さい!とのことです。

http://marineworld.hiyoriyama.co.jp/modules/wordpress/index.php?p=398

「但馬三江駅」の駅名に「コウノトリの郷」

画像北近畿タンゴ鉄道の但馬三江駅。地域住民や観光客の交流拠点として改修する=豊岡市日撫

1930(昭和5)年に建築された北近畿タンゴ鉄道(KTR)の但馬三江駅(愛称・コウノトリの郷駅、豊岡市日撫)が本年度、改修される。第三セクターのKTRに出資している豊岡市が600万円を投入。今は使われていない駅事務所などを、ギャラリーや交流拠点として活用。木造駅舎の素朴な味わいを残しながら再生させる。同駅の本格的な改修は今回が初めてという。

但馬三江駅は、同鉄道宮津線沿線に唯一残る旧国鉄時代の駅舎。延べ床面積約67平方メートルで、駅事務所のほか、駅員の休憩室などを備える。しかし乗降客が利用する通路周辺以外は使われておらず、建物は老朽化が進み、雨漏りもひどいという。

コウノトリの郷公園の最寄り駅としてPRし、観光客らの鉄道利用を促そうと、KTRは同駅の愛称を「コウノトリの郷駅」とし、これに合わせて、豊岡市も5月初旬に駅舎前に記念モニュメントを建てるなど、駅整備に力を入れている。

今回の駅舎改修は、さらに魅力のある駅にと同市が計画。市民や観光客の交流拠点を整備する。補正予算に駅舎改修費600万円を盛り込んだ。
現在、同駅には早朝から夜11時台まで普通列車上下線計28本が発着するが、乗降客は1日平均5、6人程度。KTRも観光客の利用を促すため、自転車の貸し出しなどを検討している。

1941年ごろ、同駅に勤務した旧国鉄OBの男性(83)=豊岡市桜町=は「月に2回ほど、自転車で郷公園にコウノトリを見に行った帰り、ついつい但馬三江駅に寄ってしまう。懐かしい駅舎が、きれいになるのはうれしい」と喜んでいた。(宮下裕史)
神戸新聞(6/27 09:00)

「但馬三江駅」の駅名に「コウノトリの郷」
産経IZA 2009/05/09 17:46

北近畿タンゴ鉄道(京都府福知山市)は、宮津線の「但馬三江駅」(兵庫県豊岡市)の駅名に、10日から「コウノトリの郷」の愛称をつける。

駅近くにある県立コウノトリの郷公園には、年間40万人以上の観光客が訪れるが、同駅の年間の乗降客は約900人で、認知度はさっぱり。

公園の最寄り駅であることに注目し、“幸せを運ぶ”鳥にあやかった愛称で、利用客アップを目指す。10日正午から愛称表示板のお披露目などがある。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく。

巣立ち前、ひなに足輪 豊岡の放鳥コウノトリ/豊岡市百合地

神戸新聞(09/04/25)


巣の下にネットを張り、行われた作業。ひなを守ろうと親鳥が周囲を飛び回った=豊岡市百合地

国の天然記念物コウノトリの野生復帰に取り組む県立コウノトリの郷(さと)公園(豊岡市)は二十四日、同市百合地の人工巣塔で、放鳥したつがいから生まれ巣立ちの近いひな一羽に、識別用の足輪を装着した。巣立ち後の位置確認などに役立てる。
これまでは、巣立ち後の幼鳥を大きな囲いに追い込むなどして捕まえ、装着していた。しかし、昨年、豊岡市内で巣立った八羽のうち、足輪を付けることができたのは六羽で、すべての幼鳥に装着するのは難しい。残る二羽のうち、交通事故で死んだ一羽を除くもう一羽は、いまだに足輪のない状態。

そこで、巣立ち前に足輪を付けることにした。

二年前に自然界での繁殖が成功して以来、巣立ち前のコウノトリに人が近づくのは今回が初めて。この日は、ひなが転落した場合に備えて巣の下にネットを張り、高所作業車に乗り込んだ研究員らが巣に接近。幼鳥に足輪を付けた。また、性別判定のため羽を採取し、布に包んで体重も測った。作業は約三十分で終わったが、その間、親鳥が周囲を飛び回り、くちばしを打ち鳴らして威嚇するなど「親子愛」を見せつけていた。

大迫義人主任研究員は「今後は放鳥二世のすべてに同じ方法を採用したい」と話している。(大山伸一郎)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく。

コウノトリペア、電柱で営巣 ひな2羽がふ化/豊岡市野上

神戸新聞(09/04/25)

ふ化したひな

県立コウノトリの郷(さと)公園は二十三日、豊岡市野上のコウノトリ保護増殖センター前にある電柱上の巣で、産卵していた放鳥コウノトリのペアが、ひな二羽をふ化させたことを確認した。さらに巣内には、ひなが内側からつついて殻を割る「はしうち」とみられる穴がある卵一個もあった。

このペアは昨年、電柱近くの同センター内の屋根で繁殖し、一羽を巣立たせた。今シーズンの放鳥二世の誕生は、同市百合地、同市城崎町戸島に続いて三カ所目となる。

この「電柱巣塔」は三月中旬、度重なる撤去にもかかわらず巣材を運び続けるペアのために、特別に従来の電柱に柱を付け足して作った“特注品”。ひなは順調に成長すれば、六月下旬から七月上旬にも巣立ちする見込み。   (大山伸一郎)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく。

【たじまる】 森尾古墳

  
豊岡市森尾字市尾

この古墳は、1墳丘3石室となっており、埋葬施設は3基の竪穴式石室。早く大正年間の工事中に発見されて以来、地元研究者や大学の研究者が何回となく取りあげていました。その時すでにいくつかの遺物が発掘されています。そして但馬地方が考古学的に論及されるのは、ほとんどこの森尾古墳だけであったのが最近までの状況でした。

昭和51年8月~平成6年3月30日に行われた「森尾古墳確認調査概要報告」(豊岡市教育委員会)によると、

古墳の構成や出土遺品などを考慮すると、この古墳自体が新旧で使われていたものであろうと考えられています。~森尾古墳を但馬最古の古墳と位置づけ、県下でも最古の一群に入れられるものとして考えられてきました。

ところが、近年森浩一氏が消滅したとされる森尾古墳の墳形について、ひとつの可能性として長方形説を打ち出し基底部が残存しているのではないかとの指摘もあわせて行ない、さらに本村豪章氏も「前期古墳の諸様相」を著して森尾古墳の再検討をも行ない、今後の発掘調査等によらなくてはならないとしながらも、大胆に方墳あるいは前方後方墳の可能性を指摘していました。

発掘された青銅鏡は、「三角緑神獣鏡」で卑弥呼の鏡ともいわれる。一面には中国の年号である「正始元年」で始まる文字が刻まれている。また、同時に見つかった鏡の一つが1世紀に中国でつくられた近畿で最古級の「方格規矩四神鏡」であることがわかった。「方格規矩四神鏡」は、約二千年前の紀元前後に中国でつくられた北近畿で最古の鏡で、山口県竹島古墳で出土した「正始元年銘三角縁階段式神獣鏡」や蟹沢古墳(群馬県高崎市)と同笵鏡(同じ鋳型からできた鏡)であり、正始元年は邪馬台国の女王卑弥呼が魏に使いを出し、魏王から銅鏡100枚を贈られた翌年にあたり、出土した鏡はこうした「魏志倭人伝」に記されていることと深くかかわっていると考えられています。それらが遠い距離を隔てて別の地点で出土していることから、ある政治的な意志で1か所から配布されたのではないかとも説明されています。

しかし、従来は三角縁神獣鏡=魏の鏡=卑弥呼の鏡というのが定説で、邪馬台国畿内大和説の有力な根拠とされてきました。しかし中国本土では1枚も出土していないことや、魏の元号が改正されて存在しなかった「景初四年」銘の鏡が見つかったことから、最近ではこの三角縁神獣鏡は日本製との見方が強まっています。

森尾古墳に近い神美台工業団地造成時に墳墓が大量の見つかり、豊岡市埋蔵文化センターが建てられ保存されています。土曜日で閉まっていました(土日は休館日とのことです)。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

【たじまる】 豊岡県庁門


久美浜縣庁門を豊岡縣庁に移しました。(豊岡市図書館)

1868年(慶応4年)に久美浜縣(くみはまけん)が誕生。丹後、丹波、但馬、播磨、美作5ヶ国の久美浜代官所、生野代官所支配地および但馬、丹波の旗本領の926ヶ村23万石を管轄する広大な縣でした。
久美浜は天領(幕府直轄領)だったので、縣名云々よりもとにかく旧藩(旧勢力)の解体を急いだのです。その処置は全国的に行われました。
しかし、久美浜縣は、その範囲があまりにも広く、生野代官所支配地を中心に分離運動が高まり、1869年(明治2年)、但馬北部を豊岡縣、但馬南部と播磨、美作3ヶ国を生野縣として分離しました。また、南東部の一部を篠山藩へ移管しました。
1868年(慶応4年)に久美浜縣(くみはまけん)が誕生。丹後、丹波、但馬、播磨、美作5ヶ国の久美浜代官所、生野代官所支配地および但馬、丹波の旗本領の926ヶ村23万石を管轄する広大な縣でした。

1869年(明治2年)8月10日、但馬、播磨、美作を生野縣として分離、但馬南部の一部を篠山藩へ移管。
1871年(明治4年)11月2日、久美浜縣は舞鶴縣や篠山縣など11縣16郡を豊岡縣に統合され消滅。
それは、久美浜は北端に位置するため、播磨、美作などから遠すぎたためです。
但馬
生野縣/出石縣(3万石)/豊岡縣(1.5万石)/村岡縣(1.1万石)
丹後
宮津縣(7万石)/舞鶴縣(3.5万石)/峰山縣(1.1万石)/久美浜縣
丹波
篠山縣(6万石)/福知山縣(3.2万石)/柏原縣(2万石)
1869年(明治2年)8月10日、但馬、播磨、美作を生野縣として分離
1871年(明治4年)7月14日:生野縣のうち、但馬が豊岡縣、播磨、美作が姫路縣が設置。
1871年(明治4年)11月15日、美作が北条縣として発足。生野縣廃止。
1871年(明治4年)11月22日:舞鶴縣や篠山縣など11縣16郡を豊岡縣に統合。
1876年(明治9年)8月21日:豊岡縣廃止。但馬・氷上郡・多紀郡は兵庫縣へ編入。また丹後と天田郡は京都府へ編入。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

森尾古墳 (兵庫県豊岡市森尾)

県道から森尾地区を望む

豊岡市森尾字市尾

この古墳の発見は、但馬地方でもっとも早く大正年間の工事中に発見されて以来、地元研究者や大学の研究者が何回となく取りあげていました。その時すでにいくつかの遺物が発掘されています。そして但馬地方が考古学的に論及されるのは、ほとんどこの森尾古墳だけであったのが最近までの状況でした。1墳丘3石室となっており、埋葬施設は3基の竪穴式石室です。

また、昭和51年8月~平成6年3月30日に行われた「森尾古墳確認調査概要報告」(豊岡市教育委員会)で、古墳の構成や出土遺品などを考慮すると、この古墳自体が新旧で使われていたものであろうと考えられています。~森尾古墳を但馬最古の古墳と位置づけ、県下でも最古の一群に入れられるものとして考えられてきました。

ところが、近年森浩一氏が消滅したとされる森尾古墳の墳形について、ひとつの可能性として長方形説を打ち出し基底部が残存しているのではないかとの指摘もあわせて行ない、さらに本村豪章氏も「前期古墳の諸様相」を著して森尾古墳の再検討をも行ない、今後の発掘調査等によらなくてはならないとしながらも、大胆に方墳あるいは前方後方墳の可能性を指摘していました。

三角縁神獣鏡の謎

sankakubutienjukyo1
画像:「三角縁神獣鏡」雲南市 神原神社古墳-島根県立古代出雲歴史博物館蔵

※画像:島根県立古代出雲歴史博物館は見学いたしましたが、館内撮影禁止のため、古代出雲歴史博物館HPからお借りしています。

森尾古墳が全国的に有名になったのは、発掘された二面の青銅鏡で、「三角緑神獣鏡」で卑弥呼の鏡ともいわれており、北近畿で最古の鏡であることが分かり、北部九州並みの大陸との関係が指摘されました。

神獣鏡(しんじゅうきょう)とは、古鏡の銅鏡の区分のひとつで神仙界の理想郷を図文化した鏡。鏡の裏の文様が神像と獣像とを半肉彫にしたものを主として組み合わせた文様を持つものがこう呼ばれています。鏡の縁の断面が、平たくなっている平縁(ひらぶち、へいえん)式と、三角形になっている三角縁式(さんかくぶち、さんかくえん)とに大別され、特に三角縁式のものは、魏の明帝が邪馬台国の女王卑弥呼に下賜した銅鏡にあたると言う説があることで知られています。

三角縁神獣鏡の銘文中に紀年が記された銅鏡は四面あります。

島根県雲南市加茂町大字神原・神原神社古墳出土の「景初三年」鏡
群馬県高崎市柴崎町蟹沢・蟹沢古墳
兵庫県豊岡市森尾字市尾・森尾古墳
山口県周南市(旧新南陽市)竹島御家老屋敷古墳

神原神社古墳出土の「景初三年」鏡以外の三古墳から出土したものは同型の「正始元年」鏡です。これらの鏡四面は、すべて文様の神像と獣形像が同じ方向に並ぶ同向式。

また、同時に見つかった鏡の一つが1世紀に中国でつくられた近畿で最古級の「方格規矩四神鏡(ほうかくきくししんきょう)」と同じであることがわかりました。

もう一面は、1917年に出土した「方格規矩四神鏡」は、約二千年前の紀元前後、中国の年号である「正始元年」で始まる文字が刻まれています。

森尾古墳の三角緑神獣鏡は、北近畿最古の鏡で、山口県竹島御家老屋敷古墳で出土した「正始元年銘三角縁階段式神獣鏡」や蟹沢古墳(群馬県高崎市)と同笵鏡(同じ鋳型からできた鏡)であり、正始元年(240)は邪馬台国の女王卑弥呼が魏に使いを出し、魏王から銅鏡100枚を贈られた翌年にあたり、出土した鏡はこうした「魏志倭人伝」に記されていることと深くかかわっていると考えられています。それらが遠い距離を隔てて別の地点で出土していることから、ある政治的な意志で1か所から配布されたのではないかとも説明されています。

従来、三角縁神獣鏡=魏の鏡=卑弥呼の鏡というのが定説で、銘文に「景初三年(239)」「正始元年(240)」などの魏の年号や「陳氏」「張氏」「王氏」など中国人の作者名があり、図像文様からみても明らかに中国鏡の特徴を持っています。このため、三角縁神獣鏡は3世紀中葉の魏で作られ、卑弥呼に贈られた「銅鏡百枚」にあたると考えられ邪馬台国畿内大和説の有力な根拠とされてきました。

しかし、三角縁神獣鏡は中国本土ではいまだ1枚も出土していないことや、魏の元号が改元されて存在しなかった「景初四年」銘の鏡が見つかったことから、最近ではこの三角縁神獣鏡は日本製との見方が強まっています。しかも、これまで中国で出土した神獣鏡は、魏が支配した北中国に少なく、呉の領域とした南中国に多いことから、三角縁神獣鏡は神獣鏡をつくる伝統のない魏の製作ではなく、呉の鏡工人が日本に渡来して製作した説を、中国考古学者の王仲殊は唱えたのです。

しかし、卑弥呼が魏に使いを送った景初三年(239)に画文帯神獣鏡をモデルとして三角縁神獣鏡がつくりだされたことは確かであり、「銅鏡百枚」のなかにそれが含まれていたであろうことも容易に推測できます。

三角緑神獣鏡は倭王権の誕生を示すものなのか

したがって、卑弥呼が若い頃に入手した画文帯神獣鏡は、近隣の首長に分配しただけですが、晩年に入手した三角縁神獣鏡は、分配域が九州から関東まで大きく拡大しました。それは邪馬台国を盟主とした倭王権の誕生を意味するものでしょう。

1953年、鉄道工事中に京都府椿井大塚山古墳で32面以上の三角縁神獣鏡が出土しました。調査に関係した小林行雄氏は、4組9面の同笵(どうはん)鏡があることを見つけ、もし鏡は一枚ずつバラバラの状態で入手されたのなら、偶然が重ならない限り起こりえないから、それがセットにまとまった状態でもたらされたと考えました。そして、日本全国の三角縁神獣鏡に42個の同笵(どうはん)鏡であることを確かめ、それが九州から関東まで広がっていること、椿井大塚山古墳を中心に畿内と地方の間で分有され、地方だけの分有関係はほとんどないことを明らかにしました。そこから、三角縁神獣鏡は畿内の倭王のもとに一括保管されたのち、椿井大塚山の首長が各地の首長にたいして分配したと考えました。さらに4つの違う形式ごとに分布の偏りがあることから、数回に分けて配布され、倭王権と地域首長との政治的関係が成り立つことによって各地に古墳が出現したと論じました。

1998年には奈良盆地東南部の黒塚古墳から33面の三角縁神獣鏡が出土しました。7組15面も同笵(どうはん)鏡がみつかり、九州から関東にわたる39古墳と同笵(どうはん)鏡を分有しています。倭の中枢部から多数の同笵(どうはん)鏡が出土したことにより、小林行雄氏の同笵(どうはん)鏡論は揺るぎないものとなりました。

しかし、椿井大塚山の首長が同笵(どうはん)鏡を配布したという考え方は、加茂岩倉から39個の銅鐸に15組26個の同笵(どうはん)関係が確かめられたように、出度数か多くなれば、それだけ同笵(どうはん)関係の中心になるのは当然で、椿井大塚山と黒塚の被葬者は、倭王から相当の数の銅鏡を下賜された有力者であったのでしょう。

神仙と霊獣の図像の外縁に「景初三年」を含む銘文41文字が鋳出されています。邪馬台国の卑弥呼が魏に使いを送り銅鏡100枚を賜ったとされる魏の年号「景初三年(239年)」という銘のある銅鏡は、大阪の和泉黄金塚古墳とともに全国でわずかに二例が知られるのみです。


但馬北部(円山川流域)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

大師山古墳 (豊岡市引野)


豊岡市引野

90墓近い円墳が造られています。2008年11月29日に訪ねました。


大師山は標高100mほどの細長い丘陵で、円山川と出石川に挟まれた豊岡平野が見渡せる見晴らしの良い場所で、すぐ近くに葦田神社があります。しかも気多神社や楯縫古墳と出石神社を結ぶ中間にあるのが意味深いです。

竪穴系横口式石室という特殊な石室の群は、半島南部の伽耶(かや)地方にみられ、引野がかつて加陽(カヤ)郷と呼ばれる地であったことと考えあわせて興味深い。
古墳時代に朝鮮半島から渡来した人たちが、ここに墓を造り、故国の基制をまねたと考えると想像がふくらんでいく。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

コウノトリ保護増殖センター


兵庫県豊岡市野上

初めて訪ねた「附属飼育施設 コウノトリ保護増殖センター」。  というのも、こないだ長浜を訪れた際にシャトルバスの運転手さんが「コウノトリは玄武洞の方ですね?!」と言っていたのはここの記憶ではないか思う。

但馬地域に生息したコウノトリを人工飼育により保護・増殖するために、昭和38年に計画され、昭和40年に「コウノトリ飼育場」として開設した施設。 平成3年には、「コウノトリ保護増殖センター」に改称。 平成11年4月1日から、兵庫県立コウノトリの郷公園(祥雲寺)が完成し、その附属飼育施設となった。飼育・繁殖ケージを、11基備えている。平成11年11月1日から公開はされていない。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

Scroll to top