古墳

1/5ページ

但馬最大の池田古墳は誰なのか?

  • 2010.03.03

池田古墳は、長さが141mの前方後円墳で古墳時代中期(5世紀前半)とされており、この時期では日本海側で最大の規模を誇る。但馬の大型古墳はすべて南但馬にあり、特に池田古墳や茶すり山古墳が造られた和田山地域は、円山川と街道が交差する但馬最大の交通の要衝である。 この地を支配できた人物こそ、但馬王にふさわしかったといえる。茶すり山古墳は巨大な円墳で、大量の武器・武具が副葬されていたことから、ヤマト政権か […]

丹後の古墳 網野銚子山古墳

[catlist categorypage=”yes”] 【概要】 京丹後市網野町は、旧竹野郡(たかのぐん)で、日本海に注ぐ福田川と鳴き砂の浜で有名な琴引浜などの海水浴場、京都府下で一番広い湖である離湖(はなれこ)があり、古くは離湖と西の池があって福田川が流れ込んで日本海に注いでいたといわれている。

小見塚古墳 (豊岡市城崎町)

兵庫県豊岡市城崎町今津  但馬海直(あま)一族のものと考えられています。北但馬には5,000基以上の古墳がありますが、埴輪が出土したものは少なく、ここでは、現在但馬地方で一番古い埴輪が出土しています。丹後久美浜との関係がうかがえます。

但馬西部の古墳

出雲国造の同祖とされる二方(ふたかた)国造の名が記されていることからも、但馬国がまとまる前は、但馬西部には因幡・出雲に近しいクニが存在していたようです。 八幡山古墳群(やはたやまこふんぐん) 香美町村岡区福岡 5~6世紀、三角持送り式天井の竪穴系横口式石室 ・県指定史跡 八幡山の丘陵屋根の南東に寄ったところにかたまり、かつては他に数基の古墳があったようです。この丘陵上には現在4基の古墳があり、3・ […]

大薮(おおやぶ)古墳群 (養父市大薮)

画像:養父市 兵庫県養父市大薮 兵庫県養父市養父地域の円山川右岸道路に隣接した南斜面の丘陵地に大薮古墳群があります。兵庫県を代表する、古墳時代後期のに造られた古墳群です。地形は大薮集落を中心として両側に弓形に広がっています。北に山を背負い、南前方には円山川が流れています。そして川の向こうには養父神社をみることができます。兵庫県を代表する、古墳時代後期に造られた古墳群です。 大薮古墳群の大型古墳は、 […]

1 5