どんな人がWordPressに向いている?

CMSに何を選べばいいのか?

ホームページとCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)の違いは、ひとことで言えば両者は比較の対象ではなく、別なものです。ホームページはWEBの日本だけでの呼び方で、日本では一般的にWEBよりホームページという呼び方が浸透していますので、ホームページとしていますが、本来はWEBのトップページのことを「ホームページ」あるいは「トップページ」と呼ぶのであり、おかしいのですが、いまさらなのでホームページとします。

CMSとは、他のページで書いていますので簡単にいえば、ホームページやブログなどをコンテンツといい、それらを統合し誰でも更新できるようにしるWEB管理システムの略称です。

WordPressはブログから発展してきたCMSの世界最大規模のオープンソースCMSです。最初はブログをより使い安くし、本体のバージョンアップや多彩なプラグインにより、多機能に広範に発展し続けています。しゃれたデザインやレイアウトになればなるほど、専門知識がないとインストールに複雑なファイルがたくさん増える傾向にあります。ちょうどワープロソフトや表計算ソフトが、初期からだんだん複雑に高機能化されていく状態と同じように、サイトのページ数やサーバー量が少ないし、初心者にはもっとシンプルな軽いものでよいという意見もでてきます。そこでCMSには他にもたくさんありますが、企業サイトを主にしたものであれば、WordPressをコンパクトに企業サイトに絞ったようなConcreat5、もっとシンプルなgpEasy、国産ならA-blog cms、Baser CMSといったところでしょうか。ブログはしないから企業ホームページに特化したいならそれぞれ長所があるので合ったものを使えばいいといえます。(それがどれかはたえず悩んでしまいますが…)

WEb製作は様々な業者やサービス内容・料金があります。また、とりあえずホームページを持ちたいのであれば、ここにきてGoogleが無料でクラウドWEB作成のできるJimdo(独自ドメイン等はビジネス以上で有償)、Google WEb designerというものが登場しています。テンプレートが用意されており、素人でも洗練されたページが作れます。

しかし、繰り返しになりますが、ホームページを作ることはゴールではありません。作りっぱなしにするならかえって逆効果です。、ホームページはWEB上の商店であり企業の営業所であるという最も大切な目的を理解していないような作りっぱなしのホームページが多いのも事実です。ホームページは看板であり、企業や経営者・スタッフ紹介に留まらず、実際の営業のように日々変化しているものでなくては、新製品、お知らせ等の更新を専門知識がなくても経営者やスタッフがかんたんにブログ感覚で行えるのがCMSの良さです。そこが大企業を始め個人利用者までどんどん増えている要素ですが、それはCMSの編集画面=ブログ機能を使っているということでもあります。

企業のホームページと別に個人ブログを無料ブログサービスでやるのも方法ですし、個人の好みかもしれませんが、私はすべてWordPressにしています。日本国内より全世界の人々がアイデアを出し合ってオープンソースで進化していく最前線といえるWordPressが面白くてたまらないからです。
WordPressで迷っている…。実際に無料ブログの機能比較として参考になるブログがありましたのでご紹介します。

僕の私の備忘録さん「やっぱりWordPressがいい!ライブドア等のフリーブログで出来ないメリットや機能比較。」
http://blog.livedoor.jp/net_scope-diary/archives/924117.html
とくに「■どんな人がWordpressに向いている?フリーブログで充分な人も。」がポイントだと思います。

投稿を作成しました 153

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る