kojiyama.netの総合フロントページ

初心者のためのWordPressを設置するレンタルサーバー

世界で最も利用されているオープンソースWordPressでブログやホームページを行うには、WordPressをインストールするサーバーが必要です。はじめての方は、これだけで面食らってしまうかも知れません。^^;

 

難しい専門用語はなるべく使わないように説明させていただきますが、一応、簡単にざっくりというと、WordPressはホームページによく使用される静的な“HTML“文書ではなく、動的な“PHP“形式で構成されています。投稿ファイル等はレンタルサーバー内のデータベース“MySQL”を使用しています。

でも、あなたが何気なく使っている有名サービスプロバイダのブログも、その会社の専用サーバーにデータベースがあるものを無料もしくは有料で間借りしているのです。そのメリットとデメリットは別項に書いているので、さっそくレンタルサーバーのお話に入ります。

WordPressにも、WordPressの開発元であるAutomattic社が運営しているWordPress.comなどの無料サービスでも試してみることはできます。レンタルサーバーを借りる前に私も使っていました。WordPressを実感してみるには無料ですのでWordPress入門としておすすめです。

しかし、このサービスは独自ドメインは有料となり、WordPressの機能をフルに使って、自由にサイトを作成・運営するには、独自ドメインを取得し、レンタルサーバーを借りて、自分でWordPressをインストールし、サイトを作成する必要があります。

1.初めてのレンタルサーバー

レンタルサーバーは、自社施設に設置しインターネットに接続された情報発信用のコンピュータ(サーバ)の機能を、インターネット上で遠隔から顧客に利用させ、情報やサービスを配信するのをサポートするサービスのことです。ユーザーがサービスプロバイダのサーバを間借りするので、レンタルサーバーといいます。大きなとくにIT関連企業などでは自前でサーバーを所有していたりしますが、しかし多くはレンタルサーバーです。したがって、他のユーザーとサーバーを共有します。基本的に料金が高いプランの方がサーバーの性能が良かったり、共有分が広くなるので、安定した速度で運用できます。しかし、共有しているユーザーの負荷によっては高いサーバーでも落ちることはありますし、安いサーバーでも安定して運用できることもあります。

2.WordPressを設置するレンタルサーバーの選び方

WordPress初心者が、まずどのレンタルサーバー業者を選んだらいいのか悩みます。

まず前提として、WordPressが設置できるレンタルサーバーを選ぶことです。設置できるレンタルサーバーはほとんど「ワードプレス簡単インストール機能」がついていたり、すでにWordPressが入ってたりするのもあるので先にそれを調べてください。

当方はショピングカートASPのカラーミーショップを利用していた経験から、同じ会社のpaper&boy 『ロリポップ!レンタルサーバー』のロリポプラン263円/50GBまでを利用していましたが、カラーミーショップをやめてWordPressの無料プラグインWelcartを利用し、自社ショピングカートに移行しましたので、容量からチカッパプラン(525円/120GBまで)を利用しています。
ドメイン管理も同社の『ムームードメイン』でできるので便利なことも利点です。

当方はロリポップのみの使用経験しかありませんが、たくさんの国内サーバが挙げられていますが、知名度・実績のあるレンタルサーバでWordPressインストールが用意されたサーバを挙げていきます。
他にも調べれば低価格で優れたレンタルサーバーがどんどんできており、評判を知らべると、ロリポップ ロリポプラン 263円/50GBまで、さくらインターネット スタンダード 500円/100GBまで、XSERVERのWordPress専用wpXレンタルサーバー1050円/100GBまで、(10GB以内ならwpXクラウドが525円でお得)
ロリポップ以外は試したことがないので個人個人でお好みのものを見つけてください。

レンタルサーバーサービスもあれこれ迷うほどずいぶん増えました。個人向けや法人向けのいろいろなサービスやプランがあります。価格の安いサーバー、満足度の高いサーバーなどどれがいいのかあれこれ迷ってしまいます。必ずしも価格が上だから良いというものではなく、安価でも信頼出来るものもありますし、用途、容量、速度などによって、ニーズが高まればより性能の高いレンタルサーバーに発展させていけばいいので、最初から高機能、高価格のサーバーにするのは宝の持ち腐れといえます。公式サイトの確認や、実際の利用者が発信している情報などを参考にしたり、試用期間を活用するのもよいでしょう。ご自身の判断でお決めください。

3.初めてのワードプレスなら

しかし、ご自分や会社のやりたいことがはっきりしているなら、サーバー選びは実は単純です。

「ワードプレス簡単インストール機能」がついているレンタルサーバーを選ぶこと
ロリポップは、WordPress以外にも、Movable Type、Sweetcron、PukiWiki、baserCMS、EC-CUBEの簡単インストール機能がありあす。

独自ドメインが簡単に設定できる、
慣れてしまえばなんでもないことなのですが、取得した独自ドメインの設定も、初心者にとってはつまづきやすい作業の1つです。
ミニバードとスタードメイン、ロリポップ!とムームードメインのように、同じ会社がレンタルサーバーと独自ドメインサービスの両方を運営している場合、レンタルサーバーと独自ドメイン取得を同じ会社のサービスにすれば、独自ドメインの設定が簡単になるのでおすすめです。
クリック操作だけで、独自ドメインやサブドメインの設定ができてしまいます。

ロリポップ!レンタルサーバ paperboy&co.

初めてのレンタルサーバーならロリポップ!ご利用実績123万人の老舗サーバー。低価格で豊富な機能と充実のサポート。WordPress簡単インストール。

ロリポプラン  最大50GB 初期費用1,575円 月額315円(3ヶ月以内)

/263円(6ヶ月以上)
低価格で豊富な機能と充実のサポート。人気のWordPressも簡単インストール!CGIやPHPの他、MySQL5、cron、SSH、共有/独自SSLなど多彩に対応。独自ドメイン取得サービスも有り。
『価格.com』注目ランキング2位 満足度ランキング1位

チカッパプラン
最大120GB 初期費用1,575円 月額630円(3ヶ月以内)/525円(6ヶ月以上)
☆ 当社が利用しているプラン

さくらインターネット 

スタンダードプラン 最大10G 初期費用1,000円 月額 500円

『価格.com』注目ランキング4位 525円/100GB

ファイアバード 525円/100GB

3社はほんの一例です。
『価格.com』レンタルサーバー プラン情報 価格比較

京都の「ネットオウル」という会社が運営している、「ミニバード(minibird)」

0
0 Comments

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください