/ 5月 26, 2009/ ■歴史考, 神社/ 0 comments

拙者が生まれた町は古くは気多(ケタ)郡といわれていた。明治29年(1896年)4月1日、郡制の施行のため、城崎郡・美含郡・気多郡の区域をもって、改めて城崎郡が発足。(2町24村)。平成17年(2005年)4月1日
城崎町・竹野町・日高町が豊岡市・出石郡出石町・但東町と合併し、改めて豊岡市が発足、郡より離脱。香住町が美方郡村岡町・美方町と合併して美方郡香美町が発足。同日城崎郡消滅。以上によって気多郡も城崎郡も消滅したが、ところで、気多ってどういう意味なんだろう?というのがあった。

1.気多という地名

「気多」という郡名、郷名は、日本海に意外に多く、鳥取県(因幡国)気多郡(現鳥取市青谷町・鹿野町)、兵庫県(但馬国)気多郡(現豊岡市日高町)、京都府(丹後国)加佐郡に気多保(現舞鶴市喜多?)、石川県羽咋市能登国一宮気多大社(羽咋市寺家町・延喜式は名神大)、遠江国(静岡県西部)山香郡気多郷にもかつて気多郡があった。

明治29年(1896)、鳥取県の旧気多郡は高草郡と合併して、気高郡となり、現在は鳥取市。伝説で有名な因幡の白兎は、この気多郡に関係がある説話で、「この島より気多の崎という所まで、鰐(ワニ=サメのこと)を集めよ」といい、兎が隠岐から戻る話です。気多の島という名は、『出雲風土記』の出雲郡の条にも出てきます。

気多大社は、石川県羽咋市に能登国一宮、旧国幣大社で、同じ「大己貴命(オオナムチノニコト)」を祭神とする気多大社など北陸にたくさんある。気多大社の社伝によれば、大己貴命が出雲から舟で能登に入り、国土を開拓した後に守護神として鎮まったとされる。崇神天皇のときに社殿が造営された。奈良時代には北陸の大社として京にも名が伝わっており、『万葉集』に越中国司として赴任した大伴家持が参詣したときの歌が載っている。

人名では、奈良時代末期から平安時代初期にかけて、気多君の名が出てくる。

「気多の名前が分布しているのは、出雲、因幡、但馬、能登と太平洋側の遠江の五ヶ所に限られる。但馬の気多神社も、祭神は出雲国と濃い関係にある大己貴命(おおなむちのみこと)だというから、気多という名を負う気多氏は、出雲の国から起こって、その一族の播居地に、気多という名前を残していたとも考えられはしないだろうか。」

と日高町史は記している。

2.気多大社と気多苗裔神びょうえいしん

 

六国史・延喜式比定社備考
国郡旧社名社格現社名主祭神所在地
能登国気多大神宮式内社(名神大社)気多大社大己貴命石川県羽咋市寺家町能登国一宮

六国史や『延喜式』神名帳には、次に示すような気多神の苗裔神(御子神)や分祠が日本海沿いの各地に確認される。(ウィキペディア)

櫻井正範さんから自著『気多祝の源流』気多神は、越中国府に分祀された。越中国一宮気多神社である。さらに越後国が分離されると、国衙の置かれた直江津の五智に気多の神が分祀され、越後国一宮居多神社が創建された。後になって越後の一宮は、弥彦神社となった。同様に国内最後に立国された加賀国には、江沼郡(小松市額見町)に気多神が分祀され、気多御子神社が創設される。また気多神は飛騨国にも足跡を残した。古川盆地に鎮座する気多若宮神社である。この他に但馬国円山川の中流域を支配する気多郡にも、気多神社は鎮座する。

気多苗裔神の一覧

六国史・延喜式比定社備考
国郡旧社名社格現社名主祭神所在地
飛騨国吉城郡気多若宮神気多若宮神社大己貴命

御井神

岐阜県飛騨市古川町上気多国史見在社
加賀国江沼郡気多御子神社式内社気多御子神社天照皇大神 大己貴命 菊理媛神石川県小松市額見町
越中国射水郡気多神社式内社(名神大社)気多神社大己貴命
奴奈加波比売命
富山県高岡市伏木一ノ宮越中国一宮
越後国頸城郡居多こた神社式内社居多神社大己貴命
奴奈川姫命
建御名方命
事代主命
新潟県上越市五智越後国一宮
但馬国気多郡惣社気多大明神式内社気多神社[*1]大己貴命兵庫県豊岡市日高町上郷但馬国総社

*1 『国司文書 但馬故事記』には、人皇一代神武天皇九年冬十月、佐久津彦命の子・佐久田彦命を以って佐々前県主と為す。佐久田彦命は国作大己貴命を気立丘に斎き祀る。これを気立神社と称し祀る(佐々前県はのち気立県となり、さらに気多県)。また。「人皇八代孝元天皇三十二年の条に、当県の西北に気吹戸主命の釜在り。常に物気を噴く。ゆえにその地を名づけて、気立原と云う。その釜は神鍋山なり。よって佐々前県を改めて気立県と云う。」

気多神社は最初は気立神社と云う。気立県は、のちに気多県と字を変え、気多郡と改制される。

これからみると、能登国一宮の気多大社と豊岡市日高町の総社気多神社の関係性以前に、気多は、神鍋山に由来する県名としてすでに存在していたので、気多大社から気多郡になったのではなさそうである。

その神鍋山であるが、すでに何万年も前に死火山となっており、「常に物気を噴く」とは解せない。神が宿っているとされる山を神名備というが、物気とは「もののけ」で、噴火口の痕を見た人々が、「もののけ」が宿っていそうな神名備としたのが、神鍋に訛ったのだろうと筆者は考えている。

気多神社の社伝では、

『播磨国風土記』宍禾郡御方里条では、葦原志許乎命(大己貴命)と天日槍命が黒葛を投げて国占を争ったという伝説が記され、葦原志許乎命の投げた黒葛3本のうち1本は但馬気多郡に落ちたと伝えることから、郡名を冠する当社は早くより鎮座したものと推測される。また社名から、能登国一宮の気多大社(石川県羽咋市)を始め各地の気多神社との関連が指摘される。

同じく『国司文書 但馬故事記』に、「人皇二八代宣化天皇三年夏六月、能登臣気多命を以って、多遅麻国造と為す。能登臣命は、その祖・(垂仁天皇の皇子)大入杵命を気多神社に合わせ祀る。」

多遅麻国造に能登臣の子孫らしき人物が任命されることに不思議に思っていた。能登国造は、成務天皇の御代に垂仁天皇の皇子大入来命(大入杵命)の孫彦狭島命が任じられ、後裔は能登臣である。能登国一宮・気多大社と気多神社の関係性があるとすれば、能登国造ゆかりの能登臣の子孫が多遅麻国造に赴任したのはそうした経緯と思わなくもない。

 

 

気多神社と潟湖

気多という地名・神社の所在地を地図上に確認すると、かつては潟湖であった寄港地に鎮座していることがわかった。ネットでそのことを書いていたことから、櫻井正範さんから自著『気多祝の源流』という作品をいただいた。

能登と丹波

能登半島が丹後半島との関係を深めたのは、ヤマト大王系譜からみるとタケル(日本武尊)の祖・垂仁天皇を仲立ちとしている。今日の天皇系譜につながる大王(天皇)は、六世紀前半の継体天皇からではないかと考えられている。この継体大王は越前三国湊で育ち、母の振姫は羽咋君に連なっている。

丹波と能登は、共に対馬海流が海岸を洗う日本海に突き出た半島国であった。そして能登半島・羽咋はくいは、丹後半島・竹野たかのと同様に「潟湖」が発達した日本海の良港であった。両半島の付け根に位置した潟湖は、弥生時代から水田が開かれていた。今では干拓が進んで一面の水田となり、潟湖の面影はない。潟湖とは、砂州で出口を狭められて出来た汽水湖である。

この両地域の潟湖には、日本海地域王権を象徴する盟主古墳が築かれている。丹後半島の西の付け根の竹野潟を見下ろす丘に、日本海側最大の前方後円墳、神明山古墳が築かれた。神明山古墳は、全長210m、三段築成葺石で覆われ、象形埴輪が伴っている[*2]。古墳の麓には、代々櫻井氏が奉る丹後竹野神社が鎮座する。一方、能登半島の気多大社の背後には、滝大塚山古墳が築かれた。直径90mの帆立貝形古墳で、やはり葺石で墳丘が覆われ、邑知潟おろちがたを見下ろす眉丈丘陵に築造された。埴輪を伴う帆立貝形古墳としては、日本海側最大級のものであった。

両方の古墳は、ヤマトに「イリヒコ」王権が成立した四世紀末から五世紀初頭に築造され、潟湖を見下ろす地域盟主の古墳である。丹後半島の神明山古墳から出土した象形埴輪には、船首が上がるゴンドラと、かいを持つ人物がヘラ描きされており、埋葬者と海との関わりが深いことを物語っていた。森浩一氏によれば、越のヨオド王(継体大王)は、帆船をトレードマークに使用したと言われる。

*2 日本海側最大の前方後円墳は、網野銚子山古墳(墳丘長201m)で、神明山古墳はこれに次ぐ墳丘長190m。

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ
Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください