豊岡自動車道日高神鍋高原インターが完成して神戸が近くなったように感じる

当店は豊岡市日高町(旧日高町)から村岡へ抜けて国道9号線へつながる国道482号線と国道312号の交差点近くにあります。昨年29年3月25日に豊岡自動車道日高神鍋高原インターが完成しました。これまで一般道で和田山までより約10分短縮しただけなのだが、これによって日高神鍋高原インターから新神戸トンネル生田川出入口まで1時間56分(Googleマップの計算上)と2時間を切るようになりました。
同じ兵庫県でありながら、神戸より京都を起点とする同じ山陰本線であり、京都市内の方が近い気がしていたのですが、京都縦貫道路ができたとしても、京都駅までは2時間36分かかります。(中国自動車道経由なら2時間20分)神戸の方が約40分早く2時間を切りました。

 

ところで、三叉路だし豊岡方面から左折してインターに入るのに信号なしの「左折可」という標識でいいのではないでしょうか?左折のみなのに赤で止まる必要があるのか疑問に感じます。神鍋方面からインターへ右折は交通量が多いようであれば赤から右折専用信号もできるし。。。この標識、一方通行と色違いで紛らわしいですが。
知らない交差点で後ろからクラクション鳴らされたことがあります。

上:一方通行、下:左折可

数年後、豊岡方面へ延伸するとまた交通量は変わるでしょう。

私の仕事は本気の趣味

「私の仕事は本気の趣味」

自分にとって、いい言葉であると目に止まった。

「命、懸けてます」 オリジナル家電ブランドUPQ 中澤優子の覚悟

モノづくりの世界、そして家電業界に激震が走った。若干30歳の女性がオリジナル電化製品を企画。たった2ヶ月で流通に乗せた。その数…なんと全17種24製品。ラインナップはスマホ、Bluetoothイヤホン、4Kディスプレイなど。同プロジェクトを実現させた「中澤優子」とは何者?そして背景にある「覚悟」とは?

(中略)

― 最後に、中澤さんにとっての「仕事」とは何か?伺わせてください。

私の仕事は本気の趣味ですね。全てを懸けてやる趣味だと思います。物事をお金では見ていなくて、楽しいか、楽しくないか。「苦しい」も「楽しい」の一部として考えられることしかやりたくないです。

の中で、中澤優子さんの言葉である。

好きなことが仕事になる。幸せなことだ。野球が好きでもプロの選手になれるのはほんの一握りだし、絵を描くのが好きで美大に入っても、それを職業にできる人は少ない。また若い時は自分がしたいことが決まっている人の方が稀である。

でもこの歳になっても、今の仕事を続けてきて本当は良かったのかどうか、ふと考えることはあるものだ。

高校プチ同窓会を2年ぶりにやろう

どうでもいいことですが、高校の地区同窓会を開く準備を思い立ち、9月12日に行うことになりました。

豊岡高校28期達徳会日高地区の名前をここ数日考えています。

AKB48にちなんで、TTH28?
豊高日高28の会?

日高東西中学校合同高校同窓会であるけれど、そんな肩肘貼った大掛かりなもんじゃなくて、地元に暮らすものや、地元を離れ遠方にいる同級生たち。
今頃○○君は、あの○○さんはどうしているんだろう、、、。

思えば高校を卒業し、早40年近い。
孫もでき、60歳に近づいて昔を思い出すことがやたら多くなった。

自分では、気が付くと人生を半ば折り返しているのに、気分はまだあの高校時代のままかも知れないし、少しは人間的に成長したんだろうか?

思春期は劣等感のかたまりで、決して人前に立つより目立たない性格だった自分。
でも、気が付くと、卒業以来、たいして飛び抜けて秀才でもなかったのに、中学校の初めての同窓会を企画したのも自分、高校の日高地区同窓会を企画したのも30代後半から40代の自分だった。

いろいろ変化が大きい昭和から平成のなか、これでいいのかと思うのは自分だけではないだろう。中高合わせてほとんどは地元にはいない。でも、懐かしいのは同級生であり、最も貴重な財産にしようと思うのは、歳のせいかもしれない。

また、毎年のように突然亡くなられた人もおられ、数年おきではなく、少なくとも毎年一回は集まろうや!と提案した。

健康のこと、定年近いこと、孫のこと、なんでもええから、近況報告の会である。
名前も今度、募集しよう。

私の経験でできることとこれからの社会

生涯学習・カルチャー

メニュー

パソコンはインターネットが普及してそれらを使うことは暮らしや仕事に欠かせぬものになりました。
だれでもパソコンやスマートフォンが使える時代になり、これからはどう活かすのかです。
初心者や次世代を担う子どもたちや学生のパソコン教室
これから一層増え続けるシニア世代にやさしくパソコンや端末の初心者に使い方の教室
もっとも大事なことは家族やコミュニティ、仕事や生き生きと人生を送るためのパソコンの使い方です。

次世代型カルチャー・生涯学習

シニア・シルバー世代がこれから生き生きと人生を送るために。

スキルアップ

実務・教養
資格取得のてほどき
語学
ボランティア活動

ビジネスサポート

ホームページ

ホームページを持っていることは当たり前になりました。でも作って終わりではありません。貴社のHPは生きていますか?
ホームページは見やすい、わかりやすいことが大切です。でも、それは最終目的ではありません。

専門業者に大金を支払い、優れたデザインのホームページを完成させたとしても、それは最初の一歩に過ぎないのです。

もっと大切なことは経営者やそのページの管理者が伝える手段を活かすことでしょう。下手でもなんでもそのコンテンツに意味があるのです。

ITアドバイザー

世の中に○○コンサルタントや資格を売り物にしているようなビジネスがあります。資格にチャレンジすることが無意味と言い切れませんが、資格を取っても実社会では能力と関係ないことです。はるかに自分で得た体験が価値があります。言えるのは彼らはビジネスをしたこともないに留まらず、御社のビジネス全く知らないばかりか、自ら起業したことがないド素人だということです。

スマートデバイス これからの暮らし応援

じっくりと本格的に使うならデスクトップ、移動ならノートPC、気軽に使うタブレット
・スマートフォン
でもこれは便利さと専門性では逆になっていきます。
それぞれメリット・デメリットがあります。

便利性 スマートフォン>タブレット・ノートPC>デスクトップ
専門機能 デスクトップ>ノートPC>タブレット>スマートフォン

スマート社会の心得講座

デジタルで管理される社会です。便利ですが窮屈にもなるかも知れません。
でも、基本は日本人の稀を見る優れたポテンシャルが世界に重要になることは間違いありません。日本人が地球社会に貢献できる社会になります。

ホームページによるWEBビジネスも、実際のビジネスの延長

少しでもホームページやブログを経験した方には、当たり前のことだとお分かりでしょう。インターネットのビジネス(eコマース)が、何か特別な分野である時代は終わろうとしています。そのことはIT草創期から共に歩んできたので、新しいワクワクした想像に期待を持っていた経験もあります。

だいぶ飛ばして言いますが、グローバル社会とか自己責任とかもてはやされ、インターネットで世界が結ばれ、国家の垣根や短期的な経済主体の経済学こそ古いのです。それは何故かといえば、文明の利器を否定するのではなく、仮に(いや北朝鮮までが)インターネットで結ばれた世界では、すぐに内容が分かってしまうこと、結局は仕事のちからとなるでしょう。

オリジナルな商品、技術をいくつ持っているか、日本人は世界でも稀な優秀な民族です。日本のような世界最古の国家、世界が真似できない日本ならではの技術を養ってきた企業が勝利するのです。

まず、何を作っているのか、何を売っているのか、価値ある商品なのか?

B to B,B to C..そんな事以前に、2千年以上の日本の産業は、27年、世界のリーダーになります。そのためには

消費税増税よりも5%に戻す(むしろ消費税税廃止、日本社会に合わない)

原発を早く再稼働 福島はチェルノブイリではない。放射能は微小

下らないマスコミの整理淘汰 GHQのままの新聞、テレビ

東大など学歴ではなく、学生時代によく遊んだ人間で何をしたか、日本が好きかによって選べよ

小選挙区をやめて中選挙区制、法曹界の人口による格差是正は、根本原因の是正はおろか、かえって地方を疲弊させる。アメリカ国会は各州で人口だけではない。

外国人留学無償化などやめて、そのお金で国内の人材をまず育成せよ

来年、支那、韓国、北朝鮮は酷くなり、歴史の嘘でしか成立しない国に構っている場合ではない。必ず中国や北朝鮮、韓国は終わるでしょう。まだ中国に生産拠点を持っているなら、少しでも早く撤退した企業は失うものが少ないのではないでしょうか?!

自主憲法、教育勅語、スパイ防止法

もう、歴史を知り、アメリカの原爆投下と東京裁判が、日本や戦争の国際法に対するテロ(無差別)犯罪であることを

GHQと朝日新聞のでっち上げた

南京大虐殺などない。中国共産党は何千万も自国民を殺戮

韓国の従軍慰安婦などない。単なる売春婦

日本に戦争を仕掛けたのはアメリカであることを、もう知りましょう。

2015年は、世界が日本を注目する年になるでしょう。

そう思います。世界は気づいています。日本はクールだと。

また、遠回しにポツダムの捏造を言いがかりだと、政府が世界に配信することに期待します。政治家で他は期待できないなか、全て良しとは思いませんが、国会でまともな人は安倍さんしかいないのではないでしょうか?

ここで、それこそコンテンツの宝庫が日本なのです。ソニーも団塊世代でだめになりました。そのことを分からない今の経営者と政治家が一番のガンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WEBコンサルタントと呼ばないで。WEBソムリエ?

WEBコンサルタントと呼ばないで。WEBソムリエ?
いいえ私はソムリエというほど肩書や気取ったものよりも、ワインを簡単に開けられるワインオープナーのようにありたいと思っています。

インターネットは、昨年、先月と現在と変化していく進化が激しいので、技術的なことは顧問サポート、コンサルティングによってスクラップ&ビルドする費用*効果より、経営や営業スタイルの変化によって、ツールや仕組みを対応させなければなりません。また、経営者や本業に集中すべきで、あれこれ技術的なノウハウを覚える時間がありませんし、やるべきことはたくさんあります。結論は経営者はWEBも含めて総合的に把握でき、ペンを持つ感覚と同じように発信できるWEBにあるのです。

結論的には、WordPressのみで管理することがコスト・時間・使いやすさ・世界最大のユーザー数による最新性と汎用性などで、大は小を兼ねるの点でWordPressがその最有力CMSであると思います。

顧問契約料をとって世に言ういろいろなコンサルタントという名称がふさわしいとは思いませんが、コンサルタントではありません。そうした業種を否定するのではありませんが、私個人の経験でも高いコンサル料でいったい何を得られたのか分かりません。最新の成功事例をいくら豊富に並べてを数百万円もだして残るのは一冊のバインダ。。。環境はそれからも日々変化し、昨日の成功事例が明日にもその通りやれば成功するとは限りません。また、企業も市場も同じようなケースは存在しません。

別途、サポートをするのがWEBオープナーです。無料でもいいのですが、時間や交通費はかかります。WEBデザイナー、とかひとつの専門家でもなく、経営とITを総合的に耐えずどう活かすかをサポートしています。いわゆるそれはWEBコンサルタントですが、もっとその他に表現する適当な名称が見当たりません。

曖昧さは悪なのか?

コンピュータ分野で日本的なソフトやプログラミング言語等は開発されながら世界標準になれなかった。携帯電話も豊富な機能を持ちながら世界から取り残された機種はガラケーなどと揶揄され、今はアップルのスマートフォンに侵蝕されてしまった。

ブラウザではマイクロソフトのI.Eが標準であっても、検索エンジンの老舗YahooからGoogleが短期間に世界標準になった。
ショッピングモールでも国内最大手の楽天をAmazonが急伸し追い抜いてしまった。とくにブック販売ではアマゾンの独壇場である。

なぜかといえば、
日本のコンピュータ、インターネットにありがちなごちゃごちゃした説明やデザインとは違い、英語力がなくてもビジュアルで分かりやすいそのシンプルさ、明瞭さに決定的違いがあると私も大いに使っている。

しかし、Googleの唯我独尊的変更は必ずしも成功していない。次々にサービスを生み出してはいるが、追いつけない間にほとんどが消えていったり失敗しているようだ。また、Googleがベンチャー起業を買収すると、強力になるかといえば必ずしもそうなっていない。その良さが失せてしまう傾向がある。例えば、ブログサービス老舗だったBlogger、クラウド画像のPicasaであろう。

それはそうとして、コンピュータは“0”か”1”かの2進法である。”on”と”off”である。また、西洋文化は善か悪か、”Yes”か”No”か、”白”か”黒”を主張することで成り立っているのである。

ところが、日本は島国という地理的環境から、古来より日本の伝統・文化とは、大陸のような民族の侵略を受けたことがなく、多神教の神道は、自然を征服するのではなく自然に感謝し共生をはかる。日本人はそうした自然信仰や先祖崇拝の慣習と並んで、「神道」の精神性を掲げて、それと呼応する「人道」も大事にして来ていた。仏教が入ってきても、七福神のように同じ神として神道に吸収した。古きを守り新しき良い物は受け入れるのが、あいまいな部分はそれはそれとして許容するのが日本人の精神なのである。たとえ悪人であっても死後は水に流す。それは清めである。同じく祟(たた)る神として崇めるのである。

大陸ではこうは行かない。アメリカでは先住民であるインデアンを残虐し、土地を奪うことで入植する。ハワイ、フィリッピンでも同じだ。征服者であっても勝者が善であり、敗者は悪となる。同じアジアでもそれは同じなのだ。絶えず侵略征服されてきた支那・朝鮮民族には理解し難いのである。

最近グローバルとさけばれて久しい。しかし、近現代の日本は鎖国だったのか。国際化してきた国だ。80年代までGDP世界第二位のインターナショナルな経済大国だった。グローバルとは国境を越えた経済化であり、インターナショナルとは違うと聞く。
歴史・文化を排したグローバルで勝負するとは、コストや物流の勝負になる。つまりアメリカや発展途上国が有利になるということである。TPPなどといってグローバルにならなければ経済が取り残されると煽る人たちは、日本を国家というものを、歴史伝統を知らないの人たちではないかと首を傾げたくなる。国際社会で日本人は、はっきりものをいわないからダメだと英語力だというが、それで何を話すのだ?値段交渉だけなら安い国に勝負にならないではないか。それよりも日本の歴史・文化を知らない事のほうが問題の本質ではないだろうか?小学校で神話、『古事記』や『日本書紀』などを教えることが、まず日本を取り戻す最初の一歩である。日本人の細やかな技である。英語が下手でも構わない。日本人としての自信と誇りをもって、日本の歴史文化を語れる人間が世界で通用するのである。英語や法律、経済の勉強より、今旧身なのは小泉竹中の誤った新自由主義、規制緩和路線でぶっ壊れてしまった、産業構造、技術者、職人の継承が急務だ。地域社会の再生だ。日本は駄目だと思い込んでいるが、日本には外国人から見ると羨ましい歴史や伝統文化が埋まっている宝庫であるということを再認識することだ。それが日本を取り戻すことである。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

お盆の墓参りの意味

今日はお盆前のお墓掃除の日。

先日、親戚の叔父の初盆で法事に行った際に僧侶のお話で、

お盆にお墓詣りするのが習わしであるが、本来お盆は13日夕刻にご先祖が家に帰られるものである。
したがって、14日にお墓に参っても仏様は居らっしゃらないからおかしいのだそうだ。

聞けばなるほどそうだと思った。

お盆にはお墓参りにいくのではなく、ご先祖様の霊を迎えにいくためだそうである。16日の京都の大文字など五山送り火はご先祖様をお送りするもので、「妙・法」も最近は点灯する作業が困難になってきたとか。
地方によって15日に送り火を行うところも多いそうだ。

50過ぎても知らないことがまだまだある。

2013-08-13-17.51.32
家でも繋がれる老猫をたまには墓掃除に外に連れて行きました。亡き犬のタロの墓標に隠れるトラ15才。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

「清正公祭」と「日高夏まつり」

7月23日は「日高夏まつり」でしたが、本年から第四日曜日で28日(日)になります。

元々、起源は「清正公祭」清正公さんで、加藤清正公の命日です。立光寺には、熊本城主加藤清正公の墓所、熊本の本妙寺から木像を譲り受けお祀りして、清正公の命日である7月24日の前日に「清正公祭り」を行ったのが始まりと言われています』。
竹中江原区長と一緒です。

商工会青年部で夏祭りを長年携わり、いろいろ調べてレポート報告しました。その頃は、立光寺住職にお話をお聞きしたり、なんとか土日にすべきだと願いつつ、やはり祭りの由来は、加藤清正公の命日723日で替えられるものではありません。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

Scroll to top