WindowsのスタートメニューとWindows10開発ニュース


Windows8

になって、評判があまり良くないのは、タブレットなどのタッチパネル操作に重点を置いた開発のために、スタートメニューが表示されなくなりました。

既報の通り、米Microsoftは9月30日(現地時間)、米サンフランシスコで次期Windows OS「Windows 10」を発表した。10月1日(現地時間)に「Windowsインサイダープログラム」を開始し、PCエキスパートとITプロ向けにWindows 10のテクニカルプレビューを配布する(一般ユーザーも参加可能)。製品としての発売は2015年後半の予定だ。
10.1 2014

http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1410/01/news040.html

開発レビュー版をインストール

日本語版はなく英語(米国版・英国版)と中国語(簡体字)のみなので、英語米国版をインストールしました。
スタートメニューが現れました。それまで使用していたstart-menu-reviverと構造は同じですアートメニューの右にアイコンが表示されるスタイルは大きな変化はありません。
ただし、デスクトップアイコンは、Microsoft Windows準拠のものだけになってしまい、使用しているGoogle Chromeも消えてしまい再インストール。Google日本語入力も英語になり、初期化してしまいます。
これもダウンロードして再インストール。

既存のPCスタートメニューフリーアプリ
http://www.reviversoft.com/ja/start-menu-reviver/
と大きな差はありませんでした。

あくまでも、この開発試用版はこれをもとに意見を吸収して改良していくものなので、スタートメニューなら、私がいろいろ試した中でmetro UIに近いstart-menu-reviverで十分ですし、windows以外のソフトは、PCフォルダ内に残っているのか調べていませんが、Windws設定が上書きされてしまい再インストールが必要となります。
また英語版と中国語版しかないので、例えば英語版ならスタートメニュ等が英語になります。別に慣れれば支障はありませんが。
単語登録等は初期値にもどってしまいます。
そのままWindows8.1等を使用されることをおすすめします。

ブログのURL変更の数日

ブログを個人ドメイン取得により、同じサーバー内に別アドレス(URL)に変更するって最初から手間なのは承知していました。Wordpressの場合、サーバーにWordpress自動インストール機能があれば、1分もかからないほど簡単です。
詳しい人なら、データベースをいじることでもできるだろうけれど、面倒くさいし、何か不都合なことが一旦起きれば、にっちもさっちも行かなくなるので、触らない方がいい。投稿コンテンツを引っ越しするのはデータベースSql PhpMyAdminを詳しくなくても、ダッシュボードの「ツール」→「エキスポート」で投稿からファイルサイズを適当に日付別に小分けしてから、移転先の同様に「インポート」で簡単。この際にImport Attachmentsにチェックを入れておくと、画像も一緒にアップロードできます。

しかし、エキスポート、インポートで一緒にアップロードされた画像のURLは既存のリンクなので、移転先のメディアfilesではない。異なったアドレス・URLの場合は、画像メディアfilesは、FTPでaploadフォルダにアップロードするのが簡単。
しかし、Wordpressの唯一面倒なのが、紐付けしてやらないとメディアライブラリに反映しません。

URL置換と、画像(メディア)紐付けに便利なプラグインを探しました。いろいろあるだろうけど、これを使用しました。
画像(メディア)紐付けにAdd from server
URL置換 search and Replace

目的に合ったレンタルサーバー選び

WordPress(ワードプレス)のインストール・初期設定費用

ドメイン+サーバー費用代(基本)
WordPress、MySQL自動インストールおすすめレンタルサーバー(税抜)

1サイト個人・小規模向け

複数サイト中大規模向け

小中規模向け

      •  〃      :さくらスタンダード 容量100GB マルチドメイン・データベース20個  自動データバックアップあり 429円/12ケ月

私がいろいろ試して現在も利用しているのが、定評のあるXserverのX10プランです。100GB/月額1,050円。
XserverにはWordpress専用レンタルサーバーでWPXもあります。Wordpress専用だけあって基本性能を引き継ぎながらWordPressを高速に動かすように独自システムを加えたサーバーらしいです。らしいというのは試したことがないので。魅力的ですが、XserverX10プランと比較すると、超アクセス数が多いサイト出ない限り、Xserverと大きな差はないみたいですし、X10ならWordpress以外のMovable-Type、Xoopsなどの自動インストールもあり、他のCMSなどの併用もできるので選択肢が広いです。

かつては低価格で高速サーバー「Firebird」も利用してきました。

Firebird 容量100GB/月額525円(6ヶ月以上)
http://www.firebird.jp/service/price.php

 

WordPressでは、他にさくらが定評があります。

参考になるページが有ります。 http://themegraphy.com/ja/wordpress-hosting-review/

初心者のためのWordPressを設置するレンタルサーバー

世界で最も利用されているオープンソースWordPressでブログやホームページを行うには、WordPressをインストールするサーバーが必要です。はじめての方は、これだけで面食らってしまうかも知れません。^^;

 

難しい専門用語はなるべく使わないように説明させていただきますが、一応、簡単にざっくりというと、WordPressはホームページによく使用される静的な“HTML“文書ではなく、動的な“PHP“形式で構成されています。投稿ファイル等はレンタルサーバー内のデータベース“MySQL”を使用しています。

でも、あなたが何気なく使っている有名サービスプロバイダのブログも、その会社の専用サーバーにデータベースがあるものを無料もしくは有料で間借りしているのです。そのメリットとデメリットは別項に書いているので、さっそくレンタルサーバーのお話に入ります。

WordPressにも、WordPressの開発元であるAutomattic社が運営しているWordPress.comなどの無料サービスでも試してみることはできます。レンタルサーバーを借りる前に私も使っていました。WordPressを実感してみるには無料ですのでWordPress入門としておすすめです。

しかし、このサービスは独自ドメインは有料となり、WordPressの機能をフルに使って、自由にサイトを作成・運営するには、独自ドメインを取得し、レンタルサーバーを借りて、自分でWordPressをインストールし、サイトを作成する必要があります。

1.初めてのレンタルサーバー

レンタルサーバーは、自社施設に設置しインターネットに接続された情報発信用のコンピュータ(サーバ)の機能を、インターネット上で遠隔から顧客に利用させ、情報やサービスを配信するのをサポートするサービスのことです。ユーザーがサービスプロバイダのサーバを間借りするので、レンタルサーバーといいます。大きなとくにIT関連企業などでは自前でサーバーを所有していたりしますが、しかし多くはレンタルサーバーです。したがって、他のユーザーとサーバーを共有します。基本的に料金が高いプランの方がサーバーの性能が良かったり、共有分が広くなるので、安定した速度で運用できます。しかし、共有しているユーザーの負荷によっては高いサーバーでも落ちることはありますし、安いサーバーでも安定して運用できることもあります。

2.WordPressを設置するレンタルサーバーの選び方

WordPress初心者が、まずどのレンタルサーバー業者を選んだらいいのか悩みます。

まず前提として、WordPressが設置できるレンタルサーバーを選ぶことです。設置できるレンタルサーバーはほとんど「ワードプレス簡単インストール機能」がついていたり、すでにWordPressが入ってたりするのもあるので先にそれを調べてください。

当方はショピングカートASPのカラーミーショップを利用していた経験から、同じ会社のpaper&boy 『ロリポップ!レンタルサーバー』のロリポプラン263円/50GBまでを利用していましたが、カラーミーショップをやめてWordPressの無料プラグインWelcartを利用し、自社ショピングカートに移行しましたので、容量からチカッパプラン(525円/120GBまで)を利用しています。
ドメイン管理も同社の『ムームードメイン』でできるので便利なことも利点です。

当方はロリポップのみの使用経験しかありませんが、たくさんの国内サーバが挙げられていますが、知名度・実績のあるレンタルサーバでWordPressインストールが用意されたサーバを挙げていきます。
他にも調べれば低価格で優れたレンタルサーバーがどんどんできており、評判を知らべると、ロリポップ ロリポプラン 263円/50GBまで、さくらインターネット スタンダード 500円/100GBまで、XSERVERのWordPress専用wpXレンタルサーバー1050円/100GBまで、(10GB以内ならwpXクラウドが525円でお得)
ロリポップ以外は試したことがないので個人個人でお好みのものを見つけてください。

レンタルサーバーサービスもあれこれ迷うほどずいぶん増えました。個人向けや法人向けのいろいろなサービスやプランがあります。価格の安いサーバー、満足度の高いサーバーなどどれがいいのかあれこれ迷ってしまいます。必ずしも価格が上だから良いというものではなく、安価でも信頼出来るものもありますし、用途、容量、速度などによって、ニーズが高まればより性能の高いレンタルサーバーに発展させていけばいいので、最初から高機能、高価格のサーバーにするのは宝の持ち腐れといえます。公式サイトの確認や、実際の利用者が発信している情報などを参考にしたり、試用期間を活用するのもよいでしょう。ご自身の判断でお決めください。

3.初めてのワードプレスなら

しかし、ご自分や会社のやりたいことがはっきりしているなら、サーバー選びは実は単純です。

「ワードプレス簡単インストール機能」がついているレンタルサーバーを選ぶこと
ロリポップは、WordPress以外にも、Movable Type、Sweetcron、PukiWiki、baserCMS、EC-CUBEの簡単インストール機能がありあす。

独自ドメインが簡単に設定できる、
慣れてしまえばなんでもないことなのですが、取得した独自ドメインの設定も、初心者にとってはつまづきやすい作業の1つです。
ミニバードとスタードメイン、ロリポップ!とムームードメインのように、同じ会社がレンタルサーバーと独自ドメインサービスの両方を運営している場合、レンタルサーバーと独自ドメイン取得を同じ会社のサービスにすれば、独自ドメインの設定が簡単になるのでおすすめです。
クリック操作だけで、独自ドメインやサブドメインの設定ができてしまいます。

ロリポップ!レンタルサーバ paperboy&co.

初めてのレンタルサーバーならロリポップ!ご利用実績123万人の老舗サーバー。低価格で豊富な機能と充実のサポート。WordPress簡単インストール。

ロリポプラン  最大50GB 初期費用1,575円 月額315円(3ヶ月以内)

/263円(6ヶ月以上)
低価格で豊富な機能と充実のサポート。人気のWordPressも簡単インストール!CGIやPHPの他、MySQL5、cron、SSH、共有/独自SSLなど多彩に対応。独自ドメイン取得サービスも有り。
『価格.com』注目ランキング2位 満足度ランキング1位

チカッパプラン
最大120GB 初期費用1,575円 月額630円(3ヶ月以内)/525円(6ヶ月以上)
☆ 当社が利用しているプラン

さくらインターネット 

スタンダードプラン 最大10G 初期費用1,000円 月額 500円

『価格.com』注目ランキング4位 525円/100GB

ファイアバード 525円/100GB

3社はほんの一例です。
『価格.com』レンタルサーバー プラン情報 価格比較

京都の「ネットオウル」という会社が運営している、「ミニバード(minibird)」

Windows8メニュー(Metroデザイン)を7以前に戻す方法

Windows8への大きな変更は、タッチパネルを使用するタブレットとの互換性を意識したWindows8メニュー(Metroデザイン)です。

これまでのウインドウに戻すには、Windows8メニュー(Metroデザイン)の左下の「デスクトップ」をクリックします。

しかし、これまでタッチパネルが使えないデスクトップでWindowsを利用してきたユーザーは、終了方法など、マウスで右上または右下に大きく移動させることで「スライド表示」(「チャーム」と呼んでいる)に最初は分からず戸惑います。
これも「Windowsキーと Cキー」を同時に押すと表示されるショートカットキーもありますが、ここでは省略します。

実はキーボードの下にある「Windows」を押すとこれまでと同じメニューウインドウが表示されます。しかしこれもこれまでタスクにあるタスクメニューから表示させたり終了していた私にとっては、キー操作をつい忘れてしまいがちです。

それがネックとなって、Windows8は失敗作だ仕事に使う向きにはXPが最高傑作でVISTA、7とどんどんひどくなるとの声も上がっていますが、起動・操作は7に比べてはるかに軽くなり、快適です。

タブレット・スマートフォンとの互換性を重点においたことが、一見中途半端に見えがちですが、タッチパネルで使う、これまで通りのデスクトップで使うなど、あらゆる好みに対応できるようになっています。画面上に案内などがなく不親切な操作性は否定出来ませんが。

Windows 8 スタートメニュー復活&Metro飛ばしてデスクトップ表示(フリーソフト)

ある意味贅沢ですが、新しい改良を使いたくなければ、フリーソフトなどを使って、元々のWindows7以前のスタイルに戻せる方法がありました。他にもくわしい方ならフリーソフトを使わなくてもカスタマイズいろいろあるでしょうが、ここでは誰でも簡単にできるフリーソフトを3つ紹介します。

Windows7以前と同じように左下のスタートメニューも復活させて、始めからディスクトップが出るようにして改良して使う。

スタートメニューを復活させてくれるフリーソフト「Start Menu 8」「Classic Shell」「Skip Metro Suite

 

元の操作方法に戻す程度順に

「Start Menu 8」

Windows 8に「スタート」メニューを追加できるソフト。Windows 8の「スタート」画面と「デスクトップ」画面との切り替えもすばやく行える。「Windowsキーと Cキー」を同時に押すのと同じですが、マウス操作でやっているときに、キーボタンを押す動作一つが慣れない向き(私…)にはこれまでのスタイルで便利です。
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/130220/n1302201.html

Classic Shell

日本語バージョン Classic Shell 3.6.2J(2012.11.06ビルド)
それと、Classic Shell自体にMetro をスキップしてくれる機能もあります。

「Skip Metro Suite」

スタートスクリーンやチャームバー、ウインドウスナップを無効化させる

http://www.gigafree.net/system/registry/skipmetrosuite.html

とりあえずwordpress.comのサーバでスタートしてみる

次の記事は、FC2の投稿を転記したものです。

とりあえずwordpress.comのサーバでスタートしてみる
2011/04/03 Sun. 08:52:09 edit
ブログが現れ始めてから、著名なブログを渡り歩きました。それぞれ長所短所があるので、過去のブログも削除しがたく、現在もFC2、Blogger、ウェブリブログが共存している。ブログとして趣味でやるならどれをみても問題ないのでしょうが、仕事と趣味とが混在する環境では、複雑かつ煩雑になるし、いつまでもハンドルネームではないだろうと思っていたのですが、Twitter、そこへ実名でのみ運用できるFaceBookが脚光を浴びてきた。

昨年12月16日に発売されたスマートフォンT-01C購入がきっかけとなったことが大きい。入荷は20日待った1月20日だった。それまで長年携帯電話を持たなかった私ですらスマートフォンが欲しくなった理由は、電話機能よりもWebや仕事のショッピングサイトとの共有化が実現可能だったことにある。

それまでPCは仕事場しかないので、デスクワーク中心の発想から脱しきれなかった。自宅ではノートPCを置き、仕事場とのPCと接続しホストコンピュータとしてするという共有化が理想だった。

もちろん、スマートフォン(以下S.P)は、PCのキーボードほどの能力には限界があるが、なによりA-tokが使えて重たいノートPCを接続したりしなくてもポケットに収まり移動がカンタン便利だ。取りあえずブログを他のショッピングサイト、FaceBook、Twitter、Google系、Androidとできるだけシンプルに共有化させたいという長年の願いが叶う可能性がうれしい。

WEB、ショッピングサイトとモバイルを一元化し共有化したい。

そこで現れたのがブログとHPを一元化したいという願いを叶えるツール。WordPressに行き当たったのだ。レンタルサーバが必要だと書いてある。捜していると、

http://wordpress.siyouyo.com/teku/technique/1759/で、WordPressにもサーバ機能があるではないか。

WordPressが運営する無料サービス
手軽にWordPressを始める事ができます。
容量は3GBまで
無料なので年に数回ほど広告が表示されるようです。

まず始めよう。慣れてからレンタルサーバを利用すればいいじゃないかという発想。

Twitterクライアントを導入

ツイッターを使い始めて いまいち使いづらいのでWEBやモバイル以外からつぶやいておられる方がいる事に気が付いた。
ウェブリブログを使っているので同じbiglobeの「ついっぷる」やTwitも試してみたが、TweetDeckを使っているとさえずりのようなビープ音がないのが物足りない。
検索してSAEZURIを使ってみようと決める。
窓の杜 Twitterクライアント「Saezuri」
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20100426_364006.html
Twitterクライアント
http://usy.jp/twitter/index.php?Twitter%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88
http://www.itmedia.co.jp/keywords/twitter.html
ブラウザにChromeを使用している。
SAEZURIをダウンロードするのにダウンロードボタンが表示されないことに気づくまでだいぶ時間を要してしまった。しかしI.EやFireFoxでは対応していてもChromeには未対応な例は動画サイトでも知っていたので、IEして成功。
TweetDeck同様、Adobe Air を利用したMacっぽいデザインがいい。しかも日本製なのでわかりやすく機能はシンプルでさえずり音がするから決めた。
Googleのガジェッドでサイドバー表示も復活させた。ツイッターも表示できるこんなのあったのを忘れてた。
好みもあるだろうけれど「SAEZURI」はおすすめです。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく。

簡単ツイッターアプリ

簡単ツイッターアプリがある。
@とか#とかRTとか基本を勉強中。
「TweetDeck」は、“Twitter”“Facebook”“MySpace”に対応した多機能なSNSクライアントソフト。使っている人がいたのでさっそく公式サイトからダウンロードして試す。本ソフトは初期状態では日本語を表示できないので、[Colors/Fonts]タブを選んで“International Font / TwitterKey”のチェックをONにし、日本語を表示できるようにしておく。
Chromeでは日本語に翻訳できるのだが、そもそも完全な日本語版ではないのでわかりづらい。ただメッセージが届くとビープ音で知らせてくれるのが心地よい
ウェブリブログには「ついっぷる」http://twipple.jp/がある。しばらくはこちらと併用で使ってみよう。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。↓ブログ気持ち玉もよろしく。

Scroll to top