市民学芸員講座

1/3ページ

但州湯嶋道中独案内と筑紫紀行巻九(城崎道中記)

豊岡市立歴史博物館主催のとよおか市民学芸員養成講座応用編で、昨年から「候文に慣れる」「くずし字に慣れる」「古文書の整理方法」を学び、今月は同じシリーズで「古文書の解読」が2月27日から始まった。 「但州湯嶋道中独ひょう案内」は、江戸時代の城崎温泉ガイドブックのような携帯用に小さな冊子である。 温泉効能の概略、城崎温泉の行き方・温泉繁盛の由来・五つの湯の紹介・付近の観光地がまとめられている。江戸時代 […]

市民学芸員講座 第6回 古文書の整理方法①

一年間、講座を聴いたり、宵田城山縄張り作図、豊岡近代化遺産見学等を体験してきたが、今回からは実際に古文書の整理を手伝う作業に。 この講座では、気多郡知見村(いまの豊岡市日高町知見)の谷垣家に残る村の古文書を主に活用しながら、くずし文字の読み方を学んできた。今回からは、実際に史料の整理を手伝う作業。 江戸時代の検地で田畑の所有者、面積などを克明に記録された古文書や銀の借用書等、筆でしかもくずし文字や […]

とよおか市民講座 「豊岡を歩いた伊能忠敬」

とよおか市民学芸員 養成講座 第12回 「豊岡を歩いた伊能忠敬」 平成27年2月8日 講師:但馬国府・国分寺館館長 加賀見 省一氏 江戸時代に日本で初めて測量地図を作ったことで有名な伊能忠敬。地図好きな私には興味の高い人である。 伊能の一行は、但馬国分寺礎石を訪ねているのでわが町にも歩いて測量していたことは知っていました。 いただいた資料によると、第一次測量は、寛政12年(1800)、東北から蝦夷 […]

1 3