巣立ち前、ひなに足輪 豊岡の放鳥コウノトリ/豊岡市百合地

神戸新聞(09/04/25)


巣の下にネットを張り、行われた作業。ひなを守ろうと親鳥が周囲を飛び回った=豊岡市百合地

国の天然記念物コウノトリの野生復帰に取り組む県立コウノトリの郷(さと)公園(豊岡市)は二十四日、同市百合地の人工巣塔で、放鳥したつがいから生まれ巣立ちの近いひな一羽に、識別用の足輪を装着した。巣立ち後の位置確認などに役立てる。
これまでは、巣立ち後の幼鳥を大きな囲いに追い込むなどして捕まえ、装着していた。しかし、昨年、豊岡市内で巣立った八羽のうち、足輪を付けることができたのは六羽で、すべての幼鳥に装着するのは難しい。残る二羽のうち、交通事故で死んだ一羽を除くもう一羽は、いまだに足輪のない状態。

そこで、巣立ち前に足輪を付けることにした。

二年前に自然界での繁殖が成功して以来、巣立ち前のコウノトリに人が近づくのは今回が初めて。この日は、ひなが転落した場合に備えて巣の下にネットを張り、高所作業車に乗り込んだ研究員らが巣に接近。幼鳥に足輪を付けた。また、性別判定のため羽を採取し、布に包んで体重も測った。作業は約三十分で終わったが、その間、親鳥が周囲を飛び回り、くちばしを打ち鳴らして威嚇するなど「親子愛」を見せつけていた。

大迫義人主任研究員は「今後は放鳥二世のすべてに同じ方法を採用したい」と話している。(大山伸一郎)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく。

コウノトリペア、電柱で営巣 ひな2羽がふ化/豊岡市野上

神戸新聞(09/04/25)

ふ化したひな

県立コウノトリの郷(さと)公園は二十三日、豊岡市野上のコウノトリ保護増殖センター前にある電柱上の巣で、産卵していた放鳥コウノトリのペアが、ひな二羽をふ化させたことを確認した。さらに巣内には、ひなが内側からつついて殻を割る「はしうち」とみられる穴がある卵一個もあった。

このペアは昨年、電柱近くの同センター内の屋根で繁殖し、一羽を巣立たせた。今シーズンの放鳥二世の誕生は、同市百合地、同市城崎町戸島に続いて三カ所目となる。

この「電柱巣塔」は三月中旬、度重なる撤去にもかかわらず巣材を運び続けるペアのために、特別に従来の電柱に柱を付け足して作った“特注品”。ひなは順調に成長すれば、六月下旬から七月上旬にも巣立ちする見込み。   (大山伸一郎)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく。

コウノトリのひも外れる/豊岡市祥雲寺

自由にくちばしを動かせるようになったコウノトリ=豊岡市祥雲寺(県立コウノトリの郷公園提供)

兵庫県豊岡市で、放鳥した国の特別天然記念物コウノトリの雌(2歳)のくちばしに、背中につけた発信機のひもが絡まっていたことがわかりました。
同公園によると、放鳥後の居場所を把握するための発信機は、4本のひもを背中から胸の方に通して固定。17日昼ごろ、近くの小学校から情報が寄せられた。

「初めてのケースで、原因は分からない」としている。
兵庫県立コウノトリの郷公園は20日午後3時25分ごろ、公園職員が雌の行動を観察中に、ひもが自然に
外れたらしい。
雌に衰弱した様子はなく、その後水を飲んだり、餌を食べたりする様子が確認された。

さて、コウノトリの目ってなぜ赤いんでしょう。
トキも顔が赤いですね。
調べてみました。サルのお尻が赤いのは皮膚が薄くて血管が透けて見えるからだそうなので、同じように目の回りの皮膚が薄いのでしょうか。コウノトリはコウノトリ目コウノトリ科、トキはコウノトリ目トキ科で同じ分類だそうです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

卵ふ化せず4個を回収 豊岡コウノトリ/豊岡市赤石

神戸新聞 (09/04/21)

兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園は二十一日、豊岡市赤石の人工巣塔から、ふ化の予定日を約十日過ぎた卵四個を回収した。無精卵か発育不全の可能性が高く、ふ化しないと判断した。
卵を産んだペアは、昨年六月には幼鳥一羽を巣立たせたが、一昨年は無精卵でふ化しなかった。
この日は郷公園の職員が高所作業車で巣に近づき、卵を回収。うち一個は表面にひびが入っていた。持ち帰って詳しく調べる。
今年は赤石を含め六組のペアが自然界で産卵。同市百合地(ゆるじ)と城崎町戸島でひなが誕生している。
(大山伸一郎)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく。

コウノトリのくちばしに発信機のひも 兵庫・豊岡

コウノトリのくちばしに発信機のひも 兵庫・豊岡

産経IZA 2009/04/18 11:12

兵庫県豊岡市で、放鳥した国の特別天然記念物コウノトリの雌(2歳)のくちばしに、背中につけた発信機のひもが絡まっている様子が、18日までに確認された。くちばしは開くが、餌を取れない恐れがあり、県立コウノトリの郷公園(豊岡市)が捕獲してひもを取り除くという。

同公園によると、放鳥後の居場所を把握するための発信機は、4本のひもを背中から胸の方に通して固定。17日昼ごろ、近くの小学校から情報が寄せられた。「初めてのケースで、原因は分からない」としている。

水飲めるけど… コウノトリ、くちばしにひも

神戸新聞(09/04/18)


ひもがくちばしに絡まったコウノトリ=豊岡市祥雲寺

二〇〇六年七月に段階的放鳥で巣立ったコウノトリ(二歳雌)の背中に取り付けられた発信器を固定するひもが外れ、くちばしに絡まった状態になっていることが十七日、分かった。餌が取れない状況で、県立コウノトリの郷公園(豊岡市祥雲寺)は観察を続けながら救護の方法を探っている。

このコウノトリは、昨年末ごろから発信器を固定するための二本のひものうち一本が外れていたという。この日正午ごろ、郷公園近くの三江小学校の児童らが首を下げて不自然に飛ぶコウノトリを見つけ、郷公園に連絡。獣医師らが確認したところ、胸から伸びたひもとくちばしがつながっていたという。

自由を失ったコウノトリは、夕方には園内の湿地で静かにたたずみ、少し離れて職員らが日没まで見守った。郷公園は「水は飲めるようだがこのままでは心配。早く取り外してやりたい」と話している。(大山伸一郎)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく。

コウノトリ保護増殖センター


兵庫県豊岡市野上

初めて訪ねた「附属飼育施設 コウノトリ保護増殖センター」。  というのも、こないだ長浜を訪れた際にシャトルバスの運転手さんが「コウノトリは玄武洞の方ですね?!」と言っていたのはここの記憶ではないか思う。

但馬地域に生息したコウノトリを人工飼育により保護・増殖するために、昭和38年に計画され、昭和40年に「コウノトリ飼育場」として開設した施設。 平成3年には、「コウノトリ保護増殖センター」に改称。 平成11年4月1日から、兵庫県立コウノトリの郷公園(祥雲寺)が完成し、その附属飼育施設となった。飼育・繁殖ケージを、11基備えている。平成11年11月1日から公開はされていない。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

Scroll to top