神社

1/2ページ

放送大学最後になった面接授業と山城・大和式内社めぐりプラン

2005年より10年がかりであと3単位となる。残るは放送授業2科目と面接授業1科目。明日の面接授業が最後の機会となると思うと名残惜しい気がする。奈良というと我が家からは遠いという先入観があったが、所属の京都学習センターに行くのと奈良学習センターに行くのと、京滋バイパスができたことで30分ほどしか違いはなく、2時間半で奈良へ行くことが出来る。中国自動車道から生駒トンネルを越えて行くのが最短ルートであ […]

伊勢神宮参拝

皇大神宮(伊勢神宮内宮) 宇治橋 20年ごとの「第62回式年遷宮」がおこなわれる今年、「神社人」主催伊勢神宮参拝ツアーで初めて伊勢神宮へ参拝できました。

養父市建屋の楯縫神社をたずねて

   GWで休みではないが、但馬國式内社で最後に残っていた式内 楯縫神社をたずねた。昨日も思い立ったのが、阪神のゲームを観た後で、曇り空の夕方近くのため、撮影がピンボケ気味で再びめざす。 帰りは広谷地区の十二所神社・軽部神社にも寄って、100万ボルトでスマホのシガーライターケーブルのUSBアダプタを買う。 詳細は 「神社拾遺」 ↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

三川権現社・式内 美伊神社を訪ねて

美伊神社下から三川山を望む 14日に、三川山の北の麓にある三川権現社・式内 美伊神社を訪ねました。雪があり、無理かなと思ったのですが、但馬国式内社131座の最後に残っていた式内社です。但馬は131座と、全国でも旧国名で四番目に式内社数が大変多く、神社巡りには恵まれています。 三川権現社・式内 美伊神社に神社の詳細は書いています。 三川山は小学生の頃、母や姉弟でハイキング登山した思い出の場所です。私 […]

丹波路の式内神社をまわって

丹波市青垣町東芦田の高座神社 昨日は7月1日の日曜日。小雨で天気は良くなさそう。5時に目が覚めて、注文をチェックすると暇そうなので、8時に出発し、丹波市と福知山市、綾部市の式内神社めぐりをしてきた。先々週、放送大学島根学習センターの2日間の面接授業のついでに、島根県松江市周辺と鳥取県西部の米子市へ行ってきたが、それ以来の神社巡りだ。 和田山と春日ICまでは、北近畿豊岡自動車道が完成して近くなった。 […]

丹後式内社めぐり 旧竹野郡から与謝郡

  京丹後市久美浜町兜山(甲山)と久美浜湾 日本海丹後町久僧海岸 朝5時から、思い立って丹後の残る式内社めぐりを決行しました。5時にはすっかり日が昇っていて、ネット注文も済ませてから、式内社のコピー資料とグーグルで作成した式内社所在地マップ、デジカメ、スマホ、ボールペン。 但馬131座、因幡50座は制覇。丹後は65座のうち、10社程度しか回っていません。先週、先々週は京丹後市久美浜町、網 […]

但馬国式内社131座制覇へ、残るは2社!

身近にある神社。そのうち、延喜式神名帳に記されている古へから地域の朝廷が管理していた重要な神社を、「式内社」といいます。 式内社 御井神社(豊岡市日高町土居) 式内社 高負神社(兵庫県豊岡市日高町夏栗) 式内社 佐久神社(兵庫県豊岡市日高町佐田)   ウィキペディアには、 延喜式神名帳とは、延長5年(927年)にまとめられた『延喜式』の巻九・十のことで、当時「官社」とされていた全国の神社 […]

『神道と日本人』を読みながら・・・

山村明義氏著『神道と日本人』新潮社 昨日、山村明義氏著『神道と日本人』新潮社が届いた。私は読書家ではない。本を買うのは、これは読みたいと思うときだけである。昨年2011年9月の初版ですでに3刷り目となったこういう本では異例といわれるほど売れているそうだ。 25歳から40歳まで消防団に在籍し、秋祭りのだんじりは消防団を中心にして神社でお祓いを受けお神酒をいただいてから出発する。 神社に興味が湧いたの […]