近代化遺産

1/2ページ

【たじまる】 明治近代化遺産 桃観トンネルと余部橋梁掛け替え工事

山陰線久谷・余部間には、山陰線で最も長い桃観トンネル (全長1,991m) があります。余部鉄橋と並ぶ最大の難工事で、 そのトンネルの東西の坑口上部に山陰線建設当時の逓信大臣兼鉄道院総裁後藤新平の筆による石額が掲げられています。 久谷側は「萬方惟慶(すべての人がこれを喜ぶ)」 余部側は「惟徳岡小(この徳は少なくない)」 と刻されています。 初期の鉄道工事には、記念すべきトンネルの両端を煉瓦や石で装 […]

【たじまる】 明治近代化遺産 余部橋梁(りょう)

特急はまかぜ(画像:JR西日本) 余部橋梁(りょう)は、兵庫県美方郡香美町香住区余部(あまるべ)、JR西日本山陰本線の鎧駅~餘部駅間にある鉄橋(単線鉄道橋)。一般に余部鉄橋と呼ばれています。地名は「余部」であり、当橋りょうの正式名称も「余部橋りょう」なのに対し、駅名が「餘部」のため、一般的に地元で使用される「余部」と、観光客や一部の鉄道ファンの間で使用される「餘部」が併用されています(同じ兵庫県内 […]

明治時代近代化遺産 達徳会館

2016.12 [catlist categorypage=”yes”] 旧豊岡中学校本館(現・達徳会館 -達徳会:豊岡高校の同窓会) 兵庫県豊岡市京町 1896年(明治29年)に、当時の本館として建設された建物。木造2階建てで、当時の流行であった擬洋風で建設されており、明治時代の近代化遺産として豊岡市指定文化財に指定されている。老朽化が烈しく現在は利用されていません。数年前に28期生同窓会が百年 […]

【たじまる】 近代化遺産 旧郡役所

   旧出石郡役所【出石明治館】/豊岡市出石町魚屋 明治25年に建築された旧出石郡役所を資料館として公開しています。 歴史を彩った出石の偉人たち、出石磁器トリエンナーレ入賞作品などを展示しています。 土日休館は何とかして欲しいものです。一度も中に入ったことがありません。    旧七美郡役所【民俗資料館まほろば】/美方郡村岡区村岡2324-1 明治27年に洋風スタイルを取り入れた美方郡の旧役場で、現 […]

【たじまる】 和田山駅機関庫

朝来市和田山町和田山駅(電車の中から撮影したのでスモークガラス) 1912年(明治45年)に機関庫と給水塔、転写台、引き込み線などが建設された。 1991年(平成3年)まで約80年にわたり蒸気機関車やディーゼル機関車の点検修理のための施設として利用された。現在は、倉庫として利用されている。 但馬の現存する鉄道施設として最古のひとつではあるが、山陰本線施設当初から一緒に歩んできた建物だけに利用されな […]