能勢妙見山

摂津の式内社めぐりで能勢妙見山は一度ぜひ尋ねたかったところ。鳥居があるが神仏習合の名残である。
HPによると、本来は日蓮宗霊場「能勢妙見山」といい、妙見大菩薩をお祀りし、源氏を祖とする能勢家ゆかりの寺院である。
妙見大菩薩とは、人の運命を司る星々の王と言われる北極星の神様です。星の動きを支配し運気を好転させて下さることから開運の神様として知られています。

 

但馬妙見山として養父市八鹿町石原に名草神社があり、妙見山という名前には馴染みがある。
正式には「無漏山眞如寺境外(けいがい)仏堂能勢妙見山」というそうだ。昔は、神仏習合といい、同じ場所で神様と仏様をお祀りしていたので、妙見大菩薩を仏教と同時に神道式に崇めよういうことで鳥居が残されている。

 

 

Scroll to top