養父市立大庄屋記念館(旧長島家住宅)

母方の墓参で母と叔母を乗せて養父市大塚へ。帰路養父市小城の大庄屋記念館(旧長島家住宅)へ立ち寄った。ここの長島家に先々代が大塚中島家から嫁がれたそうだ。母や叔母が子供の頃は法事で来たことがありまだ住まわれていたそうだ。 養父市小城の裏山高台にある。江戸時代後期に出石藩の大庄屋を勤めた長島善右衛門の時代に母屋が建てられたことから大庄屋記念館と呼ばれている。敷地と建物は養父市が長島家から寄贈を受けて、古い建物を保存しながら昔の生活が体験できる歴史民族資料館となっている。 明治期に母屋が改造され、大正時代に客殿が増築された。このため現在の屋敷は大正時代に最盛期を迎えた豪農が生活する建物群として完成されている。建物が無傷な状態で良好に保存されていることから養父市指定文化財「長島家住宅」となり、玄関前には山梨の古木がある。

但馬最初の民俗資料館

養父市教育委員会ホームページ・パンフレットによると、 江戸時代の大庄屋屋敷を利用した資料館です。 母屋や納屋、土蔵などが広い敷地に配置された風格ある建築空間は見事です。 館内には生活用具や民具などが収集展示され、かつての暮らしや養蚕の歴史などが学べます。 江戸時代後期に小城村の庄屋をつとめた旧長島邸をそのまま利用して民族資料館として開館しています。建物は寛保3(1743)年に建設されたことが、土蔵金具から明らかになっており、建物空間・構造・石垣など当時の生活をうかがうことができます。現在展示している民族資料は、長島家のものと町民から無償で寄付していただいたもので、養蚕・和牛・炭焼きを中心に生活用具を展示しています。 昭和49年11月、養父町民俗資料館として開館 平成16年4月、養父市発足を機に養父市大庄屋記念館と名称変更 但馬でも最初に開館した民俗資料館で、市内にはほかに市立山田風太郎記念館、市立上垣守国養蚕記念館、市立木彫記念館がある。

歴史文化遺産の長島家住宅

敷地:3,718㎡ 上段・中段・下段の3段 下段:現在は管理棟がある 中段:母屋・客殿・土蔵 上段:納屋・物置 また中段の母屋と常談の納屋の間には帯状の段(スロープ)があり、地神の社 建物:892㎡(母屋・客殿・土蔵など) 居宅:部屋数21室、風呂2ヶ所、便所5ヶ所 納屋:納屋2棟、倉庫、土蔵3棟、土塀、門5ヶ所

庭園:表座敷前の母屋庭園、客殿横の裏庭園、さらに母屋の西方の庭園と3箇所 特徴 住宅東側の谷川沿いには高さ10mもある石垣が積まれ、日本の伝統である隅角部がなく、緩やかなカーブを描いて石垣ライ ンが形成されている。これは西洋風の石垣をモデルにして築いた珍しい石垣工法で、明治期に築かれたもの。 さらに谷川には谷底が掘れないように石材を敷き詰めた床固工法を採用している。またすぐ上流には砂防堰堤も施されている。セメントを利用しない石積み工法で作られた大正期の貴重な土木遺産である。

   

養父市建屋の楯縫神社をたずねて

  

GWで休みではないが、但馬國式内社で最後に残っていた式内 楯縫神社をたずねた。曇り空の夕方近くのため、撮影がピンボケ気味で再びめざす。

帰りは広谷地区の十二所神社・軽部神社にも寄って、100万ボルトでスマホのシガーライターケーブルのUSBアダプタを買う。

詳細は 「神社拾遺」

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

養父市・朝来市の式内社をアップしました

養父市広谷から県道70号線に入り建屋から八代トンネルを抜けて朝来市の山口村周辺の式内社

式内社 社内神社(養父市森)

式内社 斎神社(養父市長野)

式内社 足鹿神社(兵庫県朝来市八代)

式内社 佐嚢神社(兵庫県朝来市佐嚢)

式内社 倭文(しどり)神社(朝来市生野町円山)

を投稿しました。

角川が「山田風太郎賞」創設

角川が「山田風太郎賞」創設
産経IZA 2009/10/30 21:03
角川文化振興財団と角川書店は30日、新たな文学賞「山田風太郎賞」を創設すると発表した。対象は、今年9月から来年8月末までに刊行された長編、短編集の文芸作品で、ミステリー、時代小説、SFなどジャンルは問わない。来年10月に最終選考を行い、受賞作を決め、11月末に授賞式を開催する。副賞は賞金100万円。山田風太郎は昭和22年、「達磨峠の事件」で作家デビュー。「甲賀忍法帖」など忍法帖シリーズが人気を呼んだ。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 歴史ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

山田風太郎の直筆原稿2点発見

地元近隣住民としては無視できない記事だ。
山田風太郎記念館
http://futarou.ez-site.jp/
兵庫県養父市関宮605-1
TEL・FAX.079-663-5522
産経IZA 2009/10/19 14:27
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/breview/314549/
 「忍法帖」シリーズなどの歴史伝奇小説で知られる作家、山田風太郎(本名・誠也、1922~2001年)の直筆原稿が見つかり、遺族が兵庫県養父市の「山田風太郎記念館」に寄贈した。「明治バベルの塔」と「人間臨終図巻」の一部。関係者は「風太郎の直筆原稿は少なく、いずれも貴重」としている。
(中略)
 今回見つかった直筆原稿の一部は、11月1日から同記念館で開催される特別企画展で展示される。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく。

山田風太郎の直筆原稿2点発見

地元近隣住民としては無視できない記事だ。
山田風太郎記念館
http://futarou.ez-site.jp/
兵庫県養父市関宮605-1
TEL・FAX.079-663-5522
産経IZA 2009/10/19 14:27
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/breview/314549/
「忍法帖」シリーズなどの歴史伝奇小説で知られる作家、山田風太郎(本名・誠也、1922~2001年)の直筆原稿が見つかり、遺族が兵庫県養父市の「山田風太郎記念館」に寄贈した。「明治バベルの塔」と「人間臨終図巻」の一部。関係者は「風太郎の直筆原稿は少なく、いずれも貴重」としている。
(中略)
今回見つかった直筆原稿の一部は、11月1日から同記念館で開催される特別企画展で展示される。

にほんブログ村 歴史ブログへにほんブログ村
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

 

【たじまる】 箕谷(みいだに)古墳群


兵庫県養父市八鹿町小山字箕谷

昭和58年(1983)度から59年度にかけて、兵庫県養父市八鹿町小山字箕谷で公園整備のため行われた箕谷古墳群の発掘調査により、須恵器、金環3点、鉄鏃・馬具等の鉄製品、鉄刀など103点の遺物が出土しました。
八木川下流域左岸の谷奥に立地し、2号墳は東西12m、南北14mの円墳であり、長さ8.6m、幅1.2m、高さ1.7mの横穴式石室。出土した須恵器により、6世紀末から7世紀初旬に築造されたと考えられており、出土状況から2回以上の追葬が行われたとみられています。

3号墳は3段の列石を巡らせた円墳で兵庫県下でもこれだけです。2、3、4号墳(直径7mの円墳)、5号墳(直径6mの円墳)の4基の古墳が現地保存され、平成4年(1992)12月18日に「箕谷古墳群」として国の史跡の指定を受けています。石室はすべて谷の入り口方向である南に開口するよう規則的に造られています。そして2・3・4・5号墳と順次標高の低い方から高い方へ築かれています。時期が新しくなるにつれて墳丘・石室が小規模化しているのが特色で、この時期の古墳の変遷過程をよく示しています。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

JR養父駅・八鹿駅

JR養父駅は久しぶりに訪れてみた。母が養父出身なので子供の頃ここから歩いて親戚へ行った。
昔と変わらない雰囲気がいい。

古い駅名看板

無人駅なので券売機が置かれている。島式ホームでフェンスを開けて
ホームに行く。発券窓口にレトロな受け金具がある。

八鹿駅も、養父駅同様に昭和の雰囲気が残ってていい。

八鹿駅ホームの橋梁は、県下でも古いもので、いつも列車内から見ているが、駅側から見る。
この橋脚は明治の駅開設当初からのもので、兵庫県でも最も古いもののひとつ。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

【たじまる】 大薮(おおやぶ)古墳群


図:養父市教育委員会

兵庫県養父市養父地域の円山川に面した南斜面の丘陵地に大薮古墳群があります。兵庫県を代表する、古墳時代後期のに造られた古墳群です。地形は大薮集落を中心として両側に弓形に広がっています。北に山を背負い、南前方には円山川が流れています。そして川の向こうには養父神社をみることができます。兵庫県を代表する、古墳時代後期に造られた古墳群です。


石室

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

Scroll to top