第2回 「新しい日高地区をつくろう会」

第2回 「新しい日高地区をつくろう会」~日高地区を一緒に盛りあげよう~

平成27年10月30日(水)19.30~

於:日高地区公民館多目的ホール

最近ではとくに肌寒い日となりましたが、みだしの会が豊岡市日高地区各区関係者が集まって行われました。当区(東構区)は区長・副区長・事務長(私)と前区長会長のN氏4名が出席しました。豊岡市日高地区は日高地区は、旧日高町のJRの江原駅、役場、病院、学校など公共施設が集まる中心部で、日高小学校区ともいえる18区で構成されています。合併後の豊岡市は広域であることから、円山川沿いその支流出石川沿いの地区とそれ以外の地区では人口、少子高齢化率に大きな格差が見られ、日高地区は人口減少傾向は数少ない地区ではあるものの減少傾向にあります。

5年毎に行われる国勢調査によると、日高地区内でも人口格差は起きており、国分寺、山本、東構3区は人口増であります。

  • 0~19歳人口推移は、H12年1,845人→H17年1,635人、H22年1,664人。
  • 65歳以上の世帯数でみると、江原区、日高区がとくに増加が激しく、他の区でも微増は同じです。

日高地区公民館の名称が日高地区コミュニティとなることで、基本変わりませんが、これからのコミュニティは、行政主体から住民主体の地域づくりであること、

放送大学でかつて「コミュニティ論」「人口減少社会の生活像」「人口減少社会のライフスタイル」を受講(といっても教本とテスト程度)しており、自分を含めてこれからのライフスタイルにとっても欠かせないテーマ。

なので、興味深く参加してきました。

偶然、10月25日は市立歴史博物館「とよおか市民学芸員応用講座 第3回「くずし字に慣れる③」

講師 近大姫路大 松下正和先生

豊岡市市立歴史博物館

第1回から気多郡知見村の古文書をもとにくずし字を読み解く講座を受講していましたが、精巧な住民、石高、山林田畑の記録が五人組といわれる村のまとめ役衆においておこなわれていたことに感心しました。その内容は今と変わらないばかりか、より詳しい記録です。

 

実は日本こそ、西洋に負けないすぐれた民主的コミュニティ運営が江戸時代でもおこなわれていたのであり、戦後あまりにも行政に頼りすぎてきたといえるかも知れません。戦前に回帰しようというのではなく、日本のコミュニティを知ることからはじめることも大切です。

 

「五人組合帳」

なんでもカタカナにすれば新しい素晴らしいことかのように思わせる風潮は、大学教授などがそれがアカデミックでありなんと勘違いしていると思えてなりません。明治に福沢諭吉が西洋政治・文化などを取り入れようと懸命に学び、外来語をそのまま使用せず、日本人に分かりやすいように経済、政治、社会など、新しい日本語を創生しました。分かりやすいようにする人こそ賢者であります。はるかに明治の先人は偉大だと思うのですが、戦後は外来語を翻訳しようともせずそのまま使うことはむしろ愚かな行為であり、戦後の学者はむずかしいことをカタカナで余計難しくしたり、美しい漢字や日本語を簡単にすることが進歩だと思っておられるのか、若いころアメリカ文化や洋楽に浸った私の世代ではあるけれど、50を過ぎてもっといろいろなことを知れば、薄っぺらく格好だけ真似たシロモノこそみっともないものはありません。

何でもカタカナにすれば新しいと考える薄っぺらな発想こそ、平成も27年経った今では最早古臭くさえ感じます。グローバルとはアメリカ中心の経済では都合は良いかもしれませんが、国ごとにその特性や歴史伝統文化のバックボーンがないだけではインターナショナルに通用しない日本に衰退するだけの気がします。それは凡人にしか過ぎないことを自ら知らしめている愚行としか思えませんが、あらゆる場面で行われてきたことでありますが、公民館なら3文字で済むのにコミュニティセンターは9文字で長くなるし、高齢化社会というのにコミュニティってなんだえ?と高齢者にわかりにくい名称に変更することが本当に高齢者を考えておられるのかどうか?そんなツッコミを入れたく気も随所にあるのですが(笑)。いま福沢諭吉が生きていたらコミュニュティセンターという言葉を公民館と名付けたかも知れません。その方が意味が伝わりますj。アルファベットより字で意味を表す感じこそ、世界的に優れた文字であります。基本ヨーロッパでは教会を中心に都市国家、集落が形成され、日本では神社を中心に農村が形成されており、GHQの町会、町内会、自治会の解体があって、戦後また復活し神社境内や隣接地に公民館が建てられ、コミュニティそのものは何も変わらないどころか、むしろ自治会活動は主体性が重要になってくるということですが、ところが少子高齢化と人口減少は全国的に進んでいくことは避けられず、自主的コミュニティ運営と地域リーダー不足という、この正反する2つの課題をどのように取り組むべきかが本質だと思います。

本邦初!?但馬の古刹 「水生山長楽寺展」

本邦初!?但馬の古刹 水生山(みずのうさん)
水生山中腹の長楽寺境内にある散り椿でも知られます。樹齢500年で、八重の花が散るとき花びらが1枚づつ落ち、地面は緋もうせんを敷きつめたようになります。境内までは歩いて登らねばなりませんが、高野山開創1200年にあたる今年、長楽寺の全面的な協力のもと、寺宝などを一挙公開する長楽寺展が開催されることになりました。

2015.11.12~2016.3.15 豊岡市市立歴史博物館(但馬国府・国分寺館)
【関連イベント】
対談「長楽寺住職と歴史を語ろう」12.6 同館映像ホール
体験教室「香木を調合して“におい袋”を作ろう」
2015.1.17 同館総合学習室
協賛事業
「長楽寺で座禅体験」 2015.11.22 午後2-3時
会場:長楽寺 参加費無料
「気軽に写経を楽しもう」
2016.3.6 午後1時30分~3時30分
会場:長楽寺 参加費:300円

豊岡市日高町上石にある長楽寺は、高野山真言宗の古刹。和銅6年(713)に行基が開いたと伝えられ、1300年の歴史を有しています。高野山開創1200年にあたる今年、長楽寺の全面的な協力のもと、寺宝などを一挙公開。
本展では会期を2期に分け、それぞれ「長楽寺の歴史と文化」「真言密教の美術」というテーマで長楽寺に伝わる様々な文化財や美術品などから展示が行われます。
くわしいことは http://www3.city.toyooka.lg.jp/kokubunjikan/

区事務長としての広報と豊岡市市民学芸員です。

八鹿日高道路 久斗トンネル見学会

  

八鹿日高道路 久斗トンネル見学会の関係区見学説明会に行ってきた。

(右)砕石を運ぶコンベア

平成27年10月25日(日)午前10時から11時30分まで
場所 豊岡市日高町久斗地先

北近畿豊岡自動車道(国道483号)八鹿日高道路は、全長70kmの国道483号、北近畿豊岡自動車道の八鹿氷ノ山IC~仮称日高IC区間の名称である。久斗トンネルは日高町浅倉から久斗・東構区境まで全長1,471mで、平成27年2月6日から10月19日現在久斗側の抗口から約350mまで掘り進んでいる。完成予定は平成28年、供用開始は29年となっている。

約100名を超える参加者へ、施工者(株)大林組の方々により、簡単な説明とヘルメットを着用後、いよいよトンネル内へ。

  

久斗トンネル抗口、下は稲葉川

  

  

  

  

日本最大の掘削機カヤバRH-10J 日本に3台のみを但馬初採用。

  

最先端部に到着。受付で全員に渡された小さなビニール袋に小石を記念に収集。

第55回 日高地区町民体育祭 東構区4年ぶりに優勝!

秋晴れの日曜日、第55回 日高地区町民体育祭が行われました。
昨年は雨天中止となり、2年ぶりの開催です。

  

  

100周年記念に新調したテントを初めて使用 東構区応援ブロック

最終種目の総合リレーまでの成績は、1位が江原区と東構区で2位が久斗区と道場区で、1位と2位の差は1点という激戦に。1位入賞数で江原区が7個、東構区が5個なので同点なら江原区が優勝となります。

  

少年少女リレー                   表彰式 川上区長・井上体育部長・


最後の総合リレーは、大会の花形種目。ここで東構区が最後部ランナーを1周抜いてぶっちぎりの1位。2組の江原区は4位、3組の久斗と道場も1位とはならず、東構区が6点、江原区が3点となり、東構区が2012年と昨年2014年度は雨天中止となり5年ぶり(通算3年ぶり)に優勝が決まりました!今年で区誕生100周年にふさわしい成績を飾りました。

日高地区町民体育祭成績

西暦 平成 区成績 参考
2015 27 55 優 勝 準優勝 江原区
2014 26 54 (中止)
2013 25 53 準優勝 優 勝 久斗区
2012 24 52 (中止)
2011 23 51 準優勝 優 勝 久斗区
2010 22 50 優 勝 準優勝 久斗区
2009 21 49 準優勝 優 勝 江原区
2008 20 48 優 勝 準優勝 江原区
2007 19 47 優 勝 準優勝 道場区
2006 18 46 優 勝 準優勝 江原区
2005 17 45 優 勝 準優勝 山本区

撮影:事務長、橋本会計

敬老の日に


21日「敬老の日」

かつては祝日はどこのお宅でも当たり前のように日の丸を出していましたが、区内でも国旗を掲揚しているのは我が家くらいですw

当区は20日に区の敬老会を行いました。

70歳以上の方は137名おられます。

当日の参加者は43名でした。

月日は早いもので、うちの母(89歳)も参加者で最長年の方になりました。

 

川上区長と酒井副区長

(以上拙者撮影)

  

銭太鼓                         スマイル コーラス

  

 

区長の高校3年生   カラオケタイム

(以上橋本会計撮影)

Scroll to top