毎日使うのだからキーボードこそこだわった

今のPCは2011年に前のDell PCが調子がおかしくなって、そんなにお金をかけられないので急いで4万円くらいだった価格コム限定モデルを購入したHP 東京生産のもの。お買得モデルで、CPUはそれほど高くないが、メモリーを8MBに自分で増設したので、動画以外の複数画面でもストレスはなくなったが、windows10にして、どうも起動時にPCのハードディスクがロックすることがあるので、HPの法人用超スリム型HP ProDesk 400 DMシリーズを考えていた。

ところが、何度かwindows10を再インストールしているうちに起動のHDDがロックする異常がなくなり、今は問題なく動いている。仕事でExcellやWordを使う分には最低プランのインテル Celeron® G1840T プロセッサー/メモリー2GB ¥38,800 (税抜)でも充分かもしれないが、画像処理ではメモリーは4GBで遅いので8GBにしたので、できることならインテルCore(TM) i5-4590Tプロセッサー(2.0 GHz)、メモリー16GBに構成を上げると82,944になるのだ。

取り敢えず今使い勝手が悪くなって最低限必要になったのが、PC付属のワイヤレスキーボードであった。PCで最も接するのはキーボードとマウスだ。マウスはすでに付属品が動作が劣化したためLogicoolの2千円台のものを家電量販店から購入して使用している。

付属のキーボードがブラックなのでキーがすり減ってテカって見づらいのだ。いろいろキーボードを調べてみた。メンブレンのキーボードなら千円台からサードパーティ製品が出ており、最近はノートPCで使われるパンタグラフ式のキーピッチが小さいものをデスクトップでも使用するようになっているようだ。アップルのmacのキーボードはデザインが素晴らしいが、そのパンタグラフでキーピッチが薄いので、柔らかのが好みの人はいいかもしれないが、今のデスクトップのメンブレンでもNEC PC98で育った人間には頼りなく、文字をローマ字入力するときに同じキーを連続して押していることがある。

ふと考える。キーボードやマウス「いつも使うもの」「無くてはならないもの」には特にこだわるべきだ。ながく使える、気持よく使えるからトータルで見ると非常にお得だと(ツクモ)。

現在使用中のHP USBワイヤレスキーボード

いつからホワイトからブラック全盛になったのだろう。蛍光灯の位置でキーが摩耗してテカって見づらい。

東芝TEC POSのホストコンピュータサブキーボード キーピッチと機能キーはグレー、文字はホワイトの2色配列のクラシカルキーボード PS/2コネクター 東芝(最近はメンブレンで富士通がOEMでしているらしい。20年前からあるやつだが東芝製でしっかりしている)

(基本的にPS/2コネクターとUSBになった以外はそっくり重量もほぼ同じ)

原点に戻って見直すと、

  • ワイヤレスは複数の人に回す場合ならいいかも知れないが、一人で使うには別に必要でもない
  • 余計なメーカーの付属キーはいらない
  • 2色配列がいい
  • デスクがアイボリーなのでホワイトキーボードの方が疲れないと思う。書類などは白いのに、キーボードが黒いと目が疲れやすい
  • ワイヤレスのキーボードやマウスは電池切れが生じる

ワイヤレスでいいことはコードが邪魔にならないという一点のみだろう。ワイヤレスのキーボードやマウスは電池切れが生じるが、細いコードが普段気になるだろうかと。

東プレ REALFORCE 108UH 統一荷重キーボード/静電容量無接点/ALL45g/108キー/USB SA0100

重量 1.4kg ネット調べの最低価格 15,072円(税込)NTT-X  Store

(アマゾン17,355円(税抜))

メカニカル(静電容量無接点方式)

発売開始日2007/3/28だから今年で9年前になる。

キーボードは付属品であり、しかも2千円も出せばバッファロー、サンワサプライ、エレコムなどからかなりの種類が販売されている。

キーボードに1万円以上も出すなんて・・・

実は、国産で探すと東プレREALFORCEとFILCO Majestouch、 あとはPCでメーカーの富士通くらいになっているのだ。しかも昔ながらのメカニカルのPC98やDOS/Vキーボードで使われていたキーが2色のものは東プレと富士通のみのようである。

実は、またクラシカルなメカニカルキーボードが売れているのだそうだ。最近やっとノートPCの安いやつを購入し使ってみるけど、あのキーボードの柔らかさが馴染めないのだ。

リアルフォース(REALFORCE)の打鍵感に­慣れると「もう他のキーボードは使えない」と言われるくらいプロ好みの有名なメーカー。

  • キーによって変えている「変荷重」。左端の「A」のように小指で押すキーが更に軽く(通常キーが45gなのに対し30g)なっている
  • 横から見るとキーがまっすぐになっていません。列ごとに指に向いて角度が付いている
  • 通常のキーボードの耐久性は1000万回だが、その3倍の3000万回まで耐えられる設計
  • キーボードが重いので滑らない。どんなにパワフルにタイピングしても、ビクともしない。
  • テンキー付き

 

安いものを頻繁に買い換えるよりも、高くて良い物を長期間使う方が、作業効率も、コスパもきっと良いはずなのだ。\(^o^)/

ワイド液晶モニター(ディスプレイ)を購入

Dell液晶ワイドモニター(19インチ)を2008年から辛抱して使ってきた。その前にもDELLでPCを購入した際に一緒にIBMの旧縦横比の液晶モニターを長年使っていた。当時液晶は出始めでずいぶん高かった。

iiyama Full HD(1920×1080)モード対応 AMVA+パネル搭載 WLEDバックライト27型ワイド液晶ディスプレイ XB2783HSU-B1 Amazonで¥28,273。30日に到着予定だ。23インチにしようかとおもったが、デュアルモニターに店の監視カメラ用のモニターEIZOを兼用してきた。27インチならデュアルモニターにしなくても1台で充分使える。

翌日早朝、改めてiiyamaのサイトを見ていて、1万円高いけど、iiyama スリムベゼル+AH-IPSパネル『XUシリーズ』 昇降スタンド・スウィーベル機能搭載 FullHD(1920×1080)モード対応 WLEDバックライト27型ワイド液晶ディスプレイ XUB2790HS-B1の方がいいので、キャンセルが間に合い再注文。

上段と左右ベゼルとパネルに段差がない スリムベゼルモデルだ。タイムセール¥ 29,500となっているし、「カートに入っています」と表示が出ているのに、¥ 32,453で出てくる。ちゃんとタイムセール価格になっているんだろうか?

2000年前後、当時は20万円ほどと高価だったDellが提供するIBM液晶モニターが、2008年に映らなくなり、同じくDellからワイド画面化が始まった最初のSE198WFP [19インチ]を購入。当時3万円程度。パソコンはすでにDellが調子悪くなり、東京生産でおなじみのHP(ヒューレット・パッカード)に変更、モニターだけが中国生産だった。

【大型27インチを導入した動機】

Iiyamaはモニター製造メーカーの老舗で、(ごく一部を除き)国内生産なので、これで周辺機器を除けばすべて国産になる。

これまでの19インチからみると23インチでも十分だが、27インチにしたのは27インチも価格が下がり、21から23とあまり変わらなくなったのと、デュアルモニターにしなくても、27インチなら1画面で2つの作業をこなせる余裕が生まれる。
視力が衰え小さな文字が疲れるので大きいことはいいことだ。自宅の液晶テレビと同じLEDバックライトで実に明るいし、見やすい。
この価格で欲を言うのはどうかと思うが、以前のDellモニターにあったwebカメラ、USBポート☓2がないことだ。webカメラ自体スカイプもセットしているものの使っていないけど、カメラがないと寂しいと思う程度。USBポートはPC本体からUSBポートを繋げばいい程度の不満ですがw

これまでのモニターは、Secomの監視カメラモニター(EIZO製)の旧画面幅をデュアルモニターに併用していたものと交換した。

1月1日
あけましておめでとうございます。
本日は年に一度の定休日。

使っているHPのパソコンは、何か新しいデバイスを追加する際にHDDがオートロックする現象が起き、大晦日から一苦労、Windows7のリカバリーディスクで初期設定の戻し、ようやく落ち着いたところ。2日間はもう少しで新しいPCを買おうかと思い、Mac miniかHPのPavilion Miniかで悩んでいたのだが、まだ今のままで行けそうw

データバックアップ方法は選択肢がありすぎて・・・

パソコンに保存したファイルや画像などが、何らかのトラブルによって消滅しないように外部装置・媒体にバックアップすることは、万一のため重要です。
初期には3.5インチフロッピーディスク。最大容量1.4MBで、ハードディスクがPC本体になく、高価なため、保存目的の前にPC起動ディスクがFDだったのでした。あのドクター中松の発明品で、当時は画期的なアイデアだったのですが、これ自体今となっては容量が小さく不安定なツールです。ハードディスク内蔵PCとなり、外付けHDが販売されだしました。40MBで約8万円と高価でしたが、FDは購入ソフト以外の使用は、保存専用になりました。オフィスの片隅の段ボール箱に300枚はあります。

またその後、CDディスクなるものが登場したのが10数年前。容量が700MBと飛躍的に伸びました。すぐ後にはCD-ROMの6倍強の約4.7GBという大容量DVDが登場し、映画など動画に適したブルーレイディスクとなれば、DVDの5倍以上の記録容量(1層25GB、2層式ディスクの場合は50GB)追いつく暇もないほどです。映画やドラマを録画することはまったくないので使いませんが。

FDやCDを今どうしておられますか?稀にデータを使用することもあり、貧乏性からなのかそれぞれに思い出があったりすると捨てるに捨てられず、データを整理しようと思っても面倒くさいので数十年経過しています。誰しも同じような悩みを抱えておられるのではないでしょうか?

MOという光磁気ディスクでソニーが開発した大容量媒体もあります。
ところが、デジカメや携帯電話によって記憶媒体に半導体メモリ(フラッシュメモリ、メモリーカードともいう)という半導体メモリを使うので専用接続機器が不要な画期的な記憶媒体が出現。コンパクトな媒体が各メーカーから数種販売され、SD、スマートメディア、メモリスティック等、規格やサイズが微妙に違い覚えるのも大変です。スマホではMicro SDがほとんど。
また、USBメモリーがあります。

いずれにしても、進化するのはいいことですが、規格を統一してほしいほど多種であることから、他とデータをやりとりする際に困ることが置きます。弱点はFD、CD、DVD、メモリーカードその他磁気媒体の寿命は、すべて永久不滅ではないことです。読み書きを繰り返しているうちに媒体にダメージが蓄積されていき徐々に劣化していき、長期保存に弱いのです。CD-RWやDVD-RWは基本的に全体を書き換える(書き込み時はシーケンシャルアクセスである)ため、1000回ほど書き換えると寿命になるといわれます。まあ普通そこまで頻繁に読み書きしませんが。熱・湿気・ほこり、磁気等保存方法によっても、正常に稼働しなくなることがあります。

そこに現れてきたのが“ストレージ”またはクラウドという手段。ITの常時接続が当たり前になれば、PC内やその周辺だけで自己完結するのとは別に、ストレージ無料サービスがあります。先駆的なのがDropboxです。容量は無料は2GBと小さいですが、スマホとの連携の便利さは群を抜いています。他にマイクロソフトならOne Drive(旧Skydrive)で、Google Drive、いずれも15GBが無料。Dropboxも友達に紹介するなどで最大16GBまで使えるようです。

Dropboxはスマホに止め、PCのバックアップ用にそうした記憶媒体とは別に、日常のバックアップは、One DriveとGoogle Driveを併用すると30GB使えます。アップロードなど使い勝手はほぼ似てきました。その使い分けとして仕事用と個人用に分けてみようかが課題です。また、画像など大容量のバックアップでは、新たな労力と時間が費やされることです。

Scroll to top