TVタックルに西田昌司先生初見参!!

自民党参議院議員の知る人ぞ知る西田昌司先生が、ついに3月4日(月)21:00から放送のテレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」に初出演されました。

なぜついにかというと、毒舌と恐れられ地上波に出演する機会がこれまでなかったからなのです。朝まで生テレビにお出になったことはあります。

信号いらず丸い交差点、日本に定着するか?

昨日、この記事を見つけて、豊岡のロータリー交差点(寿ロータリー)が浮かんだので書いてみる。

信号いらず丸い交差点、日本に定着するか?

(2013年2月23日 読売新聞)

信号機を使わない「ラウンドアバウト」と呼ばれる円形状の交差点が注目を集めている。


構造上、進入する車は必ず減速しなければならないため、重大事故が減らせるほか、信号機いらずで停電時の心配もない。欧米ではすっかり定着しているが、ドライバーは信号機任せにできない分、合流のタイミングなどで「判断力」が試される場面もしばしば。果たして日本では――。

合流難しく「慣れ」必要

◆維持費も安く

長野県飯田市の「東和町交差点」は今月5日、直径30メートルのラウンドアバウトに生まれ変わった。信号機を撤去して交差点を改修した全国初の試みで、同市は「交差点で減速するので、『以前より安全になった』という声が多い」という。

信号機にかかる維持費、電気代も削減でき、約20年ごとに必要な信号機の交換も不要。信号待ちが不要になるため、市では、この交差点での二酸化炭素(CO2)排出量を1割程度削減できると試算している。

名古屋大の中村英樹教授(社会基盤工学)は「交通量が少なく、用地を確保しやすい場所では効果を発揮しやすい」と指摘。地方都市を中心とした導入を提言している。

◆被災地も注目

信号機が不要になるため、東日本大震災の被災地も関心を寄せている。震災当時、停電で信号機が全面ストップしたため、交通網が混乱。津波から逃げ遅れたため車中で亡くなったとみられるのは、岩手、宮城、福島3県で少なくとも677人に上り、停電で信号機が消えた交差点で交通整理にあたっていた警察官30人が死亡・行方不明になった。

岩手県は、津波で大きな被害が出た、陸前高田市内の県道交差点での導入を検討中。津波発生時は「徒歩で避難」が原則だが、高齢者を連れて避難する際は車が必要なケースもある。市内にラウンドアバウトが増えれば、「スムーズに避難できる」と期待する。

マグニチュード9級の南海トラフ巨大地震で津波被害が予想される東海地方などでも、ラウンドアバウトへの関心が高い。このため、国土交通省は自治体や警察などと導入に向けた勉強会を重ねている。

◆左折で入り左折で出る

いいことずくめに見えるラウンドアバウトだが、不安材料もある。従来の交差点では、止まるか進むかの判断は信号機任せで良かったが、ラウンドアバウトになれば、交通法規に従ってドライバー自らが判断しなければならない。

導入されたばかりの長野県飯田市でも、「合流する際に方向指示器を出さない車がいる」「危ない思いをした」などの声も上がる。中には不慣れなため、環状路に入ったものの、曲がるタイミングをつかめず何周もグルグルとまわってしまうケースもあるといい、戸惑う人も少なくない。

「結局は慣れの問題」と語るのは、国内外の道路事情などに詳しい、モータージャーナリストの清水草一さん(51)。「最初は慣れないかもしれないが、基本動作は『左折で入って、左折で出る』だけ」と助言する。信号機がなければ、横断する歩行者にもより注意を払うようになるとして、「いっそ環状路の幅を狭めて心理的にも速度を出せないような工夫をすれば、安全性はさらに高まるはず」としている。

【ラウンドアバウト】 環状路を走る車両が優先で、左側通行の場合は時計回りの一方通行となる。国際交通安全学会(東京)によると、欧米で1960年代から普及が進み、ドイツでは4000か所以上、フランスの地方都市は原則としてすべての交差点に導入。日本では、愛知県豊田市、茨城県日立市など約10か所に設置例がある。(鈴木絵里奈)

ただ、こういう意見もある。

ロータリー交差点が普及しない理由

ネックになりそうな「左方優先」の原則

ロータリー交差点がいろんな意味でメリットが数多いことは前回書きました。それなのに、どうして日本では普及していないのでしょうか。

国土交通省のHP(http://www.mlit.go.jp/road/soudan/soudan_06_07.html)によれば、かつては日本にもロータリー交差点があって、実際に使われていたようですね。
しかし、
①大型車の通行に支障がある
②信号交差点と比較して交通容量が小さい
③広い面積が必要なため、市街地では用地の確保が困難である、

などの理由で主要交差点から消え去ってしまったということです。一方で、最近になってロータリー交差点のメリットが見直されつつあるともHPでは書いています。

ならばロータリー交差点が整備されていくのかというと、現実はなかなか難しいようです。その最大のネックになりそうなのが、「左方優先」の原則がある道路交通法です。この「左方優先」に従えば、左方から車両が来ると周回中の車両が停止する必要が出てきてしまうからです。そのため、日本国内にあるロータリー交差点のほとんどは、本来の機能を発揮しない変則的な運用になってしまっています。

運用の仕方で現行法でもロータリー交差点は生かせる

ただ、ロータリーに入る手前に「止まれ」標識を用意すれば、基本的にロータリー交差点としての役割は果たせます。すべての車両が交差点に入る前に停止すれば、ロータリーを周回中の車両が優先扱いとなりますからね。その運用例が鳥取市にありました。

写真は鳥取市内の今町ロータリー交差点です。交差点内は時計回りの一方通行となっていて、交差点につながる道路はすべて一時停止するようになっています。つまり、現行の道路交通法の下で、ロータリー交差点としてのメリットが生かされているのです。ただ、この交差点で車両の動きを見ていますと、周回中の車両がいるのに交差点内に強引に入ってくる車両が少なくありません。「周回中の車両の進行を妨げるようではロータリー交差点のメリットは活かせない」ドライバーはこの考え方をきちんと身につける必要があるのです。

住宅地に最適なロータリー交差点

個人的には大規模な住宅地開発でロータリー交差点の設置を義務づけてみてはどうかと思っています。ロータリー交差点は街のデザインとしてもシンボル的な存在になりますし、住宅地なら交通量はそれほど多くないですから、交通容量としても十分見合います。夜間の無駄な信号も不要で、その上、ロータリー交差点では速度を落とさなければならなくなる、という安全面での二次的な効果も得られます。

信号を必要としない交差点を造るのにはどうしたらいいか。そんなことを真剣に考えるべき時期に来ているような気がします。

小学生の頃、豊岡に遊びに行って、珍しいロータリー交差点をはじめて見た時のことを記憶している。親から真ん中にあるのは豊岡に上水道建設に寄付した中江種造の銅像だ聞かされた。(種造氏についてはhttp://www.tanshin.co.jp/zaidan/1hito/22nakae/index.html

しかし運転してると、通行量が多くはないんで、さほど気にはならないが、右折でもぐるっと回らなければならないのは面倒くさい。混雑する交差点では事故も起こりやすい欠点があるようだ。

公共放送ではなくなったNHKの存在は害悪だ

NHK(日本放送協会)は、国営ではないが実態は非営利社団法人の公共放送である。公共放送なのだから、民間放送とは異なり、基本的に主とすべきは国家と国民である日本に有益な放送を行うためにあるはずだ。

ところが、NHKを鑑賞していると、ふつうの感覚であれば、ニュースや討論番組、中国のドキュメンタリー等、どこの国を主に放送しているのかと不思議に思える。かつて放送開始と終了時には日の丸と君が代が流れるスタイルがずっと決まりだった。それがなくなった頃から、ここ数年顕著になっているのだ。

報道の自由というものは、本来、視聴者に事実を報道する権利という意味なのであるが、マスメディアは、それを自らが何を報道することも自由なのだと履き違えている気がします。倫理や国益を害する他国依りの報道は、放送免許を国から与えられている以上、野放しが自由であるはずがない。

放送法では、公正中立に両者の意見を取り上げることを前提にしているのに、明らかに意図を持って露骨に左翼的・中韓依りの中国人・韓国籍(帰化含む)のコメンテーターを起用して、日本側の出演者のコメントを遮るケースが目立っている。

これは、最早、多少の番組の個性といった多様性ではなく、明らかに国家解体の意図を持って行なっているのであれば異常事態である。

劣化する中国経済


【中国ニュース解読】日本製品ボイコットについて

中国の日系自動車メーカー、マーケティング活動再開
毎日中国経済 10月17日(水)11時1分配信

【中証網】釣魚島(日本語名称:尖閣諸島)問題は日本のメーカーの今年の中国販売のペースを乱し、日系合弁自動車メーカーに至っては、一時中国でのすべてのマーケティング活動を停止した。その影響は9月の業績に表れた。中国汽車協会の集計によると、9月の日系自動車販売は前月比29.49%減、前年同期比40.82%減の16万台にとどまり、日系合弁ブランド車は同月の販売ランキング上位10位から姿を消した。

だが東風日産、広汽本田、広汽豊田、東風本田などの主要メーカーは販売損失を最小限に抑えるため、消費者の信頼感回復に乗り出し始めた。

しかも、中国独立系のスターだった電気自動車メーカー比亜迪が失速。

中国電気自動車メーカー比亜迪が失速 「期待の星」が一転、経営難に
産経 2012.10.17 08:49 (1/2ページ)

 中国で電気自動車メーカーの先頭を走っていた比亜迪(BYD)が売れ行き不振などから経営難に陥っている。もともとは世界的な電池メーカーだったが、電気自動車の将来性を見込んで十数年前に自動車産業に参入。一時は「期待の星」と騒がれたのだが、あまりに先を急ぎ過ぎたツケが回ってきたということだろうか。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ https://www.facebook.com/yamane.kouji

 それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。

長谷川博己 来年の大河で綾瀬はるかの最初の夫、川崎尚之助役に

今年の大河「平清盛」は不作だった。すっかり観る気もしないいので、来年の大河ドラマ「八重の桜」に、昨年決まった頃から注目していた。

というのは、同志社の祖、新島襄より、八重の最初の夫、川崎尚之助が登場するのか興味があったからです。

但馬の人でも知られていませんが、川崎尚之助は実は出石藩士で、会津藩で西洋学の教授を務めた人物です。東大初代総長加藤弘之(出石藩)、第3代 濱尾新(豊岡藩)、天気予報と校捕「但馬考」作者、桜井勉(出石藩)…。出演回数はわずかかも知れませんが、但馬がどう取り上げられるのか注目しましょう(^^)

長谷川博己 来年の大河で綾瀬はるかの夫役に

来年のNHK大河ドラマ「八重の桜」に出演することが決まった長谷川博己
Photo By スポニチ

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/05/17/kiji/K20120517003266780.html

NHK「セカンドバージン」や日本テレビ「家政婦のミタ」でブレークした俳優の長谷川博己(35)が、来年のNHK大河ドラマ「八重の桜」に出演する。

綾瀬はるか(27)演じる主人公、八重の最初の夫、川崎尚之助役。会津藩校の日新館で西洋学の教授を務めた有能な武士で、戊辰(ぼしん)戦争の鶴ケ城籠城戦では妻とともに新政府軍と戦った。落城後、妻と離別することになるが、その理由は不明とされている。八重はその後、同志社大を創立した新島襄と出会い、再婚する。

長谷川は大河ドラマ初出演。「セカンドバージン」で妻がいながら年上のヒロインとの不倫におぼれる男性役、視聴率40%台を叩き出した「家政婦のミタ」では4人の子供がいながら同じ会社の女性と不倫した父親役を熱演。繊細な演技とクールな表情を武器にした「女性に振り回される亭主」が“当たり役”になっている。今回も、戊辰戦争で銃砲を手に戦い、「幕末のジャンヌダルク」と呼ばれた男勝りのヒロインの夫役をどう演じるか注目だ。

新島役は現在調整中。八重の兄、山本覚馬役は西島秀俊(41)が演じる。また、東日本大震災の被災地となった福島県を舞台にした同作には、被災地の復興と活力ある日本への思いが込められており、俳優の西田敏行(64)ら東北出身者が出演することも決まっている。

◆長谷川 博己(はせがわ・ひろき)1977年(昭52)3月7日、東京都生まれの35歳。文学座在籍中の02年に「BENT」で初舞台。蜷川幸雄氏演出の舞台に多く出演。脚本家の大石静さんに抜てきされた「セカンドバージン」で注目を集めた。
[ 2012年5月17日 06:00 ]

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく

甲子園と阪急今津線がなつかしい

5月4日 豊岡市商工会主催による恒例の企画で3回目になる。昨年以来1年ぶりの甲子園。巨人VS阪神戦を観戦しに甲子園球場へ行きました。先発投手は能見VS杉内。杉内は今年ソフトバンクから巨人に移籍したが、実質エース対決といえる。試合は4-0で負け。いいとこなし。

5日には芦田愛菜ちゃんが始球式を行なっていたが、愛菜ちゃんをも出演している関西テレビの「阪急電車」のPR。夜に同映画を観た。前から観たかった映画だった。チャンネル桜「討論!討論!!討論!!!」を観ながらだったので部分部分観ていない箇所があるので、またゆっくり観たい。

阪急今津線が舞台となっていて、おじさんが宝塚逆瀬川に住んでいるので、子供の頃から今津線はよく乗った。当時は宝塚南口は地上駅で出るとファミリーランドに連れて行ってもらったり、西宮北口から梅田阪急へ連れて行ってもらったリ、昭和40年代は木の日除け窓が珍しくて上げたり下ろしたりして遊んだこともある。

沿線を舞台に登場人物が絡みあいながら、人生の機微がテーマになっていて、駅名もそれぞれ懐かしかった。甲東園から関学も行った。

  

金本選手                  トラッキー

サザエさんオープニングPRで但馬を紹介

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく

3月9日フェイブックでフジ系列「サザエさん」のオープニングで但馬が紹介されることになったので盛り上がって?います。

人気アニメで但馬の観光スポットが紹介されるのは、それは嬉しい事なんですけど、商業ベースの民放TVがタダで動くはずはないのではと考えるのが商売人の性だったりするのですけど。。。。

とある議員さんのブログによると、

それはさておき、但馬空港推進協議会で変わったPR事業をすることになりました。「サザエさんオープニングPR業務」です。但馬の知名度をあげるための発信です。

「サザエさん」のオープニングで主題歌にあわせ、サザエさんが全国各地の観光地をめぐる様子がアニメで描かれています。そこへ、但馬地域を中心とした兵庫県の観光名所等を紹介するものです。

4月~6月では、但馬空港、戸島湿地、コウノトリ公園、城崎、牧場公園、竹田城、ホタルの里、出石、神戸等です。

7月~9月は、神戸北野にはじまって姫路、但馬ステーキ、合ガモ、溶岩流、円山川カヌー、ジオパーク、玄武洞、湯村温泉、今子浦等が紹介されます。ご覧下さい。

神戸新聞3月9日但馬総合版朝刊によれば、県が補正予算で計上した事業費は900万円とありましたが、神戸新聞WEB版には記事掲載がありません。

テレビ全国ネットCMスポットが10秒コマーシャルで数百万であることから考えれば、4月から9月までの半年間はロングランです。900万円は安いと言えるのかも知れませんが、、、。

ただ、出所は但馬空港利用推進事業なんだというと複雑な心境ではあります。15年ほど前に日高町商工会青年部(現豊岡市商工会青年部日高支部)35周年記念事業で、但馬空港活性化をめざし、(無謀にも)サーブのチャーター便を鹿児島まで飛ばしました。後にも先にも民間で一商工会青年部がチャーター機を運行したのは一回だけのようです。なぜ鹿児島になったのか、それは当時日本エアコミューターの本社が鹿児島空港内だったからです。当時の運輸省は航空路線外でチャーター機を運行する前例がないと断られ、町や県にお願いし既定路線で認可することとなりました。最初は日本海時代へということで、天日槍ゆかりの新羅と但馬を結ぶ企画で、韓国釜山までを企画した所、大韓航空神戸支店によれば、せっかく打診して頂きありがたいのですが、但馬空港に離着陸できる機体を保有しておりませんので鳥取空港ではダメでしょうか?ガ~~ンといういきさつがありました。

宣伝するのは悪いことではありません。どんどんPRして但馬空港を活性化出来たらいいことですが、根本的にローカル空港としても但馬空港は、滑走路がジェット機就航は不可能で、いま地方空港が期待するLCCでも無理。2000mの滑走路を持つ鳥取空港ですら、現行では毎日鳥取-羽田2往復(ANA)Airbus A320/166席のみの運行となっています。

ウィキペディアで調べると、

■オープニング

現在のオープニング曲は前奏はないが、放送開始当初は前奏が最初に入り、1番の部分のみ使われていた。また、オープニングアニメーションやタイトルロゴも異なっていた他、「朝日新聞連載中」とクレジットされていた。

初期のイントロ入りフルバージョン

オープニングでの各地方の紹介は1974年(昭和49年)から行われてきた。
2000年(平成12年)からは1つの県に絞って半年間(一部例外あり)流す方式に改めている。

内容は季節に合わせ3か月ごとに変更している。
2000年(平成12年)からの新方式では、紹介を希望する県や自治体から協力費を受けている。
2001年(平成13年)の愛媛紹介で愛媛県が補正予算で計上した事業費が630万円。
2002年(平成14年)の岐阜紹介で岐阜県と県観光協会が制作費として負担した金額が約700万円。
2007年(平成19年)の愛媛紹介で松山市などが計上した協力費が840万円。
2007年(平成19年)の富山紹介で富山市が補正予算で計上した事業費が840万円。
2008年(平成20年)の山口紹介で山口県が支払った協力費が630万円。
2009年(平成21年)の新潟紹介で新潟県が予算に計上した協力費が800万円など。

なお、オープニングは提供を含めて1分40秒(オープニング曲自体が1分30秒、地方紹介部分が1分10秒ほど)であるが、日曜日の同時間帯に60秒のCMを半年間放送した場合には最低でも9600万円以上必要とされるため、費用対効果の高い観光PRとして注目されている。

東芝単独提供時代には、市街地のシーンにほぼ必ず「東芝」、後に「TOSHIBA」の看板が掲げられていた。
FNSの日内で放送される際のオープニングでは、普段のものとは異なるアニメが使われる。また、提供クレジットは、番組開始前に流れる為、番組中では流れない。

■『サザエさん』のオープニング訪問地

1991年 広島県
1993年 東海地方
1994年 関東地方 中部地方
1996年 北海道
2000年 長野県、福井県、富山県
2001年 愛媛県、佐賀県
2002年 – 2003年3月 岐阜県、山梨県
2003年度 岩手県、石川県
2004年度 静岡県、鹿児島県
2005年度 愛知県、広島県
2006年度 宮城県、岡山県
2007年度 愛媛県、富山県
2008年度 山口県、岐阜県
2009年度 新潟県、茨城県
2010年度 東京都[61]秋は江戸時代、冬は明治時代だった。
2011年度 鹿児島県、大分県

「銅鐸の鳥はコウノトリ」説が浮上 新たな論争に

豊岡市のコウノトリ神社-久々比(くくひ)神社「祭神:久々遅命(くくちのみこと)」が有名だが、阪南市にもコウノトリの神社がある。
波太神社・鳥取神社
式内社 祭神 角凝命、応神天皇
大阪府阪南市石田167
摂社 鳥取神社「天忍穂耳命」
鳥取部の本社。古来、鳥取大宮と称し又は波太八幡宮の社等の称号あり、波太神社は鳥取氏の祖角凝命を主神として相殿に応神天皇を祀り、延喜式内の旧社にして国内神名帳に神階正四位下波太社とあり、鳥取大宮の称は鳥取郷の総社たるを以てなり、御鎮座年代詳かならさるも社伝(妙法院二品尭延親王の撰したるもの)に曰く、 和泉國日根郡鳥取郷者天之湯河板挙居地也、湯河板挙為垂仁天皇子誉津別命捕くぐい献之始皇子乃長無言於是発言天皇大悦、即賜姓曰鳥取造事日本書紀湯河板挙社建於波太むら祭祖神角凝命延喜式神明町所謂波太神社是也、古、紀、其他の史書に曰、垂仁天皇の時角凝命三世の孫天湯河板挙、皇子誉津別の為にくぐいを出雲(或は云但馬)に捕えてこれを献ぜしかば天皇其の功を賞して鳥取連の姓を賜ふ云々。時に天湯河板挙一族の居住地たる大字桑畑の奥の宮に祖神角凝命を奉祀す。 これ波太神社の起源なり。 波太は畑の義にて鎮座地を社名としたるなり。
物部氏にゆかりのある銅鐸と白鳥伝説の白鳥とは、「ハクチョウ」ではなく、シラトリであって、サギかコウノトリに絞られるようだ。
http://sakezo.web.fc2.com/hiboko8.html


Scroll to top