近代化遺産

1/3ページ

豊岡の近代化遺産・城下町界隈

とよおか市民学芸員養成講座第九回 「豊岡の近代化遺産」 講師:松井敬代さん(豊岡市教育委員会主幹) 日時:平成26年11月16日10:00-12:00 とよおか市民学芸員養成講座第9回に参加してきました。 ポカポカした陽気に恵まれ、近代化遺産と京町の城下町界隈に残る遺産を歩いてまわりました。

高石医院開業 画廊オープン記念特別企画展『胡蝶のゆめ~KEiKO*萬桂の世界』

高石医院開業です。豊岡市元町12-6 この建物は、大正14年(1925年)の北但大震災によって昭和のはじめにたてられた耐震建築のひとつで近代化遺産 高石先生とは十数年来のご友人。大勢のお客さまで賑わいっていました。先生と奥様にごあいさつして中を見学させていただきました。 1fは高石医院、2Fでは豊岡画廊となっています。オープンを記念して、記念特別企画展『胡蝶のゆめ~KEiKO*萬桂の世界』が開催さ […]

JR山陰本線最大の難所に開通したトンネル

桃観トンネル JR山陰線最大の難所に開通したトンネル 桃観トンネル(余部側) 山陰線久谷・余部間には、山陰線で最も長い桃観トンネル (全長1,991m) があります。余部鉄橋と並ぶ最大の難工事で、 桃観トンネル(浜坂久谷側) 後藤新平の筆による石額 そのトンネルの東西の坑口上部に山陰線建設当時の逓信大臣兼鉄道院総裁後藤新平の筆による石額が掲げられています。 久谷側は「萬方惟慶(すべての人がこれを喜 […]

【たじまる】 木造瓦葺きの現役駅舎 JR西日本播但線 竹田駅

   兵庫県朝来市和田山町竹田字中町西側241 竹田城に行く途中に是非寄ってみたかった竹田駅。播但線でも北近畿の駅舎では、最も現役のままで補修され使用されている数少ない駅舎です。 重厚な造りの木造瓦葺きの駅舎が、現役で使われ続けている。その駅舎は元々単式であった寺前方面行きホーム側にあり、反対側の和田山行きホームへは跨線橋で連絡している。なお簡易委託駅のため、早朝と夕方以降は無人となる。 歴史 1 […]

期間限定 余部鉄橋と新型はまかぜの競演

新型はまかぜ 余部鉄橋と期間限定の“競演” 神戸新聞 来年春に導入されるJR西日本の特急「はまかぜ」の新型車両が、山陰線などで試験走行を重ね、8月12日に新しい橋への切り替えが近づく余部鉄橋と、期間限定の“共演”を続けている。 試験走行は、通常の列車運行の合間を縫って実施。車両が所属する京都総合運転所から不定期で、山陰線や播但線を経由して豊岡市や鳥取県米子市を往復している。 5月初めの試験走行では […]

【たじまる】 井東勇先生宅跡

兵庫県豊岡市日高町八代 かわいいアーチ型の窓が目を引きます。 新しい道ができるまでは旧道からは高い場所で気がつかなかったのですが、ドライブ中に変わったデザインの建物がふと目に留まり、寺院かな?と訪ねてみました。 今まで町内に住んでいてまったく知りませんでした。 玄関にはダイコンやネズミが描かれています。               &nb […]

1 3