「但馬三江駅」の駅名に「コウノトリの郷」

画像北近畿タンゴ鉄道の但馬三江駅。地域住民や観光客の交流拠点として改修する=豊岡市日撫
1930(昭和5)年に建築された北近畿タンゴ鉄道(KTR)の但馬三江駅(愛称・コウノトリの郷駅、豊岡市日撫)が本年度、改修される。第三セクターのKTRに出資している豊岡市が600万円を投入。今は使われていない駅事務所などを、ギャラリーや交流拠点として活用。木造駅舎の素朴な味わいを残しながら再生させる。同駅の本格的な改修は今回が初めてという。
但馬三江駅は、同鉄道宮津線沿線に唯一残る旧国鉄時代の駅舎。延べ床面積約67平方メートルで、駅事務所のほか、駅員の休憩室などを備える。しかし乗降客が利用する通路周辺以外は使われておらず、建物は老朽化が進み、雨漏りもひどいという。
コウノトリの郷公園の最寄り駅としてPRし、観光客らの鉄道利用を促そうと、KTRは同駅の愛称を「コウノトリの郷駅」とし、これに合わせて、豊岡市も5月初旬に駅舎前に記念モニュメントを建てるなど、駅整備に力を入れている。
今回の駅舎改修は、さらに魅力のある駅にと同市が計画。市民や観光客の交流拠点を整備する。補正予算に駅舎改修費600万円を盛り込んだ。
現在、同駅には早朝から夜11時台まで普通列車上下線計28本が発着するが、乗降客は1日平均5、6人程度。KTRも観光客の利用を促すため、自転車の貸し出しなどを検討している。
1941年ごろ、同駅に勤務した旧国鉄OBの男性(83)=豊岡市桜町=は「月に2回ほど、自転車で郷公園にコウノトリを見に行った帰り、ついつい但馬三江駅に寄ってしまう。懐かしい駅舎が、きれいになるのはうれしい」と喜んでいた。(宮下裕史)
神戸新聞(6/27 09:00)
「但馬三江駅」の駅名に「コウノトリの郷」
産経IZA 2009/05/09 17:46
北近畿タンゴ鉄道(京都府福知山市)は、宮津線の「但馬三江駅」(兵庫県豊岡市)の駅名に、10日から「コウノトリの郷」の愛称をつける。
駅近くにある県立コウノトリの郷公園には、年間40万人以上の観光客が訪れるが、同駅の年間の乗降客は約900人で、認知度はさっぱり。
公園の最寄り駅であることに注目し、“幸せを運ぶ”鳥にあやかった愛称で、利用客アップを目指す。10日正午から愛称表示板のお披露目などがある。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく。

【たじまる】 明治近代化遺産 余部橋梁(りょう)

特急はまかぜ(画像:JR西日本)
余部橋梁(りょう)は、兵庫県美方郡香美町香住区余部(あまるべ)、JR西日本山陰本線の鎧駅~餘部駅間にある鉄橋(単線鉄道橋)。一般に余部鉄橋と呼ばれています。地名は「余部」であり、当橋りょうの正式名称も「余部橋りょう」なのに対し、駅名が「餘部」のため、一般的に地元で使用される「余部」と、観光客や一部の鉄道ファンの間で使用される「餘部」が併用されています(同じ兵庫県内に姫新線の余部駅があるため、それと区別するためでもある)。

明治後年、京都鉄道が京都から福知山、そして阪鶴鉄道が福知山から舞鶴までの鉄道がつながると、舞鶴の軍港と鳥取の陸軍師団を結ぶ山陰鉄道敷設計画が持ち上がってきました。すでに開通した山陰西線と山陰東線は浜坂・香住間を残すのみとなりました。餘部(あまるべ)鉄橋(日本一の高さ)と桃観トンネル(山陰本線最長)などの難工事の末、山陰西線と東線が開通し、山陰本線が全通しました。

餘部橋梁は現在コンクリート橋に掛け替え工事中です。橋脚はほぼ姿を現しました。

 

コンクリート橋が完成した余部橋梁

兵庫県美方郡香住区余部


鉄骨の旧橋梁が一部保存で残されている

NHKドラマ人間模様「夢千代日記」最終回 オープニング
minhavozさんからお借りしています。
北近畿鉄道物語(自作)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく。

JR旧豊岡駅


北但大震災後の大正耐震建築物のひとつ
豊岡駅は、前は通るが、普段立ち寄ることはない。
今日はHP用の写真を撮るために立ち寄った。
JRになって、周辺の駅舎がどんどん新築されつつある中で、福知山管内の
主要駅で外観が昔のままなのは、無人駅を除けばここと八鹿駅くらいなものである。
駅内はコンビニができて待合室がなくなり狭くなった。
駅そばが好きだったのだけど今はもうなくなってしまったのかな?福知山駅の鬼そばも新装の際になくなってしまったし寂しい。

豊岡駅構内に停車中の特急はまかぜ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

ドクターWEST


(JR江原駅 2008.8./3 6:00頃撮影)

早朝6時10分頃、JR江原駅上りホームに、ラッキーなことに見かけない電車が入ってきた。この時間に電車があったかな?定期的に走っている事業用車らしい。保線の安全点検をしている車両だ。 調べてみた。 JR西日本キヤ141系気動車 最高速度 100km/h 最大寸法(長/幅/高) 21,750×2,951×4,050 (mm) 質量 89.2t(2両編成) 機関出力 450PS × 2 / 両 駆動方式 液体式 変速段 変速1段・直結4段台車形式 ブレーキ方式 機関ブレーキ併用電気指令式ブレーキ 保安装置 ATS-SW/ATS-P キヤ141系気動車(キヤ141けいきどうしゃ)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)の事業用気動車である。 2006年2月に2両編成2本4両が新潟トランシスで落成し、2007年現在2編成とも京都総合運転所に配置されている。ただしキヤ141・キクヤ 141-2は山口鉄道部車両管理室(新山口駅)に常駐する。東海道新幹線に「ドクターイエロー」があるが、こちらの愛称はドクターWEST。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく。

若い女性特急運転士を初めて見ました

特急たんば(福知山駅)
29、31日、2日に続いて最終日。
北近畿を福知山駅で降りて「たんば」に乗り換える。
ふと乗車していた反対ホームの特急北近畿の運転士が若い女性運転士だったのにビックリした。
女性運転士や操縦士は海外ではたまに見かけるが、JRでもおられたんだ!かっこいい。
特急運転士は、JR西日本では普通電車を10年経験して国家試験を合格しなければならない。
男女雇用均等法もすっかり浸透しているようですごいと思う。
子供の頃、田んぼで遊んでいると近所の蒸気機関車の運転士のおじさんが手を振ってくれたのがとてもかっこよくてあこがれだったのをふと思い出す。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく。

【たじまる】 蘇武トンネルまもなく完成

時代は鉄道から自動車時代となって久しい。京都を起点として山口県まで結ぶ日本で3番目に長い国道9号が完成した。そして京都府宮津市から鳥取県米子市までを、日高町の清水豊町長が音頭を取って宮津市から米子市までの関係市町が国道482号昇格期成同盟を結成。
そして国道に昇格し、難所として行き止まりだった下記の3ケ所が繋がるのである。このルートこそ、大正時代に故藤本俊郎が夢見た壮大なロマン、但馬鉄道計画そのものであり、完成するとかつて旧山陰道の最短ルートであった氷ノ山越えが百年の時を越えて復活することになる。冬季除雪もほとんどなく、国道9号の関宮町から若桜町を抜けるルートとしても期待が大きい。
また、若桜、美方、関宮3町ともスキー場があり、トンネルを利用すれば30分単位での移動が可能となるし、蘇武トンネル開通によって神鍋高原も結ばれ、全く違うルートを利用してきた関西の主なスキー場の移動が、短時間でできるようになるのだ。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく。

Scroll to top