養父市立大庄屋記念館(旧長島家住宅)

母方の墓参で母と叔母を乗せて養父市大塚へ。帰路養父市小城の大庄屋記念館(旧長島家住宅)へ立ち寄った。ここの長島家に先々代が大塚中島家から嫁がれたそうだ。母や叔母が子供の頃は法事で来たことがありまだ住まわれていたそうだ。 養父市小城の裏山高台にある。江戸時代後期に出石藩の大庄屋を勤めた長島善右衛門の時代に母屋が建てられたことから大庄屋記念館と呼ばれている。敷地と建物は養父市が長島家から寄贈を受けて、古い建物を保存しながら昔の生活が体験できる歴史民族資料館となっている。 明治期に母屋が改造され、大正時代に客殿が増築された。このため現在の屋敷は大正時代に最盛期を迎えた豪農が生活する建物群として完成されている。建物が無傷な状態で良好に保存されていることから養父市指定文化財「長島家住宅」となり、玄関前には山梨の古木がある。

但馬最初の民俗資料館

養父市教育委員会ホームページ・パンフレットによると、 江戸時代の大庄屋屋敷を利用した資料館です。 母屋や納屋、土蔵などが広い敷地に配置された風格ある建築空間は見事です。 館内には生活用具や民具などが収集展示され、かつての暮らしや養蚕の歴史などが学べます。 江戸時代後期に小城村の庄屋をつとめた旧長島邸をそのまま利用して民族資料館として開館しています。建物は寛保3(1743)年に建設されたことが、土蔵金具から明らかになっており、建物空間・構造・石垣など当時の生活をうかがうことができます。現在展示している民族資料は、長島家のものと町民から無償で寄付していただいたもので、養蚕・和牛・炭焼きを中心に生活用具を展示しています。 昭和49年11月、養父町民俗資料館として開館 平成16年4月、養父市発足を機に養父市大庄屋記念館と名称変更 但馬でも最初に開館した民俗資料館で、市内にはほかに市立山田風太郎記念館、市立上垣守国養蚕記念館、市立木彫記念館がある。

歴史文化遺産の長島家住宅

敷地:3,718㎡ 上段・中段・下段の3段 下段:現在は管理棟がある 中段:母屋・客殿・土蔵 上段:納屋・物置 また中段の母屋と常談の納屋の間には帯状の段(スロープ)があり、地神の社 建物:892㎡(母屋・客殿・土蔵など) 居宅:部屋数21室、風呂2ヶ所、便所5ヶ所 納屋:納屋2棟、倉庫、土蔵3棟、土塀、門5ヶ所

庭園:表座敷前の母屋庭園、客殿横の裏庭園、さらに母屋の西方の庭園と3箇所 特徴 住宅東側の谷川沿いには高さ10mもある石垣が積まれ、日本の伝統である隅角部がなく、緩やかなカーブを描いて石垣ライ ンが形成されている。これは西洋風の石垣をモデルにして築いた珍しい石垣工法で、明治期に築かれたもの。 さらに谷川には谷底が掘れないように石材を敷き詰めた床固工法を採用している。またすぐ上流には砂防堰堤も施されている。セメントを利用しない石積み工法で作られた大正期の貴重な土木遺産である。

   

小浜歴史探訪 6/6 県立若狭歴史民俗資料館

■県立若狭歴史民俗資料館

小浜市遠敷2丁目104

重要文化財の福井県若狭町の「鳥浜貝塚出土品」をはじめ、多数の資料で若狭の歴史を紹介しています。鳥浜貝塚丸木舟が完全な形で展示してある。

日本での先史時代の丸木舟の発見例はおおよそ200例ほどで、その分布は関東地方に最も多く150例近くあり、そのうち千葉県での発見例は100例を数え日本全体の半分を占める。各地域での発見例では、千葉県北東部の縄文時代のラグーン(潟湖)が湖沼群として残る栗山川中流域での出土がことに多く、流域には山武姥山貝塚などの貝塚も分布している。次に多いのが滋賀県の琵琶湖周辺で25例ほどあり、福井県から島根県にかけての日本海側がこれにつづく。また、大阪湾では古墳時代のものと推定される大型のものの出土例が何例かある。

日本の先史時代の丸木舟の出土例の多くは縄文後・晩期のものであるが、縄文前・中期の出土例も報告されている。縄文前期の丸木舟として、福井県若狭町の鳥浜貝塚、京都府舞鶴市の浦入遺跡、島根県の島根大学構内遺跡、長崎県多良見(たらみ)町の伊木力(いきりき)遺跡、埼玉県草加市の綾瀬川や千葉県多古町の栗山川流域遺跡群などの出土例があり、このうち、千葉県多古町の栗山川流域遺跡群で1995年に出土したムクノキの丸木舟は全長が7.45mあり、京都府舞鶴市の浦入遺跡で1998年に出土したスギの丸木舟の現在長は4.4mであるが全長8m、幅0.85mと推定されている。このような大型の丸木舟は海洋での使用が十分可能であり、縄文前期には人々は、丸木舟に乗って島々に出かけていたと推測される。

なお、縄文時代の舟材に鳥浜貝塚、浦入遺跡や島根大学構内遺跡の出土例のようにスギ材が使われるのは稀であり、東日本での出土例ではイヌガヤ、ムクノキ、クリ、カヤなどが使用されている。古墳時代の大型の丸木舟にはクスノキの使用例が目立つ。
鳥浜遺跡から1981年7月と1982年に丸木船が1隻ずつ出土した。前者は縄文時代前期のもので、当時この期の丸木舟としては日本最古であったので第一号丸木舟と名付けられた。(1998年に京都府舞鶴市浦入遺跡でも同時期の丸木舟が出土している。)保存状態は良好であるが先端部分が失われている。船尾はとも綱を巻き付けたものか浅いくぼみが残っていて、長期間使用されたことが窺える。舟体は直径1メートルを超えるスギの大木を竹を縦に二つに割る要領で造ったと想像でき、内と外を削り、火に焦がしたりして造っている。舟底は平たい。長さ6.08メートル、最大幅63センチメートル、厚み3.5~4センチメートル、内側の深さ26~30センチメートル。後者は縄文時代後期(約3000年前)のもの船底のみが残っていた。現在の長さ3.4メートル、最大幅48セントメートル、厚みは4センチメートルで、内側には肋骨のように舟を補強するためのものか、または、漕ぐ時に足をかけるものかは不明だが、凸型の彫り出しがあった。材は第一号と同じくスギで造られており、第二号丸木舟と名付けられた。スギ材で造られている丸木舟は縄文時代では非常に珍しく、東日本で見つかっている舟は、イヌガヤ、ムクノキ、クリ、からなどで造られていた。丸木舟は、鳥浜の人の活躍の範囲を拡げたことであろうし、食料獲得に果たした効果も大きかったと推定される。

漁撈関係では、他にスズキ・マダイ・クロダイ・サメ・フグ・イルカ・シャチ・クジラの骨なども出土しており、淡水魚・海水魚・貝類・堅果・野菜など多様な食糧利用が明らかとなった。

ルーヴル美術館展

放送大学の試験の合間に岡崎公園の京都市美術館で開催中のルーヴル美術館展(2009.6.30~9.27)に行って来ました。

 

真夏の割りに京都は曇りで気温は高くなく、過ごしやすかったです。

フェルメール「レースを編む女」をはじめ、レンブラント、ベラスケス、プッサン、ルーベンス、ラ・トゥールなど71点(うち日本初公開60点)の17世紀の絵画は「黄金の世紀」といわれます。私はフェルメール「レースを編む女」とレンブラント以外は無知でしたが、いずれも緻密でさすが一流の絵画でした。(すくなくとも小学生全国コンクール入賞の程度ですが)

同時期にルーヴル美術館展「美の宮殿の子どもたち」が、大阪・中之島の国立国際美術館でも開催されているようです。

受講科目がアーツ・マネジメントだったのですが、ルーヴル美術館は、世界最多の年間来館者数600万人以上を誇る。16世紀フランソワ1世の時代にルーヴル宮殿に、古代から現代に至るまでの美術品を並べ、美術の歴史を一堂に展示してみせることは、文明の歴史を領土化する、時間を「植民地化」する、ことを目的としたことにほかならないとされています。
やがて、コレクションを分類と体系化の方法を生み出し、近代的な制度・施設としてのミュージアムの形が出来上がりました。今日の世界のミュージアムのコレクションの仕方、展示の方式がそこから生まれました。1793年にフランス革命の後「共和国美術館」として一般公開されました。イギリス大英博物館とともにミュージアムの原点といわれています。

  

京都市美術館も1933(昭和8)年開館。公立美術館としては東京都美術館に次ぎ日本で二番目の古さです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

植村直己冒険館


兵庫県豊岡市の植村直己記念スポーツ公園内にある博物館。

郷土出身の英雄、国民栄誉賞を受賞した世界的冒険家・植村直己の偉業顕彰を目的として1994年4月に開館。2003年1月には 新館が落成、全館リニューアルオープン。

遺族から寄贈された北極圏犬ゾリ単独行装備品を含む約300点の遺品や記念品、写真、映像などが展示されている。植村直己個人を紹介するとともに冒険における技術等を紹介しています。

建築家栗生明が設計した冒険館建物は、1996年度日本建築学会賞受賞、1998年の公共建築百選に選出されている。

植村直己さんの冒険を支えた装備品などを数多く展示、収蔵しています。展示は、「進む」、「登る」、「休む」、「食べる」、「着る」、「親しむ」の6つのテーマに分けて紹介しています。世界五大陸最高峰の頂上石天測用六分儀、ピッケル、テント、登山靴、石油コンロなどの装備品北極圏犬ゾリ単独行使用犬ぞり映像ホール― 150インチ画面、植村直己の記録映画上映図書コーナー― 登山・極地・冒険・探検関連書籍を約1200冊所蔵クライミングウォール体験コーナー

クレバスをイメージしたエントランス
建築概要
設計― 栗生明
構造― RC造、一部S造
受賞― 日本建築学会賞、公共建築百選の一つ
所在地― 〒669-5391 兵庫県豊岡市日高町伊府785


冒険 (小学館文庫)
小学館
植村 直己

ユーザレビュー:
故・植村直己さんは現 …
普通の男だった偉大な …

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

兵庫県立考古博物館 -体験-『銅鐸を壊す』


兵庫県加古郡播磨町大中

銅鐸破壊実験見学のため、かねてから一度訪ねてみたいと思っていた兵庫県立考古博物館に行って来ました。
豊岡市から播磨町へは兵庫県(本州)の北端から南端です。播但連絡道から加古川バイパスで行くのが正統ですが、節減のため時間的に余裕もあったので豊岡自動車道の氷上までの無料区間から国道175号線で行きました。
加古川バイパスがすでに無料になっているのを忘れていたのですが・・・。
いつ行っても加古川平野は周囲が平坦な丘陵で道路がゆっくりとカーブし方向がつかめません。
兵庫県の考古学の拠点として2007年10月13日に開設され、兵庫県教育委員会埋蔵文化財調査事務所も 神戸市兵庫区荒田町から兵庫県立考古博物館へ移転しました。

 

下に伸びる手をイメージしたシンボルマークがいいです。

県指定重要文化財の深田遺跡出土品(豊岡市日高町)の木簡や「但馬」と記された墨書土器が保存してあり、実物を見たかったのですが、訪ねてみると定期的に常設展示ではないようで特別公開があるそうです。
国指定史跡大中遺跡の隣接地にあり、この史跡を整備して「播磨大中古代の村」として公開・管理する役割を担うとともに、従来の展示物を観てもらうという展示物主体の博物館ではなく、来館者に参加し体験してもらう新しいスタイルの参加体験型博物館として設置運営されており、常時体験学習を実施してされています。


昨日何げに兵庫県立考古博物館のHPを見ていたところ、2月8日(日)にこの実験が行われるというので、兵庫県立考古博物館(兵庫県加古郡播磨町大中500)に行って来ました。豊岡市久田谷遺跡は当住処からすぐのところで、全国でも珍しい破壊銅鐸片が見つかった場所です。どのようにして上手に正方形に切り刻んだのかは謎です。

-体験-『銅鐸を壊す』
弥生時代のナゾ、壊された銅鐸に迫る!
講演と破壊実験:
兵庫県立考古博物館 館長 石野博信先生
銅鐸(どうたく)はナゾに包まれた弥生時代の祭器です。兵庫県の豊岡市の久田谷遺跡では粉々に破壊された銅鐸が出土しました。このような祭器の破壊行為は銅鐸を祀る“宗教的な行為”が否定されたと考えられます。しかし、どうやって破壊したのか実態がよくわかっていません。今回は復元した銅鐸をつかって破壊方法を検証してみます。
破壊実験に用いるレプリカ銅鐸
1 朝日銅鐸(愛知県:弥生時代中期末から後期初期)
レプリカ成分:神於(こうの)銅鐸(大阪岸和田 弥生時代中期)
(銅68.96% 錫15.45% 鉛5.63%)
4つのパターンでレプリカ銅鐸を破壊する。
Ⅰ:カケヤで叩く
Ⅱ:焚き火で加熱(10分)後、水をかける
Ⅲ::焚き火で加熱(10分)後、カケヤで叩く
以下パターンⅢを繰り返す

  

現在470点あまり確認され、その分布は北部九州から東海地方に及ぶ。弥生時代前期から後期にかけて出現。
破壊銅鐸:兵庫の豊岡市久田谷遺跡(県内4例:宍粟市岩野辺・豊岡市九日市・姫路市大井川第6地点)をはじめ大阪・岡山・鳥取・香川・奈良・滋賀・愛知・静岡・長野など30例あまり確認されている。

  

  
いろいろ試した結果、Ⅱ:焚き火で加熱(10分)後、水をかける
Ⅲ::焚き火で加熱(10分)後、カケヤで叩く、
でついに割れました。しかし、久田谷銅鐸のようにきれいに細かくは砕けませんでした。
ますます謎です。

2009/02/08

人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

【いずもる】 島根県立古代出雲歴史博物館

古代出雲歴史博物館は2007年の3月にオープンしたばかりの新しい博物館です。場所は全国に有名な出雲大社のすぐ東隣、大社から歩いてわずか5~7分、島根半島の山々の懐に包まれたすばらしい環境にあります。


出雲大社本殿の巨大な柱(ストロボなしで撮影はOK)。

出雲大社をはじめ、『出雲国風土記』の時代を再現したジオラマ、国宝の日本最多の銅剣・銅鐸、世界遺産の石見銀山紹介コーナーなどほかでは見ることのできない展示の数々。銅鐸の数々、全国の風土記なそ、とくにずらっと並べられた荒神谷遺跡の銅剣は圧巻です。

そして「神々の国出雲」を実感していただくために、ぜひ「神話回廊」神話シアターは入りませんでしたが、見どころたっぷりです。時間がゆっくりあればまた行きたいと思います。

島根県立古代出雲歴史博物館
〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東99番地4

入館料 一般600円

古代出雲歴史博物館は2007年の3月にオープン。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

【京都散策】 京都文化博物館


京都文化博物館(旧日銀京都支店)

三条通には近代建築が保存されて残っているエリア。


室内は落ち着いたレトロな雰囲気が漂っている。 こういう場所で歴史が動いたんだろうなと思うと、重みが伝わるよう。
知らなかったけど三条界隈景観整備事業が行われているそうだ。

作成日時 : 2008/07/29

吉村作治 早大エジプト発掘40年展

JR京都駅の美術館「えき」KYOTO

放送大学認定試験日で帰りに、芸術の秋…。京都の美術館、博物館はまさに大イベントの花盛り。 行きの電車で客であり友人のO氏に会った。 お母さんと姉さんと一緒に、なんと「ルーブル美術展~古代ギリシア芸術・神々の遺産」「兵馬俑展」「京焼展」「エジプト発掘40年展」を観るという腹一杯の計画だそうである。 実は私も時間があれば、「兵馬俑展」か「エジプト発掘40年展」を見に行きたいなと思っていたからだ。

22日は時代祭なんだ。どうりで京都駅は人であふれかえっていた。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」

朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」

7月22日に開通した北近畿豊岡自動車道和田山~丹波市間(無料)に伴い、山東P.A.(道の駅但馬のまほろば)が完成した。そのエリア内に朝来市内で出土した埋蔵文化財を収蔵展示した「古代あさご館(無料)」を見学する目的で、初めて山東I.C.
まで通ってみた。

池田古墳、城ノ山古墳、茶すり山古墳などが展示してある。平成14(2002)年、北近畿豊岡道建設工事の際に、このサービスエリアの近くから、「茶すり山古墳」が発掘された。未発掘の埋蔵品は、銅鏡や玉類、刀剣、甲冑、盾など大量に出土した。円墳で規模も約90mと大きく、池田古墳に次ぐ「但馬の王」の墓と考えられるそうだ。

「古代あさご館」には、これらの銅鏡などの埋蔵品が展示してあるので、休憩がてら見学はおすすめ。

Last updated 2006年08月12日

出石古代館

兵庫県豊岡市出石町ハカザ

古代館に行って来ました 。 本日はネット上での注文も少なくて、お隣の出石町へ行く機会があったので、 ついでに出石町歴史館に訪れてみました。

但馬の歴史的に貴重な「ハカザ遺跡」や「コノスミ城」に隣接することがなるほどでした。 我が旧日高町の但馬・国分寺館は入場料500円です。むしろ旧出石町民のコミュニティセンター として利用されているらしい施設で、歴史館はその一部であり入館無料なのがすばらしうい。

出石神社から此隅山城の小さな丘をこえるとすぐ。空いてるし豊岡市や城崎温泉に行く国道ルートからすぐなので、出石観光にこられたら穴場ですよ。

http://www3.city.toyooka.lg.jp/kodai/index.html

Scroll to top